管理人おすすめ




ミーナ「あら?この袋と神は何かしら?」

SW_mi-na07_20120624173815.jpg
880 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 00:42:14.56 ID:nWBOhDLHO



‐某日‐



ミーナ「あら?この袋と神は何かしら?」ペラッ


~ミーナさんへ~
最近遊んであげられなくてすみません
ですから、相当お溜まりでしょう?
袋に入ってる服を着て、夜待ってます


~宮藤より~


____________________________________

こちらのSSは

宮藤「トゥルーデお姉ちゃん!」バルクホルン「」 
宮藤『いっ淫乱!?神?』

坂本「宮藤、お前に客が来てるぞ」 宮藤「わたしに客?」

宮藤「リーネちゃん!これ、どういう事っ!? わたしの体、ちっちゃくなってりゅ!」

と同一のスレ、同一の作者によって作成されたSSです。

世界観や、キャラが引き継がれているので

まだ閲覧されてなければ、是非、上記のタイトルをクリックして

ご覧になってください。

【管理人】
_______________________________________


ミーナ「…///」

ミーナ「宮藤さんったら/////」

ミーナ「服はこれね…」


882 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 00:52:56.23 ID:nWBOhDLHO


トントン ガチャッ


ゲルト「入るぞ、ミーナ」

ミーナ「あっ…トゥルーデ…」

ゲルト「なんだその格好は… もしかして… 宮藤か?///」

ミーナ「ええ// 今夜相手をしてくれるって///」

ゲルト「そうか… この前私は例の体操服でやらされたからな…/// それに比べると随分マシじゃないか?」

ミーナ「そうね/// ところでトゥルーデは私に何か用があったんじゃ?」

ゲルト「そうそう…あれ?言う内容を忘れてしまった… 思いだしたらまた言うよ じゃ」


ガチャ バタン


883 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 01:01:43.16 ID:nWBOhDLHO



‐そして夜が訪れた‐



トントン


宮藤「どうぞ、ミーナさん」


ガチャッ


ミーナ「よく私だってわかったわね//」

宮藤「なんとなく足音でわかりますよ …それに…早くヤりたくて仕方がなかったんでしょう?」ボソッ

ミーナ「///」コクリ

宮藤「まぁ、その前に…飲み物飲みませんか?」

ミーナ「え、ええ…頂くわ…」

宮藤「はい、これです」スッ

ミーナ「これは?」

宮藤「それはヤクルトと言って、扶桑の飲み物です 乳酸菌が入ってて体にいいんですよ?」


884 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 01:09:47.62 ID:nWBOhDLHO

ミーナ「そうね…乳酸菌は大切よね…宮藤さんはちゃんと、乳酸菌とってるぅ?」

宮藤「もちろんとってますよ 白くてドロドロした…ヨーグルトから」

ミーナ「白くて…ドロドロした…///」

宮藤「あれ?ミーナさん、そんな言葉を気にするなんて…そんなに溜まってたんですね…」ニヤニヤ

ミーナ「だって…///」

宮藤「わかりました じゃあ早くそれを飲んじゃって下さい」

ミーナ「…」ゴクッ

ミーナ「あら…おいしい…」


885 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/01(金) 01:12:51.90 ID:Ud9Wb4xOP

>乳酸菌とってるぅ?

これが言いたかっただけだろwwwww



887 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 01:19:07.46 ID:nWBOhDLHO

宮藤「飲み終わりましたね… じゃあ、始めましょうか…」スッ


ウィーン ピポッピポッ ボロン


ミーナ「///」

宮藤「まずはどこから攻めましょうかねぇ…」

ミーナ「宮藤さんにお任せするわ…///」

宮藤「そうですか…なら最初はやっぱりキスですね」スッ


チュッ


ミーナ「んっ//」

レロッ…チュクッ…チュルッ…

ミーナ「んんっ// んぅ//」


888 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 01:29:46.05 ID:nWBOhDLHO

>>885 うん 癪に障ったらゴメン


プハッ


ミーナ「はぁ…はぁ…//」

宮藤「キスだけでこんなに息を荒げちゃって…」

ミーナ「だってぇ…///」

宮藤「もっとして欲しいですか?」

ミーナ「はい///」

宮藤「だったら今夜はミーナさんからキスしてくださいよ」

ミーナ「喜んで…」


チュッ


クチャ…ヌチュ…ネチャァ…


宮藤(偉い偉い)ナデナデ

ミーナ「んっ// んんっ//」


895 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 03:02:01.98 ID:nWBOhDLHO


プハッ


宮藤「ミーナさん、良かったですよ…」

ミーナ「///」

宮藤「ご褒美として、ここ触ってあげます」


モミッ


ミーナ「やぁんっ///」

宮藤「服の上からなのに敏感ですねぇ」


モミモミッ


ミーナ「くぅんっ/// んあっ///」

宮藤「ふふっ」


クニッ


ミーナ「ああんっ// そこはぁっ///」


908 名前:1[] 投稿日:2010/10/01(金) 09:24:04.64 ID:nWBOhDLHO

宮藤「ここがいいんですね?」


クニクニッ


ミーナ「んんっ// んやぁっ///」

宮藤「そんなに喘いじゃって… そんなんで持つんですか?」


モミッ クニッ


ミーナ「くふぅっ// うんんっ//」

宮藤「じゃあ直接やってみましょう ミーナさん、さぁボタンを外して下さい」

ミーナ「はぁ//…はぁ//… はい///」プチプチ


910 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 09:34:21.48 ID:nWBOhDLHO

宮藤「うんうん、偉いですね」

ミーナ「恥ずかしい…///」

宮藤「いまさら何を言ってるんですか、全く…」


チュパッ


ミーナ「きゃあんっ///」


レロッ…チュゥ…


宮藤「やっぱりミーナさんの胸は美味しいですよ」


チュパ…クプッ


ミーナ「もっとぉ// んんんぅっ///」


レロッ…ハミッ


ミーナ「やああんっ///」


モミュッ…ハミハミッ


宮藤「本当に敏感ですねぇ…」

ミーナ「うんんっ/// あああっ///」


911 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 09:44:08.22 ID:nWBOhDLHO

宮藤「じゃあ胸も堪能しましたし…次にいきましょう」

ミーナ「はいぃ…//」

宮藤(はて…次はどこを攻めようか…)

宮藤「…ミーナさん、ズボンを脱いで下さい」

ミーナ「わかりましたぁ…//」ヌギヌギ

宮藤「はい じゃあ四つん這いになってください」

ミーナ「こうですか…?//」スッ

宮藤「そうです、そうです じゃあいきますね」

ミーナ「…///」


レロッ


ミーナ「ひうっ!?///」


912 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 09:55:19.64 ID:nWBOhDLHO

ミーナ「そっ、そこはぁっ!?///」

宮藤「ええ、お尻の穴ですよ?」


レロッ


ミーナ「汚いわよぉっ/// やめてぇっ///」

宮藤「どこが汚いんですか? とても綺麗ですよ?」


チュプッ…ペロッ…


ミーナ「あぁんっ// やぁんっ///」

宮藤「そろそろ、ですね」

ミーナ「…え?」

宮藤「………」


ズプゥゥ


ミーナ「ひうっ!?」

宮藤「なかなか締まりがいいですね」


グニグニ


ミーナ「んんんっ///」


914 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 10:05:17.62 ID:nWBOhDLHO

宮藤「さぁ、もう少し刺激しますからね」


グニグニ ツプツプ


ミーナ「だめぇっ/// やめてぇっ///」

宮藤「おお…もう効果が有りましたね…凄い濡れてますよ?」


グニュグニュ


ミーナ「くやぁんっ// ああああんっ///」

宮藤「じゃあこっちにも入れてみましょうか」


ジュプッ


ミーナ「ひゃぅぅっ///」

宮藤「凄くヌルヌルしてる…」


ジュプッ…ヌチュッ…
グニグニ…ツプッ


ミーナ「どっ…// どっちか抜いてぇっ///」


915 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 10:12:34.73 ID:nWBOhDLHO

宮藤「じゃあどっちを抜いて欲しいんです?」


グチュッ…ジュププッ…
グニュグニュ


ミーナ「それはぁっ/// やぁぁんっ///」

宮藤「ほらぁ、やっぱり抜いちゃ嫌なんじゃないですかぁ」

ミーナ「ああんっ///」

宮藤「でも、そんなに抜いてほしいんなら抜いてあげます」


チュポッ


ミーナ「はぁ…/// はぁ…/// はぁ…///」

宮藤「ですから指を抜いたから、コレを入れますね?」

ミーナ「/////」


917 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 10:19:09.33 ID:nWBOhDLHO

宮藤「実はわたしも我慢の限界なんですよ?」ビンビン

宮藤「さっきからミーナさんのHな部分をずっと見てきましたしね…」

宮藤「だから罰として、たっぷりと中に出してあげますから」

ミーナ「はい///…お願いします///…」

宮藤「じゃあミーナさん、ソコを指で開いて下さい」

ミーナ「ん…//」くぱぁ

宮藤「いいですよ…すごい濡れてますね… じゃあ入れますから」


ジュプゥッ


ミーナ「んんっ…///」


918 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 10:27:18.30 ID:nWBOhDLHO

宮藤「あう、すごいヌルヌルで気持ちいいです」

ミーナ「はやくぅ/// 動いてぇ///」

宮藤「わかりました じゃあ遠慮なく…」


ズプ…ジュプッ…ヌチュッ…ズチュッ…


ミーナ「やあああんっっっ///」


パンパンパンパン…
グチュッ…ブチュッ…ヌチャッ…ズプッ…


ミーナ「ああんっ// いい// いいのぉっ/// もっとぉっ///」



919 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 10:34:01.65 ID:nWBOhDLHO

宮藤「もっと動いていいんですね?」


パンパンパンパン…
ジュプッ…ニチュッ…ジュチュッ…ギチュッ…


ミーナ「動いてぇっ/// もっとぉっ/// 奥まで突いてぇぇぇっ///」

宮藤「わかりました!」


パンパンパンパンッ
ズチュッ…グチュッ…ヌチュッ…ズプッ…


ミーナ「いいっ// いいのぉぉぉっ/// ああんっっっ////」


920 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 10:42:15.65 ID:nWBOhDLHO

宮藤「気持ちいいですか?ミーナさん?」

ミーナ「うんんっ/// あああんっっっ///」

宮藤「そんなんじゃわかりませんよぉ」


パンパンパンパンパンパンッ
ズプッ…ジュチュッ…ギチュッ…ヌチャッ…グチュッ…ヌプッ…


ミーナ「やあああんっ// いいぃっ/// いいのぉっ/// んああっ///」

宮藤「そうですよ、それでいいんです」


922 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 11:02:57.33 ID:nWBOhDLHO

宮藤(ヤバッ…そろそろ… ええい宮藤芳佳、ここでもっと我慢するんだ!)


パンパンパンパンッ
グチュッ…ズプッ…ヌチュッ…ジュチュッ…


ミーナ「やあああっ// あああんっ///」

宮藤「でも…やっぱり…もうだめっ…」

宮藤「ミーナさん出しますよっ?」

ミーナ「出してぇぇぇっ/// 私の中にぃっ//// 沢山出してくだしゃいぃぃぃぃぃっ/////」

宮藤「うっ…くっ…」


ドビュッ ビュビュッ ビュルルッ ビュルルルッ


ミーナ「ああああああんっっっ/////」


924 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 11:13:41.18 ID:nWBOhDLHO

宮藤(まだ出せるっ…ならば…)


ヌプッ


ミーナ「んあっ///」

宮藤「体中にかけてあげますっ」


ドビュッ ビュルルッ ビュルッ


ミーナ「わぷっ!? …体がベトベト///」

ミーナ「んん…/// 体が…お腹が暖かい///」ビクンビクン

宮藤「ふぅ…すっきり…」

宮藤「ミーナさんどうでしたか?」

ミーナ「良かったわ…宮藤さん…/// またお願いしてもいいかしら…?///」

宮藤「もちろん! 溜まったらいつでも相手してあげますよ?」

ミーナ「うん…///」パタリ


925 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 11:17:18.10 ID:nWBOhDLHO

宮藤「あや…ミーナさん気絶しちゃった…」

ミーナ「///」

宮藤「うーん…ヤクルトが沢山かかったように見えるなぁ…ま、いいよね だってその服だもの」

宮藤「…ふわぁぁぁ…眠くなって来ちゃった…」

宮藤「お休みなさい、ミーナさん」





*おわり*




926 名前:1[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 11:20:26.64 ID:nWBOhDLHO
はい、おわりです
ちょっと短かったですね
それは自分の力不足です…ごめんなさい…


でも携帯規制される前に終われて良かったです

読んで下さった方、本当にありがとうございました


932 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/10/01(金) 13:17:43.18 ID:wnWLZCHo0
相変らずこの>>1はすばらしいな

933 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/01(金) 13:55:58.50 ID:a4a1sQU20

一週間も書いてたのかワロタ


おすすめSS


宮藤「エイラさんを傷つけるためにサーニャちゃんと寝る」

欝エンドです。愛ってなんなんでしょうね?

宮藤「えへへ、お○んちんが生えちゃう薬買っちゃった」

淫獣無双です。と、おもいきやヴィルケ中佐・・・

宮藤「最近ちっぱいに目覚めた」ルッキーニ「よ、よしかぁ…っ」

ただただ・・・え○ぃです・

宮藤「母乳が出ちゃうお薬買っちゃった!」

面白いおもちゃを手に入れた芳佳、餌食にされる隊員は、安価で決まる!!

芳佳「えっ!?まだ手を出してないんですかエイラさん」

いつまでも煮え切らないエイラに芳佳が助言をするが、うかうかしてる間にリーネがサーニャに・・・



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo