管理人おすすめ




リーネ「エイラさんってサーニャちゃんがデブになっても愛せますか?」

SW_eira_67.jpg
1 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/19(土) 00:16:14.90 ID:Q43N61Pf0

エイラ「は!?お前何言ってんダ。いくらリーネといえど許さんゾ」

リーネ「いえ、エイラさんの覚悟・・・みたいなのを聞きたくて」

リーネ「私なんて乳が無かったら芳佳ちゃんに捨てられてますからね」

エイラ「あぁー・・・なるほどナ。サーニャが可愛くなくなったら私もサーニャを見捨てるかもしれないって事カ」

リーネ「そうです」

エイラ「あのナ・・・そんな事が・・・」


アンッ


エイラ・リーネ「!!」



・ストライクウィッチーズSSです


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1405696564


2 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/19(土) 00:17:12.79 ID:Q43N61Pf0

宮藤「リーネちゃん!私はそんな事でリーネちゃんを嫌いになったりはしないよ!」


リーネ「芳佳ちゃん聞いてたの!?」


宮藤「うん。リーネちゃん、私たちの絆ってそんな下らない物じゃあないと思うんだ」モミモミ

リーネ「芳佳ちゃん・・・そうだね、ゴメンね」

エイラ「ナンダコレ」


3 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/19(土) 00:18:38.37 ID:Q43N61Pf0



~~朝~~



宮藤「なるほど~。でもサーニャちゃんって大食いじゃないし別に太らないと思うよ」

エイラ「そうそう。それにここの食事は扶桑料理がメインだ。たまに大量のジャガイモが出たりリベリオンの脂肉が出るけど、そんなのたまーにダロ?」

エイラ「サーニャが太る事自体、まずないって」

宮藤「そうですよね~」

サーニャ「・・・おはようございます。あれ、芳佳ちゃんにエイラにリーネさん、何を話してたの?」

エイラ「さ、サーニャ!朝早いな、今日は」アセアセ


4 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/19(土) 00:19:33.95 ID:Q43N61Pf0

リーネ「今日の朝ご飯はいつもよりこだわって作ったって話をしてたんだよ~」

サーニャ「・・・楽しみ」

宮藤「そ、そうだよ~。腕によりをかけたからね」アセアセ

宮藤「皆もぼちぼちそろってるし、もう食べようか」

サーニャ「うん」


5 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/19(土) 00:20:57.07 ID:Q43N61Pf0



~~ ~~



エイラ「サーニャ、この後はやっぱり寝るのか?」

サーニャ「うん、そうする・・・あ、コレおいしい」

宮藤「ホント?嬉しいなぁ」

エイラ「なに!だったらサーニャ、コレやるヨ!ほら!」

サーニャ「そんな、エイラのなんだから、エイラが食べて」

エイラ「いやぁ、私はおやつの食い過ぎで入らないんだヨ。な、勿体ないし、おいしいなら食ってクレ」

サーニャ「そう言うなら・・・」

エイラ「えへへ~」


リーネ「・・・」ジーッ


6 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/19(土) 00:26:22.34 ID:Q43N61Pf0



~~朝食後~~



リーネ「あの後サーニャちゃんは再びベッドへ」

リーネ「エイラさん、サーニャちゃんこのままじゃあ・・・」

エイラ「ハッ、あんなんで増える訳無いダロ。それに、私はサーニャがデブになった所で見捨てたりはしないさ。サーニャはどんな姿でも天使だからナ」

リーネ「ふむ、なら良いんですが。でもサーニャちゃんが心配ですね。沢山食べてすぐ寝るなんて牛になっちゃいますよ」

宮藤「牛さんか~、良いよね~」グヘヘ

エイラ「全く。サーニャに限ってそんな話あるわけ無いダロー」


7 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/19(土) 00:27:55.63 ID:Q43N61Pf0



~~数日後~~



エイラ「サーニャ、この前美味しいって言ってたお菓子、送られてきたんダ!よかったらどうだ?」

サーニャ「うん。ありがとうエイラ」

宮藤「リーネちゃん・・・これはもしかして」

リーネ「やっぱリーネだよ、芳佳ちゃん」


8 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/19(土) 00:30:44.29 ID:Q43N61Pf0



~~更に数日後~~



マシュマロ系サーニャ「エイラ・・・前に頼んでたおやつ。まだ来てないかしら」デデン!

エイラ「ああ、ああ来てるよ来てる。持ってくるよ」

エイラ「なァ・・・サーニャ、最近お菓子食べ過ぎじゃあないか?」

マシュマロ系サーニャ「え?そんな事はないわ。確かにちょっと太りすぎたかもしれないけど」デデン!!

エイラ「いや・・・いいんだ。何でもないんだ」


9 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/19(土) 00:32:20.42 ID:Q43N61Pf0



~~ ~~



エイラ「うわあああああああ!!!宮藤!リーネ!どうしたら良いんダ!?

リーネ「さっぱリーネですね。でも原因は分かってるんじゃないですか?」

エイラ「お菓子のやりすぎ・・・とサーニャの生活リズム」

宮藤「ナイトウィッチですからねぇ・・・正直、見てられないですよ」

リーネ「確か扶桑ではああいうのを『マシュマロ系女子』って言うんだよね?」

宮藤「いや、もうあそこまで行くと何といっていいやら」

エイラ「ナンテコッタ。ちょっと前まであんなにプリティーだったサーニャが今じゃほっぺの肉だけでシャーリーのおっぱいと同じくらいあるゾ」

宮藤(ほっぺたをいやす・なおす・ぷにぷにしたい)

エイラ「はっきり言って・・・ストライカーを穿けるかも怪しいんじゃないカ?」

リーネ「そうですね。サーニャちゃんには隠しつつ、ちょっとずつ痩せてもらいましょうか」

エイラ「そうダナ。どうしようか?」


10 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/19(土) 00:33:36.88 ID:Q43N61Pf0



~~ ~~



マシュマロ系サーニャ「・・・」デェン・・・

マシュマロ系サーニャ「魔導針でエイラを捜してみたら・・・芳佳ちゃん達とあんな話してる」デデェン・・・

マシュマロ系サーニャ「流石に太りすぎたかな・・・でも、おやつはやめられないし」デデデェン・・・

シャーリー「ん?おぉサーニャ。最近見てなかったけど、ちょっと太った?」

マシュマロ系サーニャ「そ、そうなんですシャーリー大尉・・・!その、どうすれば良いか分からなくて」デデン!

マシュマロ系サーニャ「確かリベリオンではそういうダイエット文化が流行ってるって、前に聞いた事があるんですけど」デデデン!

シャーリー「まぁ、リベリオン人は多く食べ、多く燃やすからな」

シャーリー「なにかダイエットできるような機械を開発してやろうか。私も作るの楽しめそうだし」

マシュマロ系サーニャ「そ、それなら是非お願いします!」デデデェン!

シャーリー「あぁ、じゃあ今度暇な時に早速作ってみるよ。んじゃな」

マシュマロ系サーニャ(ふふっ、シャーリー大尉は『ちょっと太った?』レベルの認識みたいだから、ちょっとずつ痩せていけば問題ないわ)


シャーリー(最初サーニャと分かんかったな・・・太りすぎだろ)


11 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/19(土) 00:42:25.04 ID:Q43N61Pf0



~~ ~~



エイラ「チクショー。全然思いつかないゾ」

宮藤「食事制限、おやつ減量、いずれは0にして、運動を・・・増やせますかね?」

リーネ「ナイトウィッチだから、時間無さそうだし疲れも溜まりそう」

宮藤「ネウロイ戦で、サーニャちゃんにちょっと前に出て貰うとか。そしたら必然的に良く動く事になると思うんだ」

エイラ「なに!いくらサーニャが太ったとはいえそんな事は私が許さないンダナ!!

宮藤「えぇ、ですからシールドの大きい私と、未来予知の出来るエイラさんとでカバーするんです」


12 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/19(土) 00:43:35.04 ID:Q43N61Pf0

エイラ「なるほど・・・それでいくカ!」

宮藤「あと、坂本さんに見つかったら『たるんどるぞサーニャ!私が鍛え直してやる!』とか言いそう」

エイラ「それは・・・そうなったら仕方ないし手っ取り早いと思うケド、できれば避けたいナ」

リーネ「目標はマシュマロからぽっちゃリーネ級まで減らす事かな」

エイラ「ひとまずはそんな感じダナ。お前ら、よろしく頼むゾ・・・あと、私もサウナの回数とか時間とか頑張って増やしてみるからサ」

宮藤「じゃあ、サーニャちゃんが起きた頃くらいにサウナに誘ってみましょうか。夜間哨戒前になりますけど」

宮藤「ぶっちゃけあの体型だしもう汗スゴいと思いますよ」


13 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/19(土) 00:45:19.97 ID:Q43N61Pf0

エイラ「結構酷い事言うのナ、お前」

リーネ「じゃあ私はそれとなく他の人たちを遠ざけておきます!何だかサーニャちゃん、他の人を避けているみたいなんです。今のところ私たちとシャーリーさんにしか見つかってないけど、他の人にはまだ内緒にしてるみたいです」

エイラ「まぁ、ルッキーニにはからかわれ、ツンツン眼鏡には嫌味を言われ、バルクホルン大尉や少佐には叱られるからな」

宮藤「ミーナ隊長も何するか分からなくて怖いですし、多分ハルトマンさんくらいにしか話せないんじゃないでしょうか。まぁ私たちを除いて、ですけど」

リーネ「でしょう?だからこの時間は他の人がお風呂に行かないよう、紅茶などに誘っておきます。だからエイラさん、芳佳ちゃん、サーニャちゃんの事をよろしくね」

エイラ「ああ、任せてクレ」

宮藤「のぼせるまでサウナに籠城するよ!」


17 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/21(月) 01:50:32.91 ID:TSbW8ILO0



~~サウナ~~



宮藤「と、言うわけでサウナにやってきました」

エイラ「やっぱサウナはいいよナ~」

マシュマロ系サーニャ「そうね」ドタプーン

エイラ「おい宮藤、もうちょっと詰めろ」

宮藤「無茶言わないでくださいエイラさん。これでも随分詰めてるんですよ」

エイラ「何てこった。サーニャが太すぎて3人でも定員オーバーだ」

宮藤「わ、私出て行きますよ。エイラさんいつもサーニャちゃんと2人で話したがってますし、丁度良いですよね」


18 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/21(月) 01:52:36.96 ID:TSbW8ILO0

エイラ「待てコラ、今のサーニャと何を話せばいいんダ?お前逃げるつもりダロ」

宮藤「な、何のことでしょう」

エイラ「と、に、か、く!上官命令ダ、裸の付き合いって奴ダゾ」

宮藤「まぁ、分かりましたよ・・・しょうがないなぁ、もう」

サーニャ(全部聞こえてるわ・・・どうしよう、やっぱり太ってるのかな)

エイラ「で、でも汗をかくのはやっぱ良いよナ~。最高だよナ~」

宮藤(うっわー、エイラさんわざとらしすぎる)


19 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/21(月) 01:53:46.41 ID:TSbW8ILO0

宮藤「サーニャちゃんはこの後夜間哨戒なんだよね?付き合わせちゃって何だか悪いね」

エイラ「おい宮藤、そんな事言ってサーニャがサウナに行かなくなったらどうすんダ」

宮藤「多分大丈夫ですよ」

エイラ「おいサーニャ、夜間哨戒までまだ時間有るダロ?もうちょっとここに居よう、ナ?」

マシュマロ系サーニャ(多分エイラと芳佳ちゃんは私が痩せられるよう、汗をかくサウナに連れてきてくれたのね。しかもそれとなく)

マシュマロ系サーニャ(ここは2人の好意に気付かないふりをしておきましょう。こうなったらのぼせるまで付き合うわ)


20 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/21(月) 01:54:50.20 ID:TSbW8ILO0



~~数分後~~



坂本「おいミーナ、今夜の哨戒はサーニャじゃないのか?」

ミーナ「いいえ、サーニャさんよ・・・まだ出撃してないのかしら?」

坂本「うむ、そのようだ。どこにいるか探ってくれ」

ミーナ「もうやってるわ・・・サウナね。哨戒前にだなんて・・・あら、何かおかしいわね。いつもと違う」

坂本「?分からんが取り敢えず行ってこよう」

ミーナ「えぇ。あと、宮藤さん、エイラさんもいるみたいね。時間を忘れてくつろいでいるのでしょう。3人ともとっても仲が良いから、ついつい話し込んでしまったのかもね」


21 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/21(月) 01:55:40.68 ID:TSbW8ILO0

坂本「ま、サーニャは日頃よく頑張ってくれているし、私としてもそう咎めるつもりはない。軽く注意程度にしておくさ」

ミーナ「そうね。ところで美緒、サーニャさんを最近みかけた?」

坂本「いや?元々食事の時に顔を合わせるかどうか、という感じだったからな」

坂本「まさかお前、顔を忘れたとか・・・」


ミーナ「まさか、501の頭脳派である私にそんな事は無いわ」

坂本「ウチの部隊で頭脳派と言ってもそれは消去法の話だ」


22 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/21(月) 02:11:55.48 ID:TSbW8ILO0



~~サウナ~~



坂本「おーい、お前ら。いつまでサウナに籠もってるか知らんが、サーニャをあんまり引き留めるんじゃない。もう哨戒の時間だ」


宮藤・エイラ・マシュ(ryサーニャ「「「あ」」」


坂本「おい、誰だそのサーニャみたいな奴は」

エイラ「さ、さあにゃ・・・なんちゃって」

宮藤「あ、あはははは・・・」


23 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/21(月) 02:13:17.85 ID:TSbW8ILO0

坂本「よし、宮藤、エイラ。お前達は今日夜間哨戒に行け」

エイラ「んな横暴ナッ!?」

宮藤「お昼も訓練だったんですよぉ!?」

坂本「じゃあ明日は好きなだけ休ませてやる。おい、サーニャ」

マシュマロ系サーニャ「はい」

坂本「私はお前に一目置いていた。普段から眠そうにはしていたが命令には期待していた以上の働きをするし、ナイトウィッチという過酷な仕事にも関わらず体調を崩さなかった」


24 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/21(月) 02:14:57.04 ID:TSbW8ILO0

坂本「だが、それは私の見込み違いだったらしい。魔女でありながらそうまでなってしまうとは、余程たるんでいるようだ」

エイラ「違うんダ坂本少佐!私のせいでサーニャはそうなっちゃったんダ!・・・よな?宮藤」

宮藤「ええー!そこで私に振るんですか!?ま、まぁでも私とエイラさんのせいです!」

坂本「それはサーニャの断る意志の無さにお前らが付け入ったからだと言うことか?」

エイラ「その通りダ!」


25 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/21(月) 02:18:19.75 ID:TSbW8ILO0

坂本「じゃあダメだ。甘やかす方にも問題はあるが、甘える方にも問題がある」

坂本「それにサーニャはエイラと同じ中尉だが先任、宮藤よりも上の階級。それが『断る意志がない』等とはな・・・」

坂本「サーニャ、1週間だ。お前を元に戻す。夜間哨戒に関してはシフトを有る程度調節してやるが、かといって休ませるつもりは無いぞ」

宮藤「そんな!そんなことしたら倒れてしまいます!」

エイラ「ソウダソウダ!」

坂本「私も、サーニャが今のままでも良いなら、とは思わないでもない。しかしサーニャはここ最近隊員との接触を避けていたようだが」


26 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/21(月) 02:19:04.31 ID:TSbW8ILO0

マシュマロ系サーニャ「ぎく」

坂本「やれやれ、やっぱり痩せて貰わないといけないわけだ。宮藤、エイラ、分かったか?」

エイラ「だったら私もやるヨ!」

宮藤「ええー!?」

坂本「いいだろう」

宮藤「わ、私は遠慮しておきます」

エイラ「何ダト!?」

宮藤「だって坂本さんの集中訓練なんて無茶ですよ~!私、普段の訓練もあるんですから!」


27 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/21(月) 02:20:21.57 ID:TSbW8ILO0

エイラ「むぅ・・・普段何でもやりますやりますの宮藤がこう言う程ダカンナ。仕方ないカ」

坂本「ふむ。じゃあエイラ、サーニャ。明後日から早速始めるぞ。サーニャは今夜からだがな」

宮藤「じゃあ私とエイラさんは哨戒に行ってきます」

エイラ「ソ、ソウダナ。サーニャ、頑張れヨ!」

マシュマロ系サーニャ「うん・・・」


35 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/24(木) 21:44:22.61 ID:Kb1ohGUv0



~~ ~~



坂本「まぁ、本来なら夜間哨戒に行っている訳だし、早速訓練するという事で構わんか?」

マシュマロ系サーニャ「え、今から、ですか?」

坂本「そのつもりで宮藤とエイラに行かせたのだからな。よし、外に出るか。まだ夜更けでもないが、室内のどこに居てもうるさくて皆に迷惑だからな」

マシュマロ系サーニャ「声を出すんですか?」

坂本「当たり前だ。気合いを入れなければなるまい」


36 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/24(木) 21:45:35.73 ID:Kb1ohGUv0



~~海岸~~



坂本「はっはっはっはっは!」ブンブン

マシュマロ系サーニャ「はっはっはっはっは!」ブンブン


坂本「うん、素振りは初めてじゃないのか?オラーシャの訓練に取り入れられているとは知らなかったぞ」

坂本(しかし声が野太い。これではラジオで歌わせるどころか喋らせるのも難アリだ)

マシュマロ系サーニャ「いえ、これが初めてです」

坂本「ほぉ。だったら筋が良い。何ならどうだ?本格的に剣術の訓練でも」


37 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/24(木) 21:46:23.49 ID:Kb1ohGUv0

マシュマロ系サーニャ「いえ、遠慮しておきます」

坂本「そうか、まぁいい。しかし声が小さいな。もっと気合いを入れろ!はっはっはっはっは!!

マシュマロ系サーニャ「はっはっはっはっは!!」

坂本「もっとだあああ!はっはっはっはっは!!!!!

マシュマロ系サーニャ「はっはっはっはっは!!!!」


マシュマロ系サーニャ(これって胴回りに効果があるのかしら)


38 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/24(木) 21:47:29.55 ID:Kb1ohGUv0



~~翌朝~~



ミーナ「はい皆さんおはようございます。今朝は連絡が1つあるわ」

ミーナ「昨夜遅くに坂本少佐の訓練の声が五月蠅いと各所から苦情がありました。それなら別に何て事無いのだけれど」

バルクホルン「ミーナ、特別扱いは良くないぞ」

ミーナ「大事なのはここからよ。それに混じって野太い声が聞こえたらしいの。坂本少佐の掛け声に合わせていたから誰かと訓練していたのでしょうね。どうなの?坂本少佐」

坂本「い、いやぁ、何の事だかさっぱりだ」


39 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/24(木) 21:55:03.08 ID:Kb1ohGUv0

宮藤・エイラ(あぁー、そういう事か・・・)

ミーナ「そう?だったら何かしらね。警戒を強めておきましょうか。皆さんも気を付けるように」

ルッキーニ「うじゅじゅ、ひょっとしてペリーヌじゃないの~?」

ペリーヌ「まぁ、坂本少佐ある所にペリーヌ・クロステルマンありとは言いますものね。分からなくも無いけど違いますわ、おーっほっほっほ!あと、『野太い』声などではありませんわよ」


40 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/24(木) 22:00:30.54 ID:Kb1ohGUv0



~~ ~~



宮藤「それにしてもサーニャちゃん、大丈夫ですかね。ねぇエイラさん、様子見に行きましょうよ」

エイラ「元よりそのつもりダゾ。今朝は寝てたけど、多分相当疲れてるんだろうナ。でも一応行ってみようカ」

宮藤「そんなこと言ってる内に部屋まで来ちゃいましたね。サーニャちゃーん、起きてるー?」コンコン

ぽっちゃりサーニャ「おはよう・・・芳佳ちゃん、エイラ」ガチャ

エイラ「お、まさかたった1日でここまで痩せるとはナ」


41 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/24(木) 22:01:49.17 ID:Kb1ohGUv0

宮藤「ほっぺがシャーリーさんのおっぱいサイズから、バルクホルンさんのおっぱいくらいになってるね」

宮藤「どれ、感触も見ておこう」フニフニ

エイラ「テ、テメー宮藤!ナニヤッテンダ!

宮藤「色よしハリ良しだね」

ぽっちゃりサーニャ「ありがとう」

エイラ「体はどうだ?私たちが哨戒に行っている間休まず訓練してたんダロ?だったらもう少し寝てないとナ。やっぱり痛むカ?」

サーニャ「うん、少しだけ。でもこの調子ならそんなに時間はかからなさそうだわ。実はシャーリーさんがギプスを作ってくれたの。これでより負荷を掛けて効率を上げるのよ」


42 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/24(木) 22:04:43.38 ID:Kb1ohGUv0

エイラ「こりゃビックリダナ。もしかして私の分もあるんだろうカ」

宮藤「明日からエイラさんも訓練なんですよね?大変じゃないですか?夜間のシフト調整や昼の勤務もあるのに・・・」

エイラ「おい宮藤ッ、そんな事をサーニャの前で言うもんじゃ無いダロ」ヒソヒソ

サーニャ「エイラごめんなさい。でも私嬉しいわ。ありがとう」ニコ

宮藤(デブになってもサーニャちゃんはやっぱり天使だね)

エイラ(でも出来れば元のサーニャに言って欲しかったんダナ)


45 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/25(金) 21:01:38.91 ID:KHbYSPa40



~~ ~~



宮藤「私、エイラさん、坂本さん、リーネちゃん、あとシャーリーさん?がサーニャちゃんの事を知ってるんですよね」

エイラ「ソウダナ」

宮藤「だったら私は皆にサーニャちゃんの事がバレないようにしておきますね、リーネちゃんと協力して。訓練に付き合いないけどせめてそれくらいは」

エイラ「悪いナー。でもま、サーニャもたった1日であそこまで痩せられたし、何とかなると思うゾ。多分3日くらいカ」

宮藤「私もそう思いますけどね」


46 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/25(金) 21:03:46.39 ID:KHbYSPa40



~~翌日~~



エイラ「あ、おはよ宮藤」

宮藤「あ、エイラさんお疲れ様です。どうでした?」

エイラ「坂本少佐が、朝昼も勤務してるお前にそうそう負担をかけさせるわけにもいかなーい!とか言ってたからギプスは着けなかった。訓練はまぁ、普通のトレーニングダヨ」

宮藤「へぇ~え。で、サーニャちゃんはどうなんですか?」

エイラ「あぁ、凄く凄いゾ!!まぁ実際に見てみなヨ」

宮藤「とか言ってる内に部屋の前だね、おーい、サーニャちゃーん」コンコン

ぽっちゃり?サーニャ「おはよう、芳佳ちゃん。自分では結構痩せたと思うんだけど、どうかな?」

宮藤「うん!凄いよサーニャちゃん!バルクホルンさんのおっぱいくらいのほっぺが今度はミーナ隊長のお尻くらいになってるよ」


47 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/25(金) 21:11:14.14 ID:KHbYSPa40

宮藤「感度はどうかな?」サワサワ

ぽっちゃり?サーニャ「ん・・・///

エイラ「宮藤テメエエエエエ!サーニャにナニヤッテンダー!」

宮藤「でも大分痩せてきたね。明日には元通りだね(喩えはペリーヌさんのないっぱいくらいにしておこうかな)」

宮藤「それにしてもサーニャちゃん、筋肉付いてきたね」

エイラ「ソウダナ。前は華奢だったサーニャが結構なマッチョになっちまっちょ・・・なんちて」

宮藤「あ、そうですか」

サーニャ「オラーシャを思い出すわ。エイラもスオムス思い出した?」

エイラ「何でこんなヒデー対応なんダヨ」


48 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/25(金) 21:14:05.36 ID:KHbYSPa40



~~夜~~



坂本「よし、今日はここまでだ」

マッチョ系サーニャ「お疲れエイラ」

エイラ「うん」

坂本「エイラは元々スポーティな体型をしていたが、サーニャは痩せはしたものの筋肉質になってきたな」

エイラ「どうにかなんないのカ?」


49 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/25(金) 21:17:07.63 ID:KHbYSPa40

坂本「まぁ、あって損するものでもない。気にするな、はっはっは!」

マッチョ系サーニャ「まぁ、少しずつこの筋肉も衰えていくはずよ、多分。それに太っていた頃よりはマシだわ」

エイラ「うーん、そうなのかナ。まぁサーニャの言う事も事実カ」

坂本「リバウンドも怖いだろう。元に戻っても暫くは訓練続けるからな!」

エイラ・サーニャ「「了解」」


50 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/25(金) 21:22:09.77 ID:KHbYSPa40



~~数日後~~



宮藤「エイラさん、筋肉付いて前より格好良くなりましたね」

エイラ「ソ、ソウカ~?まぁ、元々私はスオムスのトップエースだかんナ。バルクホルン大尉やハルトマン中尉に隠れがちだが実は凄いんダゾ」

エイラ「特に回避に関しては世界中の魔女を集めても私には敵わないサ」

宮藤「サーニャちゃんおデブルートも回避してほしかったな~」


エイラ「」

宮藤「あ、そんな事言ってる内にサーニャちゃんの部屋ですよ。おーい、サ(ry」


51 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/25(金) 21:28:01.59 ID:KHbYSPa40

マッチョ「どうしたの?芳佳ちゃん」

宮藤「あ、ゴメンなさい部屋間違えました」

エイラ「待て待て待て!合ってるヨ!」

宮藤「ええええ!?これがサーニャちゃんですか!?どう見てもマッチョですよ、ただの!」

マッチョ「そう見えるのも無理は無いわ。マッチョだし」


52 : ◆ZzDAkqHktA [saga]:2014/07/25(金) 21:30:47.51 ID:KHbYSPa40

宮藤「あ、そうですか」

エイラ「せめてツッコんでクレ。まぁそれは置いておいて、どうやらシャーリーの作ったギプスのせいでこうなっちゃったらしいんダ」

宮藤「ああ、正直存在を忘れてましたよ」

エイラ「無理もないナ。まぁいい、兎に角今度はサーニャをマッチョから元に戻さないといけないんダ。協力してくれヨ、宮藤」

宮藤「私にどうしろと。サーニャちゃん、腕が私の胴くらいありますよ」


エイラ「いやまぁ、そこは治癒魔法で」

宮藤「ムリダナ」





おわり



53 : ◆ZzDAkqHktA [sage]:2014/07/25(金) 21:33:28.52 ID:KHbYSPa40

オチは適当に考えた訳じゃないです!ホントに(ry

最後までお付き合いしていただいた方々、ありがとうございました。


54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/26(土) 10:28:51.52 ID:Ljwo6MGDO

オツダナー


55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/07/26(土) 20:20:33.24 ID:feXN+nf/o

マシュマロサーニャとか絶対かわいいゾ
すごくもっちりしてそうダ
エイラもそれはそれで愛せると思う





おすすめSS


芳佳「あ、ラーメン二郎ドーバー海峡店だ」サーニャ「え?」

もはや知らない人はいない?二郎がドーバー海峡にやってきた!芳佳はエイラとサーニャを誘うが・・・二人の運命やいかに!?

芳佳「サーニャちゃんって夜間哨戒中、オシッコとかどうしてるの?」

空は晴れているのに雨が降る・・・?

リーネ「ドーナツが半額!?」

ドーナツを大量に購入したリーネ、501の面々はそれにむらがりリーネは・・・。

サーニャ「誰かに『○○かな』って聞かれたら『さあにゃ』って返す」

ギャグを思いついたサーニャは早速使おうとしますが・・・。

エイラ「サーニャがくさい……」

サーニャから異臭が!!?その原因とは?!

この記事へのコメント

現実の何処ぞのに国の影響で? -名無しの三等兵 - 2014年08月03日 11:38:50

やっぱコメが無いのは削除するべきでは・・・
(別サイトにある奴を移動したならしかたないけど)

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo