管理人おすすめ




加賀「頭を撫でてください」

KC_kaga_01.png
1 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 22:30:25.92 ID:i1JzATU1o



    ~提督執務室~



    提督「……」カリカリ

    加賀「提督」

    提督「今忙しいからちょっと待って」カリカリ

    加賀「承知しています。その上で、一つだけ頼みが」

    提督「……なんだ」

    加賀「頭を撫でてください」

    提督「よーし分かった、撫でてやろう、こっちへおいで」

    加賀「……」///

    提督「いやいやいや」



    このssは18禁の表現を含みます。お気を付け下さい。



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406554215


2 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 22:37:37.61 ID:i1JzATU1o

    提督「きゅ、急にどうしたんですか、加賀さん」

    加賀「私は提督に、頭を撫でてもらったことがないわ」

    提督「うん」

    加賀「だから」

    提督「意味が分からない!」


3 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 22:42:47.76 ID:i1JzATU1o

    提督「サイン、サイン、サイン……サインだらけで頭が狂いそうになるぜ」カリカリ

    加賀「長年私を秘書艦に起用して貰っていることには感謝しています」

    加賀「提督にはお世話になっていますし、長い間付き合って来ました。レベルも99だし」

    提督「……うん」

    加賀「提督は早漏だったわね」

    提督「それはいいだろ! 仕方ないだろうが!」


5 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 22:46:28.21 ID:i1JzATU1o

    加賀「夜を共にするほどの仲なのに、それなのに」

    加賀「頭を撫でてもらったことすらないなんて……」

    提督「まあ、確かに段取りがおかしいっちゃおかしいか」

    加賀「だから……」


6 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 22:49:43.03 ID:i1JzATU1o

    提督「でもちょっと待ってよ、今はこの書類片付けないと」

    加賀「……待ちきれないんです」

    提督「え?」

    加賀「なんでもありません、お茶をお淹れします」

    提督「うん、ありがと」

    加賀「……」///


    ガチャリ


    提督「……なんか怒らせるようなことでも、したっけな」カリカリ


7 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 22:51:40.67 ID:i1JzATU1o



    ~夜~



    提督「はい、今日の仕事終わり!」

    加賀「お疲れさまでした」

    提督「ふう……じゃあ加賀さん、こっちにおいで」

    加賀「何か用?」

    提督「頭撫でてあげるよ」

    加賀「私の髪にゴミでもついていますか? 大丈夫です、自分で払いますので」サッ

    提督「えっ」


9 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 22:56:16.66 ID:i1JzATU1o

    加賀「どこにもゴミはついていなかったようですが」

    提督「まあ、うん」

    加賀「どうして私の頭を撫でるなどと?」

    提督「加賀さんが望んだんだろうが!」

    加賀「そんなこと言いましたっけ」

    提督「ああ言ったさ! そりゃもう、頬を紅潮させながら、猫のようにこっちにかわいらしく近寄ってきてだな……」

    加賀「提督、顔がにやけています。気持ち悪いです」

    提督「ああもう! 誰のせいだよ!」


10 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 23:03:35.11 ID:i1JzATU1o



    ~深夜、提督の寝室~



    加賀「あっ、んっ……提督、そこっ……」

    提督「やっぱり加賀はここが特に弱いんだな」クニクニ

    加賀「言わないで……やっ、ああん」

    提督「そろそろ出来上がってきたかな……ほら、とろとろの汁が俺の指にべっとり」

    加賀「そんなもの、見せないで」

    提督「加賀さんのもの、加賀さんの体液……すべてが愛しいよ」

    加賀「……」


11 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 23:08:59.62 ID:i1JzATU1o

    提督「挿れるよ……っ」ドピュッ

    加賀「……」



    加賀「お疲れさまでした、提督。今日も早かったわね」

    提督「悪かったな! それにしても他人行儀だな、おい……」

    加賀「そうかしら」

    提督「はあ……」


12 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 23:13:02.99 ID:i1JzATU1o



    ~翌日、提督執務室~



    提督「今日は昨日よりも仕事楽だなー」スイー

    加賀「提督、一つお願いが」

    提督「ん?」

    加賀「頭を撫でてください」

    提督「なんなんだよ……」


13 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 23:18:04.15 ID:i1JzATU1o

    提督「はいはい、ちょっとこっちへおいで……」

    加賀「……」///

    提督「ちょっとだけだぞ」ナデナデ

    加賀「気分が高揚します」ゴロゴロ

    提督「な、なんだよ、膝に頭擦りつけるなよ……」

    加賀「提督、撫で続けてください」

    提督「お、おう」ナデナデ

    加賀「……」ウットリ


14 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 23:20:41.22 ID:i1JzATU1o

    提督「加賀さん、いつまで続けるんだ?」

    提督「加賀さーん?」


    加賀「zzz」


    提督(うわっ寝ちゃってるよ加賀さん、俺の膝の上で)

    提督(どうしようかな……)


15 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 23:24:01.49 ID:i1JzATU1o

    提督「おーい、加賀さーん?」ユサユサ

    加賀「zzz」

    提督(いくら揺さぶってもダメだな……)

    提督(秘書室でゆっくり寝かせてやるか)

    提督(うんしょ……っと)グイッ

    提督「人をおんぶしたのなんて久しぶりだな」

    提督(背中に柔らかい感触が……って、考えるな考えるな)


17 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 23:28:02.36 ID:i1JzATU1o



    ~廊下~



    金剛「HEYテートクゥー! これから寝込みを襲うんデスカー?」

    提督「そんなんじゃない! 言葉には気をつけろよ女の子なんだから」

    金剛「提督は、私を女の子として見てくれるんデスネ!」キラキラ

    提督「めんどくせぇ……とにかく、加賀さんが寝ちゃったから、秘書室へ運んでる途中なんだよ」

    金剛「それならテートクゥー、運び終わったらティータイムにしマセンカ?」

    提督「まあ、それもいいかもな……」

    提督「じゃあちょっと俺の執務室で待っててくれ」

    金剛「YES!」


18 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 23:32:22.26 ID:i1JzATU1o



    ~秘書室~



    提督「おじゃましまーす、と」

    提督(加賀さんらしい殺風景な部屋だな……)

    提督(とりあえず、椅子に座らせておいて……俺の部屋から毛布を持ってこよう)

    提督(あれ……なんだ、この机に置いてある雑誌は)

    提督(加賀さんがこんな派手な雑誌を読むなんて、意外だな……どれどれ)


    モテる! 猫系女子のススメ


    提督「」


19 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 23:36:55.52 ID:i1JzATU1o

    提督(なになに……)

    提督(『べったり甘えるときは甘える、突き放す時は突き放す! これで徐々に好感度アップ!』)

    提督(なるほど……って、なるほどじゃないわ)

    提督(加賀さんが、この雑誌を参考にしている可能性が……)

    提督(なんで今更こんなことするんだろう……俺と加賀さんはセックスをするほどの仲なのに)

    提督(うーん、わからん)

    提督「さて、毛布をとりに行くか」


20 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 23:38:53.56 ID:i1JzATU1o


    ガチャ


    提督「ただいまー、って、やっぱり加賀さん寝てるか」

    提督(全く……いきなり俺の膝で眠るなんて、無防備と言うか……)

    提督(加賀さんに毛布をかけて……と)ファサ

    提督(いや……待てよ)

    提督(加賀さんは、俺に気を許しきっているということじゃないのか?)

    提督(これは、もしかすると襲わなければ、男がすたる状況なのかも知れない……!)

    加賀「zzz……ん……ぅ」

    提督(加賀さんの、ほっぺ、唇……柔らかくて、温かいそれ)


    スーッ


    提督「……駄目だ駄目だ」

    提督(まだ執務中なんだぞ、仕事とプライベートは分けて考えないと……!)


22 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 23:41:07.92 ID:i1JzATU1o

    加賀「……ん」

    提督(あ……椅子から倒れ落ちそう)

    提督(机に突っ伏す形に、体勢を持って行った方がいいかな)

    提督「よいしょ……と」ゴソゴソ

    提督(よし……しかし)

    提督(胸が机のふちに当たってる……加賀さんの胸大きいなあ、エロい)

    提督(……駄目駄目)

    提督(駄目なのに……くそ、勃起よおさまれ!)ギンギン


23 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 23:45:25.78 ID:i1JzATU1o



    加賀「……提督」

    提督「ん?」

    加賀「zzz」

    提督「って、寝言か」





    加賀「すき」


24 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 23:48:14.08 ID:i1JzATU1o

    提督「……」ダ


    チュッ


    提督(これぐらいなら、いいよな……?)

    金剛「テートク……」

    提督「な!?」

    金剛「お邪魔シマシタデース」

    提督「ちょっと待って、待ってください!」


25 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 23:50:45.15 ID:i1JzATU1o



    ~提督執務室~



    金剛「紅茶をお淹れシマース」

    提督「あ、ありがとう」

    提督(気まずい気まずい気まずい)


26 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 23:52:49.39 ID:i1JzATU1o

    金剛「……ハイテートク」コト

    提督「うん」

    金剛「……」

    提督「……」

    提督「どこから、見てたんだ」

    金剛「提督が遅いなーと思って、秘書室の扉をそろそろっと開けたのはテートクが加賀さんのかわいい寝顔と体に勃起したときデシタ」

    提督「だから言葉を選べって」


27 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/28(月) 23:56:00.46 ID:i1JzATU1o

    金剛「……」パチパチ

    提督「な!? 何の拍手だよ」

    金剛「良くキスだけで我慢できました賞デース!」

    金剛「普段の提督なら、押し倒していてもおかしくありませんデシタヨ」

    提督「な……そんなつもりは、はじめから、なかったけど?」

    金剛「HAHAHAHA、テートクは嘘が下手デスネー」


28 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/29(火) 00:00:26.38 ID:s98C9B2Uo

    金剛「ああ見えて加賀サンは結構気にしてるんデス」

    提督「何を」

    金剛「自分が無愛想なことを、デス」

    金剛「加賀サン、口に出さないけど、雰囲気と言うか、オーラで大体思ってることが分かりマス」

    金剛「テートクに甘えたくて、でも素直になれない……そんな自分が嫌だ」

    金剛「それで、提督に甘えるために、私の貸した雑誌もボロボロになるくらい熟読していたみたいデス」

    提督「……」

    金剛「テートクももうちょっと気にかけてあげてクダサイ」

    提督「はい……」


29 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/29(火) 00:02:21.16 ID:s98C9B2Uo

    金剛「私が黙ってあの雑誌を渡したら、加賀サンは受け取りマシタ」

    提督「あれは金剛のものだったのか……」

    金剛「……ワタシが猫ちゃんみたいになったら、テートクは振り向いてクレマスカ?」

    提督「……」

    金剛「そうデスよね、もうこの鎮守府にいる全員が気づいてるくらい」

    金剛「テートクは加賀サンにゾッコンデスからネ」

    提督「……ああ」


30 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/29(火) 00:03:53.44 ID:s98C9B2Uo

    提督「……紅茶、ごちそうさま」

    金剛「いえいえ、デス」

    提督「加賀にお茶を淹れてもらうことにするよ。そっちの方が美味しく感じる」

    金剛「……ハイ」

    金剛「テートク、一つだけ」

    提督「なんだ?」

    金剛「夜、うるさすぎマス。ギシギシギシギシ」

    提督「ほっとけ!」

    金剛「……」ジーッ

    提督「分かった、分かったよ」


31 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/29(火) 00:05:59.66 ID:s98C9B2Uo

    提督「もう加賀さんに乱暴はしない」

    提督「お互いに愛し合う。その気遣いが俺には足りなかった」

    提督「加賀さんが求めていたのは、肉体関係なんかじゃない。それよりもっと甘くて、優しい関係だったんだな」

    提督「加賀はただ『頭を撫でて』欲しいだけなんだ」

    金剛「……気づいて、良かったデス」


    ガチャ


    加賀「失礼します」


32 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/29(火) 00:07:55.37 ID:s98C9B2Uo

    提督「加賀、お帰り」

    加賀「見ましたか」

    提督「見てないよ」

    加賀「……見たんですね」///

    提督「……すま」

    金剛「私デスよ。眠った加賀サンを秘書室まで運んだのは」

    加賀「……そうなの」

    提督「ああ。さすがに男が女の子背負って歩く訳にはいかんだろ」

    加賀「……それもそうね」

    提督「ところで、なにか見ちゃまずいものでもあったか?」

    加賀「……なんでもありません」//////


33 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/29(火) 00:09:17.23 ID:s98C9B2Uo

    金剛「それじゃ、失礼するデス」

    提督「……」グッ

    加賀「どうかしましたか」

    提督「なんでもない」

    提督(金剛のおかげで何とか乗り切れたぜ)

    提督「加賀、お茶を淹れてくれないか」

    加賀「わかりました、提督」


34 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/29(火) 00:13:41.45 ID:s98C9B2Uo



    ~深夜、提督の寝室~



    加賀「提督……さあ、服を脱いで」

    提督「……今日は、やめにしよう」

    加賀「でも、提督のそれ、ギンギンになって……」

    提督「いいんだ」

    提督「加賀さんが求めているもの、分かったよ」

    加賀「え……」


    チュッ


35 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/29(火) 00:15:26.52 ID:s98C9B2Uo

    加賀「あ……」///

    提督「加賀さんはセックスがしたいんじゃないんだよな?

    提督「今日はキスだけにしよう」

    加賀「……提督、感謝します」

    提督「堅苦しいって」

    加賀「……それなら、私のことを加賀って呼び捨てにして」

    提督「……わかったよ、加賀」


36 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/29(火) 00:16:39.74 ID:s98C9B2Uo

    加賀「んちゅ……れろれろ……はあ、はあ……ちゅ、っ、れろ……」

    提督「どうだ、加賀」

    加賀「とても、気持ちいいです。痛いだけのセックスなんかとは全然違う、甘くて、優しい交わり……」

    加賀「とっても、いいです」

    提督「そうか、とってもいいか」


    ギュッ


    加賀「……っ! いきなり抱きつかないでください!」///

    提督「すまんすまん、堪らない気持ちになったんだ」

    加賀「もう……」//////


37 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/29(火) 00:18:49.67 ID:s98C9B2Uo

    提督「なあ加賀」

    加賀「はい」


    提督「ケッコン、しようか」

    加賀「……!」


    加賀「……っ」ポロポロ

    提督「ど、どうして泣くんだよ」

    加賀「すみません、提督……すみません」グズグズ

    加賀「……ひっく、うぇぇ……ん」


38 : ◆VJRQu9X6ME[saga]:2014/07/29(火) 00:20:14.64 ID:s98C9B2Uo

    提督「加賀……」

    加賀「ありがとうございます、提督……」

    加賀「だいすき」

    提督「ああ、俺も、だいすきだよ」

    加賀「だから、お願いがあるの」

    提督「言わなくても、分かってるよ」ナデナデ

    加賀「……私、幸せ者だわ」//////



    終わり



39 : ◆VJRQu9X6ME[sage]:2014/07/29(火) 00:21:29.75 ID:s98C9B2Uo

    お読みいただきありがとうございました
    18禁表記について、最後にもう一度お詫び申し上げます。

    加賀さんは猫。異論は認めない。

42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2014/07/29(火) 00:31:45.62 ID:pv5OAhtDO

   

45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2014/07/29(火) 03:44:27.43 ID:qhWuqWxio

    乙です

41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage]:2014/07/29(火) 00:23:05.14 ID:6vsk4mox0

    乙
    赤木さんは大型犬


48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2014/07/30(水) 00:55:39.75 ID:btu477ito

    >>41
    赤木はゴリラだなあ


49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2014/07/30(水) 08:59:14.45 ID:MvHBbtdao

    ゴリラは別の赤木だろwwwwww




この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2014年08月28日 08:11:42

面白かった

-名無しの三等兵 - 2014年09月02日 21:38:39

赤城だろ!
いやゴリは赤木だけどさ

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo