管理人おすすめ




マルセイユ「エ、エイラたん……」

SW_maruseiyu_01.jpg
1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 00:13:42.94 ID:dqRtXyoSo
 
    ストパンです。そうです、人物崩壊です。

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 00:18:43.62 ID:dqRtXyoSo

    ストライクウィッチーズ2 第10話





    マルセイユ「やぁ子猫ちゃんたち」キリッ

    芳佳「カッコいい~」キラキラ

    エーリカ「うわっ、面倒くさいのが来た……」

    マルセイユ「ふっ、悪いがサインはしない主義なんだ……おっ! ハルトマンじゃn」ダダッ

    エイラ「おーい、宮藤~」タッタッタ

    マルセイユ「!?」


    このとき、私、ハンナ・ユスティーナ・ヴァーリア・ロザリンド・ジークリンデ・マルセイユは、恋をした。


4 :>>2 ここです [sage]:2011/07/18(月) 00:21:03.06 ID:dqRtXyoSo
 
    芳佳「どうしたんですか、エイラさん?」

    エイラ「サーニャ見なかったカ?」

    マルセイユ「……」ジッ

    芳佳「サーニャちゃんなら、さっきあっちで見ましたけど」

    エイラ「本当カ!? あ、後この騒ぎは何ダ?」

    芳佳「そうだ! すごいカッコいい人が来たんですよ、ほら!」

    マルセイユ「」ドキッ


5 :>>2 ここです [sage]:2011/07/18(月) 00:26:21.90 ID:dqRtXyoSo

    エイラ「ふーん」

    マルセイユ(や、ヤバイ……見てる見てる!!)ドキドキ

    エイラ「」ペコリ

    エイラ「んじゃ、私サーニャ探してくるナー」タッタッタ

    マルセイユ「あっ……」

    ゲルト「まさかまたお前と会うとはな」テクテク

    エーリカ「何しに来たのー?」テクテク

    マルセイユ「……」

    エーリカ「ハンナ?」




    マルセイユ「……天使だ」ボソッ




    エーリカ・ゲルト「はっ?」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 00:31:42.04 ID:dqRtXyoSo

    マルセイユ「はっ! お、おいハルトマン! 今の! 今の子は……」グイグイ

    エーリカ「えっ、ちょ、落ち着いて……手を離し……おい揺らすなって!」ガクガク


    マルセイユ「あああああああの信じられない程のびびび美少女は!?」グイグイ


    エーリカ「こらマジやめろって……あ、ヤバい苦し……い……」グッタリ




   
ゲルト「ハルトマああああああああんんんん!!!」



7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 00:36:36.16 ID:dqRtXyoSo

    芳佳「さっきのって、エイラさんのことですか?」

    マルセイユ「知っているのか!?」クワッ

    芳佳「!」ビクッ

    芳佳「ぶ、ブルーの軍服着た人のことですよね……?」

    マルセイユ「そうだその子!」

    芳佳「あの人はエイラ・イルm」

    ミーナ「ほら、マルセイユさん。早くいくわよ」グイッ

    マルセイユ「え、ちょっと待っ……名前もまだ聞いてな……うわあ」ズルズル


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 00:47:00.81 ID:dqRtXyoSo

    ーー

    ー


    ミーナ「ーーそれで今から501のウイッチとの挨拶と作戦の説明を……」テクテク

    マルセイユ「……(名前、聞けなかった。うわぁぁ、まだドキドキしてる……///)」テクテク

    ミーナ「シャーリーさんとルッキーニさんもいるわ。確か面識があるのでしょう?」

    マルセイユ(やっぱあの時声をかけておくべきだったかな……。くそっ、私の馬鹿野郎! しかし何であんな美少女が軍に……? もしかしたらあの子もウイッt)

    ミーナ「マルセイユさん?」

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 00:53:14.56 ID:dqRtXyoSo

    マルセイユ「っとわぁ!? あ、ど、どうしたっ!?」

    ミーナ「ボーッとして大丈夫? やはり長時間の移動は疲れたかしら?」

    マルセイユ「えっ、あー、いやっ! 大丈夫だ、うん。何ともないぞ」

    ミーナ「ならいいけど……」

    マルセイユ「そうだ! 501にブルーの軍服着た子いないか!?」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 00:59:04.85 ID:dqRtXyoSo

    ミーナ「ブルーの軍服?」

    マルセイユ「そう! それに金髪気味の髪の子!」

    ミーナ「ブルーに金髪……! えぇ、いるわよ。呼びましょうか?」

    マルセイユ「そ、そんな急に! 心の準備が……///」

    ミーナ「ペリーヌさーん」

    ペリーヌ「呼びましたかしら?」テクテク

    マルセイユ「……」

    ペリーヌ「……?」

    マルセイユ「」スッ

    ペリーヌ「えっ」

    マルセイユ「ちっげえええぇぇぇぇぇえ!!!」ブォンッ



    ペリーヌ「眼鏡が! わたくしの眼鏡が!」



11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 01:03:44.80 ID:dqRtXyoSo




    シャーリー「あいつサインはしない主義だよ」

    芳佳「えー、そうなんですかぁ」

    ミーナ「はい皆さん静粛に、今から作戦の説明をするわね」

    シャーリー「まだペリーヌが来てないけど?」

    ミーナ「ペリーヌさんは本体を追いかけていって今はいません」

    ルッキーニ「何それ怖い」



12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 01:12:46.23 ID:dqRtXyoSo

    マルセイユ「……」

    芳佳「あれがアフリカの星だって……」ヒソヒソ

    ペリーヌ「さっきも見たけどカッコいいね」ボソボソ

    マルセイユ(あー、もう一度会いた……)



    エイラ「」ボォー

    マルセイユ(くぁwwせdrftgyふじこlp!?!?)


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 01:20:11.79 ID:dqRtXyoSo

    マルセイユ(いいいいいいいいいたーーっ!?!? やっぱウイッチだったか! よおおおしっ! 仲良くなれる可能性大!! うわやっべー。
    これ絶対運命だよ。転校初日、朝ぶつかったヒロインと教室の中で再会して「あー、アンタッ!」「げっ、あの時の!」並の運命的出会い!)

    マルセイユ(キタキタキタキターーーーー!!!)ガッツポーズ

    リーネ「……急に拳を上げ始めたよ、マルセイユさん」

    芳佳「カッコいい……///」


    リーネ「マジでっ!?」


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2011/07/18(月) 01:26:32.34 ID:T/0/KQ6Xo

    これは…!
    期待しか出来ねえw


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 01:27:59.91 ID:dqRtXyoSo

    マルセイユ(ふわあああぁぁぁ近い! 席が近いよぉ!! めちゃくちゃよく見えるし、心無しかいい匂いも……)ハァハァ

    ミーナ「ーーではマルセイユ大尉、自己紹介を」

    マルセイユ「ハンナ・マルセイユだ。よろしく」キリッ

    ミーナ「はい、では今回の作戦で突入するウイッチを……」

    マルセイユ(いかんいかん、私としたことが少し取り乱していた……。しかしさっきの挨拶、完璧に決まったな。あの子だけに向けてキメ顔したし……)

    エイラ「……」

    マルセイユ(よっしゃあああああ絶対意識されたおおおおおおおお!!!)

    エイラ(……腹、減ったナ)ポケー


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 01:37:18.92 ID:dqRtXyoSo

    ミーナ「あっと……その前にみんなの自己紹介もした方がいいかしら」

    マルセイユ「そうだな、是非頼む」

    ミーナ「それじゃあ……そっちの宮藤さんから順番に回していってもらえる?」

    「宮藤芳佳で「り、リーネ・ビ「久しぶりだな、シャーロッ「はーい! あたしフラn」

    マルセイユ(その他大勢は黙ってろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお)

    ミーナ「はい、じゃあ次エイラさん」

    エイラ「面倒くさいナー」ガタッ



    マルセイユ「!」



20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 01:44:17.71 ID:dqRtXyoSo

    エイラ「エイラ・イルマタル・ユーティライネン。階級は中尉。こっちはサーニャ・V・リトヴャク、はい終わりダゾ」ストン

    マルセイユ(エイラ……なんていい名前なんだ! エイラたん! エイラたん!

    ミーナ「後は私と坂本少佐だけね」

    マルセイユ(エイラたん!エイ「知ってると思うけど、隊長のミー」エイラたん! エイラたん! エイラたん! エイラた「それでこちらが坂」エイラたん! エイラたん! エイラたん! エイ「これで全員になり」エイラたん! エイラたん! エイラたん! エイラたん! エイラた「よろしくね、マルセイユ大尉?」

    マルセイユ「あぁ。こちらこそよろしく」キリッ

    ミーナ「では改めて突入するウイッチを発表するわね」


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 01:56:12.40 ID:dqRtXyoSo

    ミーナ「まずマルセイユ大尉と……」

    マルセイユ(エイラたん! エイラたん!)

    ミーナ「それからバルクホルン大尉です」

    マルセイユ「ふざけんなよぉ!」

    ゲルト「なにっ!?」ガタッ

    マルセイユ(あ、やっべ、思わず言ってしまったけど……)

    マルセイユ「い、いや……その……!」ピーン

    マルセイユ「あっ、あんたの力量じゃ私と戦うのは無理だって言っているんだ」


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 01:58:46.16 ID:dqRtXyoSo

    ゲルト「何が言いたいんだ、マルセイユ」ギリッ

    マルセイユ「言葉通りさ。私と釣り合うのは、その……」チラッ

    エイラ「サーニャー、眠いのカー?」ポンポン

    マルセイユ「釣り合うのは……え、え、エイ……///」

    ゲルト「どこを見ているんだ!」

    マルセイユ「ばばばばは馬鹿っ! 誰も見てないさっ!///」


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 02:01:00.94 ID:dqRtXyoSo

    ゲルト「馬鹿だと? お前の上官を上官とも思わない態度……変わってないな!」ガシッ

    マルセイユ「お、おい今のはちがっ……!」ガシッ

    ゲルト・マルセイユ「ぐぬぬぅ……」


    ゴオォォォォ!


    サーニャ「きゃあっ!」

    ミーナ「二人ともやめなさい!」



    エイラ「あっちでやれー!」



    マルセイユ「あっ、うんごめん……」シュン

    ゲルト「ええええええええええ!?!?」


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 21:54:18.29 ID:2WwKycGKo

    ーーー

    ーー

    ー



    ーエーリカ・バルクホルンの部屋ー



    ゲルト「くそっ、マルセイユのヤツめ……」ギリッ

    エーリカ(なんかさっきのハンナらしくなかったな……?)


    コンコン


    ゲルト「む、誰だミーナか? 今開ける」ガチャ

    マルセイユ「……」

    ゲルト「お、お前!? 何の用だ!!」


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 21:59:22.07 ID:2WwKycGKo

    マルセイユ「は……ハルトマンはいるか?」

    エーリカ「んー、なにー?」

    マルセイユ「実は……」チラッ

    ゲルト「……」

    マルセイユ「……その」

    ゲルト「ふんっ! ハルトマン、私は少し出てくる」スタスタスタ


35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 22:04:43.65 ID:2WwKycGKo







    エーリカ「……で、何?」

    マルセイユ「その……」モジモジ

    エーリカ(ハンナはモジモジするようなキャラじゃないだろ……)

    マルセイユ「え、エイラたんってどんな子だっ!?///」

    エーリカ「ん、ごめん誰だって?」

    マルセイユ「エイラたんだよ! エイラ・イルマタル・ユーティライネンたん! 他に誰がいるんだ!」


36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 22:09:23.23 ID:2WwKycGKo

    エーリカ「(……たんには触れない方がいいな)エイラはね……えーっと、スオムス出身で、16歳で」

    マルセイユ「つっ、付き合ってる人とかいるのかな!?」

    エーリカ「あー……どうしてエイラのことなんか知りたいの?」

    マルセイユ「それは……えと……」

    エーリカ「それは?」

    マルセイユ「エイラたんに一目惚れ……しちゃって……///」

    エーリカ「」


37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 22:14:47.88 ID:2WwKycGKo

    エーリカ「はっ?」

    マルセイユ「……///」

    エーリカ「誰が?」

    マルセイユ「私が」

    エーリカ「誰に?」

    マルセイユ「エイラたんに」

    エーリカ「何したって?」

    マルセイユ「一目惚れだって言わせんな恥ずかしい///」

    エーリカ「……」








    エーリカ「はあああああああああ!?!?!?」




38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 22:19:05.22 ID:2WwKycGKo

    マルセイユ「だからエイラたんについて教えてくれよ! 頼む、この通りだ!」ドゲザァ

    エーリカ「うおぉい! そんな頭下げるなよ!(マジかよこいつ……)」

    マルセイユ「たのーむ!」ズサァ

    エーリカ「いや教えるけどさぁ……」

    マルセイユ「本当か!?」ガバッ

    エーリカ「でもエイラ好きな子いるよ、多分」

    マルセイユ「ふむふむエイラたんには好きな子がいる……」メモメモ







    マルセイユ「は?」



39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 22:24:18.45 ID:2WwKycGKo

    エーリカ「サーニャっていたろ? エイラの隣に座ってた子」

    マルセイユ「嘘だろ……嘘だと言ってくれよ……」ガタガタ

    エーリカ「あーごめん、多分だけど合ってると思う」

    マルセイユ「そんな……エイラたん……」グスッ

    エーリカ(うわ、ガチ泣かよ……)

    マルセイユ「あんなギャルゲー並みの運命の出会いだったのに……NTRなんて……」グスッグスッ

    エーリカ「ま、まぁ元気だしなよ」ポンポン


40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 22:29:01.78 ID:2WwKycGKo

    マルセイユ「くそっ、これだからリアルは……あっ」

    エーリカ「どうしたの?」

    マルセイユ「……ちょっと来い!」グイッ

    エーリカ「はっ、ハンナ!?」

    マルセイユ「通信機……通信機は……」タッタッタ

    マルセイユ「あった!」ガチャ


    prrrrrrrrr


    マルセイユ「もしもし、師匠か!?」

    『はいもしも……おや、この声はマルセイユかな?』


41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 22:33:42.93 ID:2WwKycGKo

    マルセイユ「師匠! お願いだ、力を貸してくれ!」

    エーリカ(誰だよ師匠って……)

    加東『マルセイユがその呼び方で私を呼ぶなんて……。どうやらそっちのトラブルみたいね』

    マルセイユ「そうなんだ! 数多の扶桑のギャルゲーをこなしてきた師匠にしか頼めないんだ!」

    加東『ふぅー……』











    加東『相手のスペックは?』

    マルセイユ「師匠おおおおぉぉぉぉ!!」


42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 22:39:41.55 ID:2WwKycGKo

    マルセイユ「ハルトマン! エイラたんのスペックは!?」

    エーリカ「えっ、えーっと……16歳で髪はストレート、けっこうイタズラ好きであと、一応不思議ちゃんで……」

    加東『私に聞くからには、何かあるのだろう? そのエイラたんは?」

    マルセイユ「そうだ、エイラたんは……」

    エーリカ「おい、たん付けやめろ」


43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 22:46:20.30 ID:2WwKycGKo

    マルセイユ「実は……他に好きな子がいるらしいんだ」ポツリ

    加東『は? お前じゃなくて?』

    マルセイユ「そうなんだ……」

    加東『……』

    マルセイユ「師匠?」

    加東『ふざけろっ!!』

    マルセイユ「ひっ!」ビクッ


44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 22:56:54.56 ID:2WwKycGKo

    加東『ヒロインというものはいつでも主人公一直線! 他のヤツなど目もくれぬ! そんな気持ちの浮ついた輩なんて言語道断、もはやヒロインなどではない! ビッチだそんな者! ギャルゲーを舐めんなあああああ!!!』

    マルセイユ「師匠おおおおおおお!!」

    エーリカ「何だこれ」














    エーリカ「何だこれ」





45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 23:01:58.25 ID:2WwKycGKo

    マルセイユ「しっ、しかし! それでも私はその子が……エイラたんが好きなんだ!」

    加東『全く……困った弟子を持ったものだな、ホント』ヤレヤレ

    エーリカ「おい、いい加減誰だよこいつ」

    加東『だがお前の選んだヒロインは、いつだっていい子だった……』

    マルセイユ「し、師匠?」

    加東『私に任せろ、マルセイユ。その子のハートをお前にくれてやる』

    マルセイユ「師匠おおおおおぉぉぉ!!」

    エーリカ「置いてけぼりか。私だけ置いてけぼりか」


47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 23:11:31.05 ID:2WwKycGKo

    加東『エイラたんは好きなヤツがいると……。もう付き合っているのか?』

    マルセイユ「のか!?」

    エーリカ「のか、じゃ伝わんねーよ。電話ってことを考えろボケ」

    マルセイユ「エイラたんはもう付き合っているのか!?」

    エーリカ「いやそれは無いかな、あいつヘタレだし。それとたん付けんなつってんだろ」

    マルセイユ「師匠! まだだそうだ!」

    加東『……ふっ、勝てるぞこの戦い!』

    マルセイユ「ししょo」
    エーリカ「うるせええええぇぇぇぇ!!」


48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 23:16:06.23 ID:2WwKycGKo

    ーー

    ー


    ーエーリカ・バルクホルンの部屋ー



    エーリカ「はぁ……疲れた」ドサッ

    ゲルト「帰ったか、マルセイユは?」

    エーリカ「あー、どっか行ったー(師匠に相談した後、「計画立ててくる!」とか言って走って行っちゃったしな……)」

    ゲルト「そうか。結局何だったんだ? 作戦のことか?」

    エーリカ「えっとぉ……」


    『スーパエースの私っぽくないからな。この事は誰にも言わないでくれ! 特にバルクホルンには!』


    エーリカ「あぁ、うん、そんなかんじ」


49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 23:22:30.89 ID:2WwKycGKo

    ゲルト「そ、そうか……(作戦参加したかったなぁ……)」

    エーリカ「うあー喉いたーい」

    ゲルト「む、どうしたんだ?」

    エーリカ「んー、ちょっとイライラすることがあってね。声出し過ぎた」

    ゲルト「ふぅん……」テクテク

    ゲルト「」ポム

    エーリカ「ん?」

    ゲルト「」ナテナデ

    エーリカ「えっ、ちょトゥルーデ!?///」


50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/18(月) 23:27:57.33 ID:2WwKycGKo

    ゲルト「どうした?」

    エーリカ「何で撫でてんの!?」

    ゲルト「イライラしたときは撫でれば落ち着くんだ」

    エーリカ「そんなの初耳だよ!///」

    ゲルト「そうか? クリスにはいつもこうしてるが」

    エーリカ「私は妹じゃないって!」

    ゲルト「知ってるさ。お前は姉だろう?」

    エーリカ「そうだけど! そうだけどこの場合はそうじゃなくて……あぁぁもうっ……///」


56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/19(火) 23:23:07.75 ID:/D/8iyFvo

    ーーー

    ーー

    ー


    芳佳「訓練でーす」



    マルセイユ(よし、イメージトレーニングはバッチリ昨日の夜してきた。師匠の言葉を思い出せ……)ドキドキ

    エイラ「あーネウロイ爆発しねーかナー」

    ペリーヌ「それは有り得ませんわ」

    マルセイユ(エイラたんはイタズラ好きで、思いやりがあり基本社交的。しかし周りに流されやすく、何より押しに弱いと師匠は分析した……)

    マルセイユ(信じるぞ! 師匠!)


57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/19(火) 23:34:26.42 ID:/D/8iyFvo

    マルセイユ(まずは……)



    『共通の話題から入ろう!』



    マルセイユ「おっ、それはMGか?」

    エイラ「マルセイユ大尉? あぁーこれ? そうダヨ」カチャ

    マルセイユ「私もMGなんだよ」カチャ

    エイラ「奇遇ダナ、大尉のはいつのダ?」

    マルセイユ「私のは34」

    エイラ「私は42」

    マルセイユ「へぇー、ちょっと見せてくれないか?」

    エイラ「いいゾ、私も34見たいんダナ」


58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/19(火) 23:45:10.84 ID:/D/8iyFvo

    マルセイユ「うーん、やっぱり42もいいなぁ……(エイラたんと武器がいっしょ! きたあぁぁぁ!!)」

    エイラ「うえっ!? 何だこれ! 34は連射と単射切り換えれるのカ!?」

    マルセイユ「42は出来ないのか?(流石エイラたん良く気付いたね!!)」

    エイラ「連射だけなんダヨ。いいナー」ブー

    マルセイユ「まっ、発射速度は42の方が上じゃないか(不貞腐れるエイラたんかわいいいいいいいいい!!)」


59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage saga]:2011/07/19(火) 23:51:50.89 ID:/D/8iyFvo

    エイラ「ほい、ありがとナ、返すヨ」

    マルセイユ「いや、こちらこそ(エイラたんの指紋付き……うわぁ、今すぐペロペロしてぇ)」

    エイラ「あっ、今更だけど敬語じゃなくていいカ? 苦手なんダ」

    マルセイユ「構わないさ(ぎこちない口調のエイラたんも構わないよおおおおおお)」



    『相手の固有魔法を知ろう!』



    マルセイユ「ユーティライネン中尉の固有魔法は何だ?」

    エイラ「エイラでいいサ、堅苦しいのは勘弁なんダナ。って私の方が階級低いのにナ」テヘヘ

    マルセイユ「なら私もマルセイユでいい(親密度アップキターー!)」


60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/19(火) 23:57:32.07 ID:/D/8iyFvo

    エイラ「で固有魔法だっけ? 私は未来予知ダヨ」

    マルセイユ「本当か!? 私もだ!(おっそろ! おっそろ!)」

    エイラ「すごいナ、固有魔法もいっしょなのカ」

    マルセイユ「と言っても私のはいくつか組み合わさってるんだけどな(エイラたんと組み合わさりたいよおおおおおおお)」

    エイラ「何それチートじゃないカ」

    マルセイユ「そうだ、今から軽く試合しないか? いやそれがいい!(もう右手洗わない……!)」グイッ

    エイラ「うえっ、急ダナ……って引っ張るなヨー」


61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/20(水) 00:10:02.35 ID:e5v2QjMQo


    ペリーヌ「……」

    芳佳「ぼっt」



    ペリーヌ「ぼっちって言うな!」




62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/20(水) 00:16:09.16 ID:e5v2QjMQo

    ーー

    ー


    エイラ「負けタ~、勝てる訳ないゾ~」グテー

    マルセイユ「銃弾は当たってなかったじゃないか」

    エイラ「弾切れにされたんダ。変わりないサ」

    マルセイユ「いいか、エイラたん的にはな……」

    エイラ「エイラたん?」

    マルセイユ(しししししししししまったあああぁぁぁぁ!!)ドキイィィ


63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/20(水) 00:26:49.07 ID:e5v2QjMQo

    マルセイユ「えっ、えっ……!」

    マルセイユ「エイラ、端的に言うとな……!」

    エイラ「お? おぅ」

    マルセイユ「エイラは未来予知を防御の方にしか使ってないんだよ!」

    エイラ「……ほうほう」



    マルセイユ(乗り切ったー!)


64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) [sage]:2011/07/20(水) 00:35:54.38 ID:eEd/bQqBo

    うまいこと誤魔化しやがったww


65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/20(水) 00:55:40.94 ID:e5v2QjMQo

    マルセイユ「未来予知は確かに、敵の銃撃を避けるのには便利だが、これは攻撃にも応用が出来て……」

    エイラ「……」ジー

    マルセイユ「敵の動きもいっしょに……で……こうして……」

    エイラ「うーん、イメージするのけっこう難しいゾ」

    マルセイユ「じゃっ、じゃあ手伝ってやるよっ///」


66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/20(水) 01:02:52.54 ID:e5v2QjMQo

    エイラ「えっ、いいのカ?」

    マルセイユ「もももも勿論さ!」

    エイラ「なら頼むヨー、どうすればいい?」

    マルセイユ「(Yes!)なら私が動き回るから、エイラは目を瞑って私の動きを予知するんだ」

    エイラ「分かったんダナ」パチリ

    マルセイユ「な、ならいくぞ……」トン

    エイラ「? 何で肩に手を置くんダ?」


67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/20(水) 01:10:49.44 ID:e5v2QjMQo

    マルセイユ「始めはこっちの方がいいんだ///」

    エイラ「そうなのカ。それじゃあやろう」

    マルセイユ「あぁ……。始めるぞ」ブーン

    エイラ「……」シンケン

    マルセイユ(エイラたんのかおがこんなに近くに!! うわあああ目を閉じたエイラたんもりりしくて可愛いいいいいいい)ハァハァ

    マルセイユ(ペロペロしてえええええ!! けどおおお我慢だ! 我慢しろ私! ここはグッと堪えてエイラたんの好感度を上げて……あぁでもやっぱペロペロしてえええええええええええええ!!!)

    エイラ(マルセイユがハァハァ言ってる予知出たけど……。これはありえないナ)


68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/20(水) 01:14:46.75 ID:e5v2QjMQo

    ミーナ「……」

    エーリカ「……」

    ゲルト「……」

    坂本「……」

    ミーナ「今日の訓練は」

    エーリカ「うん、突入するウイッチのコンビネーション訓練だよね」

    ゲルト「何してるんだよアイツ……」

    坂本「おいマルセイユ大尉鼻血出したぞ」

    ミーナ「あっ、落ちていくわよ。恐らく血が足りなくなったのね」

    エーリカ「すっごい笑顔だったね」

    ゲルト「何してるんだよアイツ……」


72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/22(金) 21:30:12.02 ID:nmh3Mhdeo

    ーー

    ー


    エーリカ「何してんの!? 馬鹿なの!?」

    マルセイユ「失礼な、何がだ?」

    エーリカ「さっきの訓練! あれは怪しすぎでしょ!」

    マルセイユ「そうか? いかにも自然だったじゃないか」

    エーリカ「不自然しかなかったよ」

    マルセイユ「ゲームではあれくらいよくあることだぞ」

    エーリカ「ギャルゲーといっしょにすんなや!」


73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/22(金) 21:34:59.72 ID:nmh3Mhdeo

    エーリカ「はぁ……ツッコミすぎて口調変わっちゃったじゃん」

    マルセイユ「そんなことより」

    エーリカ「ん?」

    マルセイユ「エイラたんの好きな人って誰なんだ?」

    エーリカ「えっ? 私言ったよね?」

    マルセイユ「聞いた覚えはあるんだけど……なんかそこらへんの記憶が思い出せなくてさ」テヘヘ

    エーリカ「現実に立ち向かえよ」


74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/22(金) 21:43:20.52 ID:nmh3Mhdeo

    エーリカ「まったく……サーニャって覚えてる?」

    マルセイユ「うむ……? あぁ、分かる。小さめのヤツだろう?」

    エーリカ「そう、その子がエイラの好きな子」

    マルセイユ「あぁぁんんんのおおおお泥棒猫おおおおお!」

    エーリカ「猫合ってる合ってる」


75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/22(金) 21:48:17.14 ID:nmh3Mhdeo

    マルセイユ「だが手は出さない」キリッ

    エーリカ「えっ、意外」

    マルセイユ「エイラたんの好きな人だ。むやみに傷付けたらエイラたんが悲しむ」

    エーリカ「カッコいい事言ってるけど……たんがなー。たんが台無しにするんだよなー」


76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/22(金) 21:53:01.39 ID:nmh3Mhdeo

    マルセイユ「それで、サーニャって子のスペックは?」

    エーリカ「さーにゃんはね……」

    マルセイユ「あっ! どうせなら師匠にも聞いてもらおう。今日の報告もあるし」

    エーリカ「えっ、またアイツ? てかいい加減誰か教えてよ」

    マルセイユ「師匠は師匠だ。ほら行くぞ」

    エーリカ(面倒なのに関わっちゃったな……)ハァ


77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/22(金) 21:58:32.74 ID:nmh3Mhdeo



    エーリカ「……ってかんじかな。さーにゃんは」

    加東『そうか、すまんな新弟子』

    エーリカ「おい私のことか? 私のことじゃないよな?」

    マルセイユ「ええいっ、代われハルトマン! それで師匠、これからどうすれば!?」

    加東『……』

    マルセイユ「師匠?」

    加東『さーにゃんは、いい子だな』


    マルセイユ「師匠おおおおおおおおおおおお!!」



78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/22(金) 22:07:24.29 ID:nmh3Mhdeo

    マルセイユ「大変だハルトマン! 師匠が、師匠が! さーにゃんの虜に……!」

    エーリカ「さーにゃん言うな、はたくぞ」

    加東『安心しろ、マルセイユ。エイラたん攻略には支障はない』

    マルセイユ「ならいいが……」

    加東『まっ、師匠はあるんですけどね』ドヤァ

    エーリカ「おい、会話の内容分からないけど、電話切っていい? なんかめっちゃ腹立つんだけど」


79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/22(金) 22:16:23.91 ID:nmh3Mhdeo
    加東『マルセイユ』

    マルセイユ「どうした?」

    加東『新弟子と代わってくれ』

    マルセイユ「了解した。ハルトマン」スッ

    エーリカ「えっ……私?」

    マルセイユ「」コクッ

    エーリカ(あまりノリ気じゃないなぁ……)

    エーリカ「はい、もしもし?」シブシブ

    加東『さーにゃんのスリーサイz』

    エーリカ「」ガチャン ツーツー


93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/25(月) 00:18:07.33 ID:N0eoxNfTo

    ーー

    ー


    エイラ「あっ、いたいた。おーい」タッタッタ

    マルセイユ「エイラ(たん)!?」ピーン

    エイラ「もー探したゾー」

    サーニャ「……」

    マルセイユ「二人して何か用か?」

    エイラ「訓練して汗かいたロ。いっしょにサウナ行かないカ?」

    マルセイユ「」


94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/25(月) 00:22:27.18 ID:N0eoxNfTo



    ーサウナー



    マルセイユ「はっ!」

    マルセイユ(しまった……! あまりの事にちょっと意識飛ばしていたが、この様子だと無事にサウナに入れたらしいな……)


    「ーーでナ」


    マルセイユ「ん」クルッ

    エイラ「その時ニパったらサー……」

    マルセイユ「ぐほぉっ!」ブシャアァァ

    サーニャ「すごい……鼻血で弧を描いてる……」


95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/25(月) 00:28:58.48 ID:N0eoxNfTo

    エイラ「マルセイユ!? マルセイユ大丈夫カ!?」ユサユサ

    マルセイユ「まだだ……まだ終わらんよ!」グググ

    エイラ「のぼせたのカ!? なら出た方が……」

    マルセイユ「大丈夫、ただ血が出ただけだから!」

    エイラ「ならいいケド……」

    サーニャ「流血はただのレベルじゃないわ」

    エイラ「それと何でさっきから下向いてるんダ? やっぱ辛いのカ?」

    マルセイユ(……見たら死ぬ! 見たら死ぬ! 見たら死ぬ! 確実に!)


96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/25(月) 00:32:25.31 ID:N0eoxNfTo

    マルセイユ(耐えろ耐えるんだ私の理性! 目先のエロに負けるな! エイラたんをモノにするんだろ!? こんなありきたりなイベントに屈する私ではない!)

    マルセイユ(でも目の前には生まれたままのエイラたんが……! さっきチラリと見た時、タオル巻いてなかったような……。いやいや負けるな! 揺るぐな私! 素数……素数を数えれば! あぁ、でもやっぱ……)

    マルセイユ(裸、見てええええええええぇぇぇぇぇぇ!!!)


    エイラ「……ん、何だこれ」

    マルセイユ「!」


    モクモク モクモク


    サーニャ「……霧?」


97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/25(月) 00:36:54.64 ID:N0eoxNfTo



    ーサウナの外ー


    『スチームモード』

    ON←
    OFF


    エーリカ「なーんか嫌な予感したんだよねー……はぁ」

98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/25(月) 00:40:07.75 ID:N0eoxNfTo

    エイラ「うおぉ……すごいなこれ」

    サーニャ「真っ白」

    マルセイユ「!」バッ

    マルセイユ(見えない! 見えないぞ! よく知らないけど助かった!)

    エイラ「あっ、もう大丈夫なのカ?」

    マルセイユ「……ふっ、始めから大丈夫さ」スタッ

    マルセイユ(隣に座って顔が見える程度。大事な所はボヤけている……煙gj!)

    エイラ「スチームなんて機能あったかなぁ……?」

    マルセイユ(あぁでも……)


    マルセイユ(やっぱ裸見てええええええええええええぇぇぇぇ!!)


99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/25(月) 00:43:42.20 ID:N0eoxNfTo



    ー水辺ー




    エイラ「どうダ? 水が冷たくて気持ちいいダロ?」ジャブジャブ

    マルセイユ「そうだな。アフリカでは出来ないな。こんなこと」

    サーニャ「どこを向いて喋ってるんですか? マルセイユ大尉」

    マルセイユ「ちょっと人の知が及ぶ範囲と、死という命題に向かってね」

    サーニャ「? ……哲学的ですね」

    マルセイユ(エイラたんまた一糸纏わぬ姿に! ちくしょう、見たいけど見たらダメだ!)


100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/25(月) 00:48:17.10 ID:N0eoxNfTo

    エイラ「うーん……今日も疲れたゾ」ノビノビ

    サーニャ「もう夕方ね」

    マルセイユ(煙、あの煙が無いこの状況はかなりヤバい……。少し右向けば好きな子が真っ裸って……しかもそれを見るななんて……。何て拷問なんだ。もう見ちゃおうか? やっぱエロには勝てないし……三大欲求だよ? 無理無理。エイラたんの裸だぞ? おっぱいだぞ? 見て[ピーーー]るなら、むしろ本望だよな……って、いかんいかん! サウナ室も頑張って乗り切ったんだ! ボヤけて体のラインが見えそうでみえないような、あのおあずけ状態も耐え切ってここまで来たんだ! 今更煙が取り払われたくらいで…………エイラたんの全裸なんか……裸なん……エイラたんの真っ裸!? )


    マルセイユ「見るしかないじゃん!」バッ



101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/25(月) 00:50:36.22 ID:N0eoxNfTo


    マルセイユ「……」


    エイラ「夕陽が反射してキラキラしてるゾ」

    サーニャ「ホント、綺麗」


    マルセイユ「……」


    マルセイユ(……何て言うんだっけ、こういうの)

    マルセイユ(あぁ……そうだ)



    マルセイユ「光規制だ……」ガックリ


102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/25(月) 00:53:37.12 ID:N0eoxNfTo

    サーニャ「ちょっと泳いでくるわ」スイー

    エイラ「あんま遠くに行くなヨー」

    マルセイユ「リトヴャク中尉、泳ぎに行ったのか」

    エイラ「意外に泳ぐの上手いんダゾ」

    マルセイユ「……」

    エイラ「……」

    マルセイユ「すごいな」ポツリ

    エイラ「ダロダロ? サーニャはすごいんd」

    マルセイユ「いやエイラのこと」


104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/25(月) 00:58:08.83 ID:N0eoxNfTo

    エイラ「はっ、私が?」ポカン

    マルセイユ「いっしょに飛んで分かったよ。エイラはその歳でかなりのモノを持っている。いつか私も出来なかったことをしそうなくらいに」

    エイラ「んだヨー、褒めても何も出ないゾ?」ケラケラ

    マルセイユ「それに……」

    エイラ「ん」

    マルセイユ「とっても可愛い」ニコッ

    エイラ「えっ」

    エイラ「……」

    エイラ「……!///」カアァァ


105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/25(月) 01:02:11.21 ID:N0eoxNfTo

    エイラ「べへ別に! そんなことないゾ/// かっ……かわいいだなんて、言われたことないし……」オドオド

    マルセイユ「本当か? 信じられないな(私ならたくさん言ってあげるよおおおおお!!)」

    エイラ「わっ私なんかより、サーニャの方が……」

    マルセイユ「リトヴャク中尉もかわいいな。でも私はお前派かな(エイラたん>>>>>>>越えられない壁>>私>>>>その他。これ鉄則)」

    エイラ「!」ドキッ

    エイラ「……」

    エイラ「……あ」

    エイラ「……ありがと///」シュン


    マルセイユ(あっ、勃った。無いけど勃った)


106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/25(月) 01:04:43.23 ID:N0eoxNfTo

    エイラ「……もぉ、何か熱いゾ///」パタパタ

    マルセイユ(手で顔パタパタするなよ、萌え死ぬじゃねーか)

    エイラ「……む?」

    サーニャ「」バーン

    エイラ「サーニャ! 何で犬神家みたいなポーズしてるんダヨ!?」ザバーン

    マルセイユ「……」

    マルセイユ(裸、見てえ)シミジミ


107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/07/25(月) 01:07:32.76 ID:N0eoxNfTo

    マルセイユ「……先戻るか」クルッ

    ペリーヌ(真っ裸)「あら」

    芳佳「あれ、マルセイユさんたちも来てたんですかぁ?」

    マルセイユ「……」

    ペリーヌ「……?」

    マルセイユ「」スッ

    ペリーヌ「あっ」

    マルセイユ「お前じゃねえええええええぇぇぇぇぇ!!」ブォンッ

    ペリーヌ「眼鏡が! わたくしの眼鏡が!」

    芳佳「すごい……! 石みたいに水面を跳ねてる……」


___________________________________________

日付をごらんになるとわかりますが
結構間があきました【管理人】
___________________________________________


116 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 01:29:21.75 ID:xHo2pv2mo




    サーニャ「前回までの、あらすじ……ですか?」



    マルセイユ「とっても可愛い」ニコッ

    ゲルト「何が言いたいんだ、マルセイユ」グググッ

    マルセイユ「一目惚れだって言わせんな恥ずかしい///」

    ゲルト「知ってるさ。お前は姉だろう」

    マルセイユ「知っているのか!?」クワッ



    エーリカ「いやこれセリフは合ってるけども!?」


117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 01:32:45.33 ID:xHo2pv2mo

    ゲルト「ゲルトルート・バルクホルンだ。よろしく」

    ゲルト「そう硬くなるな。まぁ何だ、そんな気負わずに聞いてくれると助かる」

    ゲルト「早速だが……」


    マルセイユ「ハルトマン! 助けてくれ!」グイッ

    エーリカ「えぇ~、またなんか変なこと言ったの?」シブシブ



    ゲルト「最近ハルトマンとマルセイユ、仲良すぎじゃね?」


118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 01:34:40.71 ID:xHo2pv2mo

    ゲルト「よく二人で話してるし……」



    エーリカ「何で私がエイラと話してる時に、さりげなく匂い嗅ぐんだよ!?」

    マルセイユ「エイラたんの髪すげーいい匂いするからつい……。ねぇ、シャンプー何使ってるんだろうね?」

    エーリカ「知るかっ!」


119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 01:36:50.43 ID:xHo2pv2mo

    ゲルト「二人でコソコソ電話してるし……」



    マルセイユ「師匠がさーにゃんについて聞きたがっているが?」

    エーリカ「黙れ変態って伝えて。後さーにゃん言うのやめてね」

    マルセイユ「黙れ変態、だそうだ師匠」

    マルセイユ「……ふむ……あぁ」

    エーリカ「……」

    マルセイユ「……なるほど、了解した。ハルトマン」

    エーリカ「何?」

    マルセイユ「変態じゃない、変態淑女だ! ……とししょu」

    エーリカ「あぁくそっ、殴りてぇこいつ」


120 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 01:39:43.47 ID:xHo2pv2mo
    ゲルト「ふざけ合っちゃってるし……」



    マルセイユ「」ブーン

    エーリカ「」ブーン

    マルセイユ「だだだだだ!」カチャ

    エーリカ「はいはいやられた~」

    マルセイユ「エイラたんのハートにもだだだだだだだ!」キャー

    エーリカ「はいはい全部ハズれた~」

    ミーナ「マルセイユさん、後で私の部屋に来てくれるかしら?」


121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 01:41:42.31 ID:xHo2pv2mo

    ーーー

    ーー

    ー



    エーリカ「ーーそこでハンナがエイラを手伝ったんだ。んー……今日のところはこのくらいかな」

    加東『わざわざすまんな』

    エーリカ「別に。ハンナがどうしても手が離せないらしいから、代わり頼まれただけだし」

    加東『私にツンデレは効かん。蘭姉ちゃんの髪ほどのツンでようやくだ』

    エーリカ「何言ってんだこいつ」


122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 01:44:55.01 ID:xHo2pv2mo

    加東『新弟子はいつデレを見せてくれるのか……』ヤレヤレ

    エーリカ「腹立つからその困ったぜ、みたいな口調やめろ。それで次の指示は?」

    加東『そうだな……そろそろ二人でお出かけイベントだな』

    エーリカ「デート……ってことね」

    加東『店に入ってキャッキャッウフフする訳ですよ。それであっ、これとか似合うんじゃない? うん、いいかも! なら借して、レジ持ってくから。えっ!? そんなの悪いよ! いいのいいの。俺がプレゼントしたいだけだから。……なら、お言葉に甘えちゃおうかな♪ おぅ! どんと任せ「それじゃあ切るね」言い忘れたが新弟子、お前も付いてってマルセイユの援護に回ってくれ』

    エーリカ「はぁ!?」


123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 01:48:12.13 ID:xHo2pv2mo

    加東『その場合……誰かもう1人追加した方がいいか。ダブルデートという名目の方が、些かマルセイユへの負担もマシになる』

    エーリカ「ちょちょっ! 何で私まで!?」

    加東『お前マルセイユ1人に、エイラたん任せられるか? 確実に暴走してしまうだろう』

    エーリカ「ハンナはそこまで変態じゃな……」

    エーリカ「な……」

    エーリカ「……」





    エーリカ「変態かぁ……」ハァ

    加東『私の弟子だからな』フフン


124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 01:50:37.38 ID:xHo2pv2mo

    エーリカ「あー、何だよもう。面倒くさいなぁ……」

    加東『そういうことだ、頼むぞ新弟子』

    エーリカ「新弟子じゃないて何回言えば……。はぁ、憂鬱だ……」

    加東『それと』

    エーリカ「まだなんかあるの?」

    加東『これから先、必ずマルセイユにとって辛い場面が来る』


125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 01:53:54.86 ID:xHo2pv2mo

    エーリカ「……」

    加東『片思いは文字通り一方通行なんだ。自分と相手の気持ちは同じなんてことは絶対ない』

    加東『相手にとって、自分は思ってる以上にどうでもいい存在なんだよ。ましてや、今回エイラたんには、さーにゃんという思い人までいる』

    加東『嬉しそうに思い人のことを話す彼女。キラキラとした目。その嬉しそうな顔にさせているのは、決して自分じゃない』

    加東『そんな辛いことがマルセイユに襲いかかるんだ』


126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 01:56:02.56 ID:xHo2pv2mo

    加東『相手の純粋な気持ちで、マルセイユが傷付いた時」

    加東『あいつの背中を叩いて話を聞いてやってほしい。隣にいて支えてやってほしい』

    加東『これは師匠としてでもあり、アフリカを守る仲間としての頼みだ』

    エーリカ「……」

    加東『お願いだ。どうかあいつの力になってくれないか?』

    エーリカ「……」

    エーリカ「急に真面目になるなよ……。調子、狂うじゃん」ポリポリ


127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 01:59:12.75 ID:xHo2pv2mo

    加東『私だって真剣に話すときはあるさ』

    エーリカ「いつもそれで頼むよホント」

    エーリカ「……」

    エーリカ「いいよ。もしもの時、ハンナのことは任せて」

    加東『すまんな』

    エーリカ「別に。私も巻き込まれた形であるにせよ、ハンナを応援してるし」

    加東『さすが新弟子だ。礼と言ってはなんだが、今度私のオススメを貸そう』

    エーリカ「新弟子言うな、いい加減怒るぞ。お礼って……どうせギャルゲーでしょ? 遠慮しておくよ」

    加東『いや折角だから、厳選のエロg』

    エーリカ「」ガチャン ツーツー


128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:02:19.70 ID:xHo2pv2mo

    エーリカ「……」

    エーリカ「はぁ……」クルッ

    エーリカ(やっぱ師匠と話すと疲れる……)テクテク

    エーリカ(真面目になったと思えば、やっぱ師匠は師匠だったし……)

    エーリカ(今更だけど師匠って一体誰だろう……? 声からして女の人は確実だけど、話し方で私より年上の気が……。ううん、もっと上だったり……)

    ゲルト「……」ソワソワ

    エーリカ「む」バッタリ

    ゲルト「お、おぅ! ハルトマン」


129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:05:17.54 ID:xHo2pv2mo

    エーリカ「こんな所でどうしたの? もしかして通信機あくの待ってた?」

    ゲルト「そうじゃな……いや、その通り……って言うか、ハルトマンの方を待っていたというか……」モゴモゴ

    エーリカ「?」

    ゲルト「実は……これのことなんだが……」スッ

    エーリカ「何これ、ハンナのブロマイド? これがな……あっ」ピーン

    ゲルト「わっ、私じゃないぞ!///」

    エーリカ「ひょっとしてハンナのサイン欲しいの!?」

    ゲルト「私じゃない! 妹が欲しがってるんだ!」


130 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:08:33.32 ID:xHo2pv2mo

    エーリカ「あー、そうなんだ」

    ゲルト「あいつのファンなんだ、クリスは。だからお前からマルセイユに頼んでくれないか?」

    エーリカ「別にいいけど……。まぁトゥルーデからハンナには言い辛いもんね」

    ゲルト「それもあるが……。お前の頼みなら大丈夫だろうしな」

    エーリカ「えっ?」

    ゲルト「いや、忘れてくれ。それじゃあ頼むぞ」タッタッタッ

    エーリカ「……??」


131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:10:48.89 ID:xHo2pv2mo



    マルセイユ「ダメだ」

    エーリカ「えー何でだよ。一枚でいいからさ」

    マルセイユ「サインはしない主義なんだ、私は」

    エーリカ「ちょっとだけ! エイラの手伝ってあげてるじゃん」

    マルセイユ「そのことについては感謝してるが、それとこれとは話が別だ」


132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:13:08.49 ID:xHo2pv2mo

    エーリカ「なんだよもう、いいでしょおー?」

    マルセイユ「大体、あんなシスコン石頭の頼みなぞ誰が聞くか」フンッ

    エーリカ「……おい、トゥルーデをばk」


    コンコン


    エーリカ「……」チッ

    マルセイユ「空いてる」

    エイラ「失礼すr」ガチャ

    マルセイユ(直立不動、敬礼)「」ガタガタッ ビシィッ

    エイラ「!」ビクッ


133 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:15:25.03 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「え、えっと……入ってもいいのカ……?」

    マルセイユ「勿論だ。むしろ住んでくれてもいい」

    エイラ「なら失礼するゾ」パタン テクテク

    エーリカ(住む事についてはスルーなのか……)

    マルセイユ「それで何か用か?」

    エイラ「ええっと、サーニャがサ。マルセイユのファンらしくて、サインが欲しいって……」

    エーリカ「あー残念だったね。ハンナってサインはしない主義だから。私もさっき断られt」


    マルセイユ「任せろ。もう用意してある」




    エーリカ「おいふざけんなよてめぇ」ガシッ



134 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:17:26.63 ID:xHo2pv2mo

    マルセイユ「苦しいぞハルトマン」

    エーリカ「サインはしない主義じゃなかったのかよ!」ヒソヒソ

    マルセイユ「確かにサインはしない主義だが……」ヒソヒソ

    エーリカ「?」

    マルセイユ「エイラたん至上主義でもあるんだ」

    エーリカ「そろそろキレるぞ」グイグイ



    マルセイユ「首を締め上げないでくれハルトマン」



135 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:20:32.84 ID:xHo2pv2mo

    エーリカ「はぁ……もういいやなんか」パッ

    マルセイユ「ふぅ、やっと解放された」

    エーリカ「それと師匠の次のアドバイスだけど、エイラ誘ってダブルデートだって」ヒソヒソ

    マルセイユ「デートイベント……ようやくここまで来たな」シミジミ

    エーリカ「私もついてってサポートするから。だからサインの代わりとか言って、誘ってみ?」

    マルセイユ「ふむ。了解した。今の私に怖いものなど無い」キリッ

    エーリカ「あーはいはい。頑張って」

    マルセイユ「エイラ」クルッ

    エイラ「やっと話し終わったカ。何?」

    マルセイユ「よよよよよよよかったらこ、こっ、こここ今度おおおお茶でもいっしししょにに」ガタガタ



    エーリカ「めちゃくちゃ震えてるじゃねーか!」



136 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:23:22.85 ID:xHo2pv2mo

    ーーー

    ーー

    ー


    芳佳「ということで、ロマーニャの中心街にお買い物に来ました!」

    エーリカ「私、宮藤、ハンナにエイラの4人だよ」

    エイラ「コロッセオ行こうコロッセオ!」

    マルセイユ「そうだな! ロマーニャのコロッセオは他のよりも大きいらしいしな!」

    エーリカ「あいつコロッセオ何か分かってないな」


137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:25:15.48 ID:xHo2pv2mo


    ガヤガヤ ヒソヒソ


    芳佳「なんか視線感じませんか?」

    エーリカ「一応有名人だからね、ハンナは。知らないとしても目立つでしょ? あの容姿なら」

    芳佳「なるほど……すごいですね」

    エイラ「あそこのテーブルに座ってるヤツ、ずっとマルセイユ見てるゾ」


    マルセイユ「よし鉛玉を食らわせてやろう」


    エーリカ「性格こんななのにな」


138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:27:41.83 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「しかしホント見られてるナ」

    マルセイユ「そんな視線には慣れていr……!」ピキーン



    『でも私が見てるのは1人しかいないけどな』サラッ

    『えっ、それって誰ダ……?』

    『勿論君だよ、エイラたん』キラキラー

    『ま、マルセイユ……///』キュン

    『好きだ。エイラたん』

    『私もダゾ!』


    ダキッ




    マルセイユ(これで勝てる!!!!!)グッ


139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:29:17.75 ID:xHo2pv2mo

    マルセイユ「で……」

    マルセイユ「でも、私が見てるのは1人しかいないけどなっ///」


    エイラ「ふーん、あっ、あれがコロッセオダゾ!」スルー


    マルセイユ「うそおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!?!?」


140 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:31:29.14 ID:xHo2pv2mo

    エーリカ「おっとー、買わなきゃいけない物あったの忘れてた」

    エイラ「なら今から……」

    エーリカ「いいよいいよ。すぐ終わるから。ちょっと行ってくるね、ほら宮藤」グイッ

    芳佳「ええっ!? 私もですかぁ?」

    エーリカ「荷物持ちだー。はいしゅっぱーつ」トテトテ

    芳佳「ま、待って下さいハルトマンさん!」タッタッタッ

    マルセイユ「……」


    マルセイユ(すまない、ハルトマン)


141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:33:42.92 ID:xHo2pv2mo

    ゲルト「ミーナ、ハルトマンを見なかったか?」

    ミーナ「彼女なら宮藤さんたちと街の方へ行ったわ」

    ゲルト「そうか。……『たち』と言うのは?」

    ミーナ「エーリカさん、マルセイユさん、宮藤さん、エイラさんよ」

    ゲルト「そ、そうか……」

    ゲルト「……」

    ゲルト(マルセイユ×ハルトマン……エイラ×宮藤……)

    ゲルト「ダブルデートかっ!?」ハッ


142 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:36:58.38 ID:xHo2pv2mo



    ー服屋ー



    芳佳「見て下さい! この服可愛くないですか!?」

    エーリカ「あー悪くないね、うん」

    芳佳「ハルトマンさん、こっちもすごいですよ!」

    エーリカ「……」

    エーリカ「あっ、あっちに新しいブラ……」

    芳佳(クラウチングスタート)「」スッ

    エーリカ「を買いに来たリーネが……」

    芳佳「」ダダッ

    エーリカ「シャーリーもびっくりのスピード」


143 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:39:36.17 ID:xHo2pv2mo

    ーー

    ー


    エーリカ「さて2人はどうなってるのかなっと……」

    エーリカ「おっ、いたいた」コッソリ

    マルセイユ「」ガッチガチ

    エイラ「♪~」マイペース

    マルセイユ「え、え、えっ、エイラッ!」

    エイラ「どうしター?」

    マルセイユ「今からど、どこに行くんだッ!?」

    エイラ「何言ってんダ、誘ったのはそっちダロ?」クスッ

    マルセイユ「だっ……だよな!」アセアセ


144 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:43:03.64 ID:xHo2pv2mo

    マルセイユ(おかしい……)

    マルセイユ(師匠ほどではないとは言え、私も幾多の女の子を落としてきた……)

    マルセイユ(つい先日も『僕の彼女はウイッチです。 ~メモリアルver~』を、全√クリアしたばかりだ……)

    マルセイユ(ビューリングちゃんも、ジェーンちゃんも、アメリーちゃんも、ともこちゃんも、隠しキャラのマロニーちゃんまでもと、ちゅっちゅしたのに)

    マルセイユ(選択肢が出てこない……。画面がないだけなのに)








    エーリカ「とか考えてんだろうなぁ」



145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:45:38.76 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「そうダナ……。美術館でも行くカ?」

    マルセイユ「びじゅつかん?」

    エイラ「んー? マルセイユってけっこう知的で聡明なかんじしたから、芸術の方好きカナーって」

    マルセイユ「い、いや私全然分か……」

    エイラ「私ったらあんま知らないのに、なんか好きでサー」テレッ

    マルセイユ「やっべぇ、美術館ちょー好き。うちのいとこの実家、美術館だし」

    エイラ「そっカ! なら行こうぜー♪」グイグイ


146 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:49:52.24 ID:xHo2pv2mo

    エーリカ「……お、移動し始めた。ハンナのヤツ、やっとどこいくか決めたか」

    エーリカ「さて私も後を追って……」


    ドンッ


    エーリカ「うわっ」ドテ

    DQN1「ったいわー」

    DQN2「ちょwwwお前ぶつかってるしwwwwww」

    DQN3「しかも相手ちっちゃい女の子wwwwwうえっwwwwwwwwwww」

    DQN1「おれロリじゃねーしwwww」

    DQN2「ホントかよwwwてかさっきめっちゃかわいい子見かけたwwwww」

    DQN3「はwwなwwしwwかwwけwwろwwよwwwww」


    ガヤガヤ テクテクテク


    エーリカ「行っちゃった。……ちぇっ、かんじ悪。ってかハンナたち追わないと……」タッ


147 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:52:18.41 ID:xHo2pv2mo



    ー美術館ー



    エイラ「静かにナ」

    マルセイユ「分かった」

    マルセイユ(絵画か……。私にはサッパリだが、ここで上手く知ったかぶっていい印象を……)

    エイラ「これすごいよナ。『黒の微笑』ってタイトルだって」

    マルセイユ(どこかに作品の解説がないか……)キョロキョロ


    ヒラリ


    マルセイユ(紙……?)パシッ

    マルセイユ(こ、これは各作品の批評や考察のメモ!? しめた!)


149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:54:34.10 ID:xHo2pv2mo




    ドッサリ(パンフの山)


    エーリカ「私涙ぐましいよなぁ……」フゥ



150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:57:07.60 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「これどういう絵なんだろうナ」

    マルセイユ「この絵は作者が人間の裏側に潜む、暴力的一面を幻想的に描いたものでな。ほら、こことここのコントラストが……」スラスラ

    エイラ「マルセイユ、お前詳しいんダナ」ビックリ

    マルセイユ「まっ、昔少しかじった程度さ」

    エイラ「そうなのカ。おっ、こっち見ロヨ! 変な絵ダナ。何描いてあるか分からないゾー」

    マルセイユ「うーん、これは……概念の絵だな。これには解釈の仕方が3つあって……(今の私、すごい賢いよなぁ。いいとこ見せれてるし……よしっ!)」ペラペラ

    エイラ「……ふぅん」


151 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 02:59:23.01 ID:xHo2pv2mo

    ーー

    ー


    ー外ー



    エイラ「うぅん……うーん。あんな場所にいると肩がこるよナ」ノビノビ

    マルセイユ「ちゃんとした所だからな。でもいい作品をたくさん見れて、私はよかったが」ドヤァ

    エイラ「あー、そうかもナー」テクテク

    エイラ「……」

    エイラ「……」

    マルセイユ「?」テクテク

    エイラ「なぁ」

    マルセイユ「うん?」

    エイラ「ここ、入ってみないカ?」


152 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 03:02:06.62 ID:xHo2pv2mo



    ーガラス細工のお店ー



    マルセイユ「こ、ここは……」

    エイラ「へぇ……けっこう種類あるんダナ」

    マルセイユ(が、ガラス細工にも興味が!? ヤバい、今回はメモがないぞ!)ドキッ

    エイラ「マルセイユー」

    マルセイユ「!」ドキイィッ

    マルセイユ「ななななんだっ!?」

    エイラ「これの製作者誰?」


153 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 03:04:11.62 ID:xHo2pv2mo

    マルセイユ「……」

    マルセイユ「あー……」

    エイラ「……」

    マルセイユ「ちょ……っと、分からない……かなぁ……」ポツリ

    エイラ「……」

    マルセイユ「……」アセダラダラ

    エイラ「……そっカ。ならこっちのは?」

    マルセイユ「……こっちも生憎……」シドロモドロ

    エイラ「んじゃこれは?」

    マルセイユ「残念だけど……」ボソリ

    エイラ「この向こうのは?」

    マルセイユ「ま、まった……く……」


154 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 03:05:48.96 ID:xHo2pv2mo

    マルセイユ「……」ドキドキ

    エイラ「……」

    マルセイユ「……」オロオロ

    エイラ「なら」

    マルセイユ「!」ビクッ

    エイラ「これ、マルセイユはどう思う?」スッ

    マルセイユ「えっ……」

    マルセイユ(これは……ガラスのコップ?)


155 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 03:08:30.41 ID:xHo2pv2mo

    マルセイユ(コップ……だよな? うん、どこからどう見ても藍色のガラスのコップだ。これどう思うかだって? ということは、何かすごい技法とかが使われているんだよな……。えっ、どこだよ!? 全くわかんねぇ!)

    マルセイユ(くそっ! メモさえあれば、スラスラと教えれるのに……! こうなったら私の感性に頼るしか……)ジッ

    マルセイユ「うん?」

    マルセイユ(この中の粒々は……空気か? ガラスの中に入ってるじゃないか。しかもこんなにたくさん。……! そうか! これって……)






    マルセイユ「……失敗作?」

160 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 09:39:54.85 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「」アングリ

    マルセイユ「……」

    エイラ「……」

    エイラ「ぷっ」クスッ

    マルセイユ「!」


    エイラ「わーっはっはっはっ! し、しっし……失敗作とかっ! マジかよ!」ゲラゲラ


    マルセイユ(ドジったあああああああああ!!)



    エイラ「はーっ! はーっ……やべ、一旦……外出ヨっ」ガクガク


161 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 09:42:41.35 ID:xHo2pv2mo



    ー路上ー



    エイラ「はは……あー、すごい笑ったゾ」クッタリ

    マルセイユ「……」ドヨーン

    エイラ「あれナ、あの空気の泡のヤツ。一種の技法なんダヨ」

    マルセイユ「あぁ……そうなのか」

    エイラ「それを失敗作とか……ぷっ、思い出し笑いが……」クスクス

    マルセイユ(知的な私のイメージが音をたてて崩れていく……)グスッ

    エイラ「でも」

    エイラ「やっと、マルセイユの言葉が聞けてよかったんダナ」


162 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 09:47:51.09 ID:xHo2pv2mo

    マルセイユ「えっ?」

    エイラ「作品とか作者に関する知識があるからこそ、美術鑑賞もより面白くなるってのはあるケド」

    エイラ「でもそれだと、この作品はこういう解釈で、こんな意図が込められててーって勝手に決められて……」サッ

    マルセイユ「あっ」

    エイラ「まるで教科書をなぞってるだけじゃないカ?」ペラリ

    マルセイユ(……バレてたのか)


163 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 09:51:04.00 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「私もマルセイユも美術はまったくダロ? 少なくとも私たち同士、変に背伸びする必要ないゾ」

    エイラ「無知は無知なりに、感じたこと素直に言って、知識は後から学んでくってのもいいじゃないカ」

    エイラ「だから、やっと『マルセイユ』本人の言葉が聞けて……私は嬉しいゾ」ニコッ

    マルセイユ(エイラたん……)

    エイラ「あーあ、カンニングしたなんて、私はショックダゾー」ヒラヒラ

    マルセイユ「うっ」グサリ


164 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 09:57:38.89 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「悲しいナー、騙されたヨー」ヒラヒラ

    マルセイユ「わ、悪かった……」ションボリ

    エイラ「ちょっと喉が渇いたナ」

    マルセイユ「えっ?」

    エイラ「喉が渇いたんダゾ」

    マルセイユ「えっ……あっ! なら私g」ダッ

    エイラ「水分補給したら」

    マルセイユ「」ピタッ

    エイラ「また……私をエスコートするんダゾ?」ニカッ

    マルセイユ「ッ!///」ドキッ


    マルセイユ「あぁ……任せろっ!」


165 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 10:05:04.04 ID:xHo2pv2mo



    コチラエスプレッソニナリマスー


    マルセイユ(私の言葉、か)


    アリガトウゴザイマシター


    マルセイユ(その通りだな。エイラたんに良いとこ見せようとして、私らしくもなかったな……)ボォー

    マルセイユ(エスコート……頼まれた。エイラたん、ずるいよな……)

    マルセイユ「あんな顔されたら、嫌でも頑張りたくなるじゃん……」ニヘラッ


166 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 10:08:39.80 ID:xHo2pv2mo

    マルセイユ(これからは、素の私だ! 裏も表もない、本当の私)

    マルセイユ(……それなら、エイラたんって呼んだ方がいいかな? 流石に引かれるか……いやでも、さりげなく呼んでいけば、何時の間にか定着するんじゃ……!? あぁ! 今はそれよりも……)

    マルセイユ「早く戻ろう……うん、そうしよう」タッ

    マルセイユ「おっと、こぼさないように……」ソォーット


    タッタッタッ


    マルセイユ(……なんか)

    マルセイユ(無性にエイラたんに会いたいな)タッタッタッ


168 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 10:23:27.59 ID:xHo2pv2mo



    エーリカ(双眼鏡)「……」ジーッ

    エーリカ「ったく、私は余計なことしちゃったみたいだな……」フゥ

    エーリカ「今からは手を出さないでおこう。うん、だからハンナが走って行った方向が真逆でも、私は止めないよ」コクコク

    エーリカ「あいつが戻ってくるまで、エイラでも観察しとこーっと……」スチャッ

    エーリカ(双眼鏡)「……ん?」ジーッ

    エーリカ「……あれって」


169 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 10:29:47.56 ID:xHo2pv2mo



    エイラ「だから行かないって言ってるダロ」

    DQN2「そんなこと言わないでさー、ねぇ? 俺たちとロマーニャ観光しようぜ? いいとこ知ってるし」

    DQN1「そうそうww君暇そうじゃーんwwww」

    DQN3「ちょwwww気を付けて、そいつロリコンだからwwwwwwww」

    DQN1「だからちげーしwwwwwwww俺テラ紳士だからwwwwwwwwwwww」

    エイラ「悪いケド、連れがいるんダヨ。いいから構わないでくれ」


170 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 10:34:45.94 ID:xHo2pv2mo

    DQN3「と言いながら一人ぼっちwwwwww」

    DQN1「こんな所に1人は危ないって。俺らといた方が安全だからww」グイッ

    エイラ「いや大丈夫だから……(こいつら、しつこいゾ……)」パシッ

    DQN2「心配してあげてるんだって。だからほら、ひとまずどこかに行こうか? ねっ?」グイッ

    エイラ「お前らいい加減に……」ギロッ

    DQN1「はいそこまで」


    ゴリッ


    エイラ「!?」

    エイラ(この感触……銃口カ……!?)


171 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 10:37:32.93 ID:xHo2pv2mo

    DQN1「そうそう、大人しくして欲しいだけなんだよねー。こっちは」

    DQN2「ぎゃはっwwwwwwww何されてるか、分かってるよねーwwwwwwヘタしたら穴空いちゃうよwwwwwwwwwwww」

    エイラ「ッ! ……この……ぶざけんナ……!」キッ

    DQN1「そんな睨まないでよ。怖い怖いwwww」

    DQN2「可愛い顔が台無しですよー」ガシッ

    エイラ「……くっ!」ジタバタ

    DQN1「はーい、王子様とのキスシーンですー」スッ


172 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 10:39:53.53 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「!」ビクッ

    DQN1「……」ススー

    エイラ「!!」ジタバタ







    「そこまでだ!」



173 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 10:46:47.64 ID:xHo2pv2mo

    DQN1「あぁ?」

    DQN2「はっ?」

    エーリカ「その子から手を離せ!」

    DQN1・2「……」







    DQN1・2「ぎゃはははwwwwwwwwwwwww」


174 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 10:51:01.57 ID:xHo2pv2mo

    DQN2「何? 子供警察!? まじウケるんですけどwwwwwwwwww」

    DQN1「手を離せwwwwwwwwかっこよすぎwwwwwwwwwwww」

    エイラ「ハルトマン中尉! こいつら……!」

    DQN1「ちょーっと黙ってましょうねー」ガシッ

    エイラ「! ……ーー!ー!!」モゴモゴ


175 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 10:57:01.98 ID:xHo2pv2mo

    エーリカ「……」

    DQN2「もしもしwwwwwwお嬢ちゃん迷子かな?wwwwwwwwwwww」

    エーリカ「」ピョコッ

    エーリカ「ふんっ!」ドスッ

    DQN2「ぐぼおぉっ!?」パタリ

    DQN1「wwwwwwwwwwww……wwww……ww……」







    DQN1「えっ?」


176 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage saga]:2011/08/07(日) 11:03:10.69 ID:xHo2pv2mo

    エーリカ「……」

    DQN1「おっ……お前ウィッチか!?」

    エーリカ「そうだけど?」ユラリ

    DQN1「っち! ううう、動くなぁ! こいつどうなっても……」

    エイラ「ーー! ーー!」トントーン

    エーリカ(正直魔法が使える今の私なら、相手の気を一瞬反らせればエイラを助けることが出来る……。2人の動きに注意して……)ジッ

    DQN1「ーーだからなぁ! その場から一本でも動いたら、撃つからなぁ!!」プルプル

    エイラ「 ーー!」トントン

    エーリカ「?」


177 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage saga]:2011/08/07(日) 11:14:52.85 ID:xHo2pv2mo

    エーリカ(エイラは何で足踏みを……?)

    エーリカ(この間隔……ひょっとしてモールス信号か!?)

    エイラ「ーーー! ーー!」トントーン

    エーリカ(『さ』、『ん』……『に』……『ん』……)

    DQN3「どういうことだよ、これ」ブンッ


    エーリカ「!?」バッ


    ガツッ!


    DQN3「うっわー、レンガおっもー」ボロボロ

    エーリカ(『い』……『る』……)バタッ


178 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 11:25:50.40 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「ーー! ……ッ! ……トマン中尉! ハルトマン中尉!!」

    DQN3「おいおい。2がノビちゃってんじゃん。どうする?」

    DQN1「ほっとけ、ちょっとしたら起きる」

    DQN3「りょーかい。いやー、でも見張りしといてよかったわー」ブンッ


    ゴシャァ!



    エーリカ「」ピクピク

    DQN1「おいこ○すねなよ、後でそいつにもヤルんだから」

    エイラ「あ……あ……」

    DQN3「うえっ……お前まじロリコンだったの? こんなちっちゃい子にヤるとか、マジ鬼畜」


180 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage saga]:2011/08/07(日) 11:31:01.39 ID:xHo2pv2mo

    DQN1「うっさい黙れ。はいお待たせしましたねー、気を取り直して王子様とのキスですよー」スッ

    エイラ「ーー!」バタバタ

    DQN1「動くな、殺すぞ」ガシィッ

    エイラ「!」

    DQN1「」ススー

    エイラ(嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ嫌ダ……!)

    エイラ「……たす……けて……」ポツッ






    「それ以上エイラに触るなクソ野郎」





181 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 11:35:19.16 ID:xHo2pv2mo

    DQN1「はっ、また?」

    DQN3「おいこの子めっちゃ好みなんすけど」

    マルセイユ「……」


    エイラ「ーー!」グスッ


    エーリカ「」グッタリ



    マルセイユ「……」ギリッ



    DQN3「ねぇー、わざわざ捕まりに来たとか、実はそういう好きなかんじなのかな?」ニヤニヤ

    マルセイユ「」スッ カチャ

    DQN3「は」


    ズガンッ!


    DQN3「うわああああああああああああああ!!」バタリ


182 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 11:41:37.80 ID:xHo2pv2mo

    DQN1「お、お前ぶっ放すなんて……」アングリ

    エイラ「……」

    DQN3「ひぎゃああああ……あっ……あっああ! 足ぃ、足があっ!」バタバタ

    マルセイユ「生憎今私はすごく腹が立っていてな」テクテク

    DQN1「くっ、来るなぁ! それ以上近づくと引き金を引くからな!」グイッ

    マルセイユ「」ピタッ

    DQN1「そうだ……そっ、そのまま銃をこっちに……」

    マルセイユ「安心しろ」カチャ

    DQN1「はっ?」


    ズガンッ!


    DQN1「ひいいいぃぃぃぃああああああああ耳! みみみみぃ耳がああああ!!」ジタバタ

    マルセイユ「外す気がしないんだ」


183 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 11:49:38.57 ID:xHo2pv2mo
    DQN1「ひいいぃぃ!!」ダダッ


    ズガンッ! ズガンッ!


    DQN1「あああっ!」ビスビス バタンッ

    DQN1「いてぇ! いてぇよぉ……!!」

    エイラ「マルセイユ!」ダダッ

    マルセイユ「大丈夫だったか!?」ギュッ

    エイラ「……」プルプル

    マルセイユ「……怖かったな」ナテナデ

    エイラ「……は、ハルトマン中尉が!」ハッ

    マルセイユ「そうだ! ハルトマン、しっかりしろ!」


184 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 11:55:47.54 ID:xHo2pv2mo

    エーリカ「う……あ、なん……とか……」ドロドロ

    マルセイユ「こんなに血が出てるじゃないか!?」

    エイラ「宮藤がいたら……!」

    エーリカ「それなら……大丈夫」

    エイラ「何言ってんダヨ! どこにいるかも分からn」

    エーリカ「……おっp」

    芳佳「呼びました!?」シュタッ

    エイラ「嘘ダロ!?」


185 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 11:57:46.24 ID:xHo2pv2mo

    ーーー

    ーー

    ー

    ー基地ー



    医師「それでは数日間の間、安静にして下さい。幸い、すぐに治癒魔法による応急処置があったので、本来よりもずっと軽くなりました。治癒魔法が強力だったのもありますけど」

    ミーナ「そうですか、ありがとうございました」

    医師「では」スタスタスタ


    ガチャ パタン


    エイラ「……」

    マルセイユ「ハルトマン、痛むか?」

    エーリカ「当たり前でしょ、血が出たんだし」クスッ


186 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage saga]:2011/08/07(日) 11:59:42.70 ID:xHo2pv2mo

    マルセイユ「すまなかった。もっと早く駆け付けていれば……」グッ

    エーリカ「いや私が油断したからさ……」

    エイラ「私が」

    マルセイユ「……」

    エイラ「始めから私が捕まらないでいれば……こんなことには……」

    ミーナ「いいえ。あの三人組は最近多発していた連続強姦致傷罪の張本人たちよ。犯行は姑息で陰湿、偶然1人で居合わせた女性ばかりを狙って、拳銃で脅し人目のつかない場所まで拉致。その際見張りを必ずつけるほどの周到性。そして人が来る前に素早く撤収する」

    ミーナ「正直、やっかないな相手だったのよ。だからエイラさんが気に病むことはないわ」

    エイラ「……うん、分かったゾ」


187 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 12:02:48.42 ID:xHo2pv2mo


    バタンッ


    ゲルト「ハルトマン!? ハルトマンは無事か!?」ダダッ

    エーリカ「トゥルーd」
    ゲルト「はあああああああああるとまあああああああああんんんん!!」ダキィッ

    エーリカ「ぐはっ!? ……ちょ、トゥルーデ私、怪我人……」

    ゲルト「心配したんだぞおおおおおおお」ギュウウウゥゥ

    エーリカ「くっ! るしいっ! ……あ、やば……意識が……。あれこれ、前もあったような……なんか……デジャヴ……」フラフラ

    ゲルト「はっ! そうだ、マルセイユ!」


188 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 12:05:03.57 ID:xHo2pv2mo

    マルセイユ「!」ビクッ

    ゲルト「お前……」ブンッ

    マルセイユ「わ、わっ!? 私がついていながら、守れなくてすまなかった! だから殴るn」ガード


    ガシィッ


    マルセイユ「……へっ?」

    ゲルト「その、なんだ。あー……ハルトマンとエイラ……私の仲間を守ってくれて、あ、ありがとう……///」ギュッ

    マルセイユ「ま……まぁ、かまわない、さ……」ポカン

    エーリカ(2人が握手とか……レアだな)



193 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 13:23:21.03 ID:xHo2pv2mo

    ーー

    ー


    ー浜辺ー



    ザバーン…… ザバーン……


    エイラ「……」ボォー

    エイラ「……」

    エイラ「……」


    「こんな所にいたのか」


    エイラ「」クルッ

    マルセイユ「すぐに暗くなるぞ」

    エイラ「……ん」ボォー

    マルセイユ「……」

    マルセイユ「隣、座るな」ストン


194 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 13:26:35.90 ID:xHo2pv2mo

    マルセイユ「……」

    エイラ「……」

    マルセイユ「……」

    マルセイユ(うっわ、なんかふざけ辛い!!)

    マルセイユ(どうしよう……最近真面目な私が多かったから、久しぶりにはっちゃけようと思ってたのに……!)

    マルセイユ(まさかのエイラたん、シリアスモード!? 掛ける言葉が無さすぎる!! 殴りてぇ……。シールド張って海面滑ろうぜ! っていう誘い文句考えてた自分を殴りてぇ!)

    エイラ「……あのナ」

    マルセイユ「はっ、はいぃっ!?」ビクッ


195 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 13:28:39.69 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「」ビクッ

    マルセイユ(声裏返ったああああ!!!! 予想外の反応にエイラたんも、ビックリしちゃったじゃん!)

    マルセイユ(とっ、とりあえず私もシリアスモードに切り替えないと……!)バタバタ

    マルセイユ(低音ボイス)「どぅっ、どぅーした。エイラ?」

    エイラ「……あ、あぁ。えっと(doした?)」

    エイラ「私には……サ。実はずっと……s」


    ヒック


    エイラ「」ピタッ


196 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 13:34:24.59 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「」チラッ

    マルセイユ「……」アセダラダラ

    エイラ「……」

    マルセイユ「……ヒック」

    エイラ「……」

    マルセイユ「……」アセダバダバ



    エイラ「……息を止めると治るらしいゾ、しゃっくり」

    マルセイユ「うわあああああああんんん!!///」ダダダダッ ジャバーン



    エイラ「おいっ! 海に帰るナー! 」


197 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 13:38:41.10 ID:xHo2pv2mo

    ーー

    ー


    マルセイユ「……寒い」ガタガタ

    エイラ「何してんダヨ……。とりあえず私の着とけ」バサッ

    マルセイユ(ん、エイラたんの匂い……。変な言い方だけど、なんか……すごいかわいい匂いだ)スンスン

    エイラ「基地に帰って風呂入ろうぜ。そのままだと風邪引くゾ」

    マルセイユ「お、おぅ」

    エイラ「……」

    マルセイユ「……」

    エイラ「……すごい気が楽になったヨ」 クスッ


198 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 13:40:50.29 ID:xHo2pv2mo

    マルセイユ「?」

    エイラ「いろいろ考えててごちゃごちゃになってたケド、マルセイユ見たらどうでもよくなったゾ」

    マルセイユ「??」

    マルセイユ「ふぅん……よかった? な」

    エイラ「うん、よかっタ」

    エイラ「……よかったヨ」テクテク

    マルセイユ「……」テクテク

    マルセイユ「……」

    マルセイユ「……エイr」

    エイラ「好きなヤツが、いるんダ」

    マルセイユ「!」ドキッ


199 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 13:43:22.28 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「まぁぶっちゃけると、そいつって……サーニャなんダ。知らなかったと思うケド」テレッ

    マルセイユ「……そ、そう……か」

    エイラ「ずっと好きだったんダナ。サーニャの隣に座って、いっしょに過ごして、ずっと……ずっといっしょにいるうちに、好きになっちゃってて」

    マルセイユ「……」

    エイラ「でもそんなこと言えなくてナ。恥ずかしいじゃないカ///」

    エイラ「サーニャをちゃんと守れるようになったら言おう、なんて理由付けて逃げてたんダヨ」








    エイラ「そんな時……マルセイユ、お前と出会っタ」


200 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 13:45:20.79 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「かっこ良くて、飛ぶのも上手くて、頭も回るし、すごくクールだっタ」

    マルセイユ(やめてくれ、私はそんな……そんな人間じゃない)

    エイラ「勿論話してみるとユーモアもあって、人を惹きつける魅力があって……私もその1人カナ」

    マルセイユ「……」

    エイラ「けれど……今日のことでマルセイユが……」

    エイラ「まるで……王子様のように見えてナ///」

    マルセイユ「……エイラ」


201 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 13:47:49.46 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「私は……こんな風にサーニャを守りたかったって、気付かされて」

    エイラ「なりたかった人が、そこにいたんダ」

    マルセイユ「……」

    エイラ「っとと、なんか変なことベラベラ話しちゃったナ。悪い、今のは忘れてくr」

    マルセイユ「……なれる」

    エイラ「えっ?」

    マルセイユ「なれる……なれる! そうだよ、エイラ! お前はなれるんだよ!」ガシッ

    エイラ「おい、ちょっ……どうしたんダヨ?」


202 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 13:49:49.26 ID:xHo2pv2mo

    マルセイユ「エイラだってなれるよ! 王子様! 何勝手に諦めてるんだよ!!」

    エイラ「ま、マルセイユ落ち着けヨ……」

    マルセイユ「守りたい人がいるんだろ!? 好きだって言いたい人がいるんだろ!? やる前から出来ねぇとか言ってんじゃねぇよ!!」

    エイラ「……お前」

    マルセイユ「私が」

    エイラ「……」





    マルセイユ「私がエイラに勇気あげるから、ちゃんとサーニャさんに気持ち、伝えろ」


203 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 13:51:43.12 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「そんな……急に……」オロオロ

    マルセイユ「本来、ネウロイを2人で撃墜するはずだったが、ハルトマンは怪我で動けない。だから……わたしが1人で倒す」

    マルセイユ「倒せたら、エイラはサーニャさんに告白しろ」

    エイラ「無茶ダロ……そんなこと……」

    マルセイユ「出来る、やってみせるさ。約束だ。だから……エイラも約束してくれ」

    エイラ「マルセイユ……」

    マルセイユ「……」

    エイラ「……」

    エイラ「分かっタ、約束する」


204 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 14:06:25.38 ID:xHo2pv2mo

    マルセイユ「うん……よし」パシッ

    エイラ「うー、やるって言ったケド……今から緊張してきたゾ」アセアセ

    マルセイユ「早すぎるな」クスッ

    エイラ「ホントに1人で大丈夫カ? バルクホルン大尉に付いて行ってもらった方が……」

    マルセイユ「大丈夫。私は一人で大丈夫さ」

    エイラ「ホントダナ? 本当に大丈夫なんダナ?」

    マルセイユ「くどいぞ。アフリカの星を見くびっては困る」

    エイラ「ならいいケド……」

    エイラ「お前が傷付くのは……絶対嫌だかんナ」シュン


205 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 14:14:15.74 ID:xHo2pv2mo



    マルセイユ「もうここでいい」ピタッ

    エイラ「どうしタ?」

    マルセイユ「ちょっと寄る所があるんだ。服、ありがとう」パサァ

    エイラ「別にいいケド、早く風呂入るんダゾ? 風邪引いたら怒るからナ?」

    マルセイユ「分かってるって。ではおやすみ」

    エイラ「うん、おやすみ」


    タッタッタッ


    マルセイユ「……」ボォー


206 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 14:22:09.34 ID:xHo2pv2mo

    マルセイユ「……」

    マルセイユ「……」

    マルセイユ「」パッ

    マルセイユ(今夜は月が綺麗だな……)

    マルセイユ「……」

    マルセイユ「……エイラたん」ポツリ

    マルセイユ「……」ウルッ

    マルセイユ「……うっ、はは、何だこれ」グスッ


207 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 14:24:43.49 ID:xHo2pv2mo

    マルセイユ「エイラたん……エイラたん……っ!」ポロポロ

    マルセイユ「エイラたっ……うっ」グズグズ

    マルセイユ「うわああああああああんんん」ボロボロ

    マルセイユ「ああああああああ……ぐずっ、ずずっ……ぁぁあああ」ボロボロ





    『エイラ・イルマタル・ユーティライネン。階級は中尉』

    『すごいナ、固有魔法もいっしょなのカ』

    『少なくとも私たち同士、変に背伸びする必要ないゾ』

    『かっこ良くて、飛ぶのも上手くて、頭も回るし、すごくクールだっタ』

    『まるで……王子様のように見えてナ///』






    マルセイユ「ああ……がっ、う、ぐずっ……エイラたん……」ガクリ


208 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 14:28:26.71 ID:xHo2pv2mo





    「これで、拭けよ」


    パサッ


    マルセイユ「……?」グズッ

    エーリカ「ほら使えって」

    マルセイユ「ハルトマン……お前……」ウルッ

    エーリカ「あーあー、こんなにぐじゃぐしゃにして。……ちょっ、服もびっちょびちょじゃん」

    マルセイユ「……すまん」

    エーリカ「勘違いしないでね。私は師匠に頼まれただけだから。分かったら、さっさと元気出す」


209 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 14:35:09.76 ID:xHo2pv2mo

    マルセイユ「……おぅ」グスッ

    エーリカ「あーもー、泣くなよ…ったく」スッ


    ナデナデ


    マルセイユ「……何をしている」

    エーリカ「うっさい、気にすんな。これしたら落ち着くって、頭の堅い人が言ってたんだよ」プイッ

    マルセイユ「……」

    マルセイユ「……そうか」クスッ


210 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 14:38:23.82 ID:xHo2pv2mo

    ーーーー

    ーーー

    ーー

    ー


    坂本「もう行くのか?」

    マルセイユ「あぁ。任務は完了したし、急いでいてな。……っと、そうだ、ハルトマン」

    エーリカ「何?」

    マルセイユ「これをバルクホルンに渡しておいてくれ」スッ

    エーリカ「……これって、ハンナのサインじゃん!」

    ミーナ「ふふ、自分で渡せばいいのに」

    マルセイユ「言ったろ? 私は忙しいんだ」ニッ



    エーリカ(あの日の翌日、ハンナはネウロイを単独撃墜する快挙を成し遂げ)

    エーリカ(私たちの興奮も冷めやらぬうちに501を後にしたーー)


211 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 14:41:23.77 ID:xHo2pv2mo



    ー機内ー



    マルセイユ(さらば……501)

    マルセイユ(なぁ師匠……TRUE ENDは絶対に女の子と結ばれる、ってのは必要ないとか言ったら笑うよな?)

    マルセイユ(今の私を見て、師匠はBAD ENDだって言うと思う。でも……)

    マルセイユ(私は自分じゃなくて、ヒロインの子が幸せになるのが、本当のTRUEだと思うんだ)

    マルセイユ「このエンディングで、私は満足だ」ポツリ



    マルセイユ「……」

    マルセイユ「……!」ピーン


212 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 14:46:53.32 ID:xHo2pv2mo

    マルセイユ「おいおい……嘘だろ?」

    マルセイユ「操縦士!」

    操縦士「はっ」

    マルセイユ「ドアを開けろ!」

    操縦士「へっ? あ、い……いや、しかし!」

    マルセイユ「いいから! それともドアをぶっ壊されたいのか!?」


    操縦士「りっ、了解しました!」


    ガチャ ビュオオオォォォォォ



213 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 14:48:59.35 ID:xHo2pv2mo

    ブーン


    マルセイユ「……」

    操縦士「……?」


    ブーン


    マルセイユ「来るぞ」

    操縦士「??」


    ブーン ブーン


    ヒュッ


    操縦士「わわっ! 何だ!? 外から入って来た!?」

    マルセイユ「まさかとは思ったが……やっぱりか。どうしたんだ、エイラ?」


214 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 14:50:58.57 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「何時の間にか出発して……なんで何も言わずに行っちゃうんダヨ!?」ストライカーヌギヌギ

    マルセイユ「追いかけられることになるとは、考えてなかったな」クスッ

    エイラ「マルセイユには言っとかなきゃと思って」

    マルセイユ「告白のことか。上手くいったんだろ? わざわざ言う必要は……」

    エイラ「ううん」

    マルセイユ「えっ」

    エイラ「告白、振られたんダ」ヘラッ



    マルセイユ「ええええええええええええええええ!?」


215 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 14:53:12.26 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「ショックだったケド、もう大丈夫ダゾ? あっ、そりゃちょっとは泣いたケド……ちょっとダゾ? ちょっと!」

    マルセイユ「……」ボォー

    エイラ「だから勇気をくれたマルセイユに、しっかりとありがとうって伝えたくて……」

    マルセイユ「……」

    エイラ「マルセイユ?」

    マルセイユ「あ、え……ごめん」


216 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 14:56:19.61 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「どうしてお前が謝るんダヨ? むしろ私が謝るべk」

    マルセイユ「違う、そうじゃないんだ」

    エイラ「……?」

    マルセイユ「エイラが振られたのを……喜んじゃった自分がいたから」

    エイラ「どういうこと……」

    マルセイユ「……」グッ



    マルセイユ「エイラが、好きだ///」


217 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage saga]:2011/08/07(日) 14:58:00.20 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「えっ……」

    マルセイユ「……!///」

    エイラ「……」

    エイラ「ーー!///」カアァァ

    エイラ「なななな何言って……へっ、えっ……///」アワアワ

    マルセイユ「本当だ。好きなんだ、エイラのことが///」キッパリ

    エイラ「あ、う……あうあぅ……///」パクパク

    エイラ「ほ、ホントなのカ?」

    マルセイユ「あ、あぁ///」コクリ


    操縦士「本当ですか?」



    マルセイユ「うっさい前向いてろ殺すぞ」


218 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage saga]:2011/08/07(日) 15:03:12.37 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「そんナ……私サーニャが好きで……」オロオロ

    マルセイユ「知ってる。だから言えなかった」

    エイラ「なら!」

    マルセイユ「エイラの言葉聞いて我慢出来なくなった。すまない、一回諦めたのに、未練がましく……」

    マルセイユ「でもやっばどうしても好きなんだ!」

    エイラ「……」


    操縦士「一回諦めたのにねぇ~」



    マルセイユ「お前殺されたいんだな?」



219 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 15:05:12.23 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「その」

    エイラ「ごめん……。マルセイユの気持ちには……応えられない」

    エイラ「振られたケド……私はまだ、サーニャのことを……」

    マルセイユ「分かっている。忘れられないんだろ? すまない、混乱させてしまって……」

    エイラ「いやっ! わたしの方こそ……なんか、ごめん」

    マルセイユ「……」

    エイラ「……」


    操縦士「大尉、後でなんか奢りますぜ?」



    マルセイユ「はーい狙ってるよー。今銃口お前に向いてるからなー」カチャ



220 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 15:07:04.06 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「でも……」

    マルセイユ「……」

    エイラ「少し……嬉しかったんダナ///」ポツリ

    マルセイユ「!」

    エイラ「あっ、ち! 違うゾ! その……マルセイユはいいヤツだし、だから好きとか言われて……あー! もう、そんな深い意味ないからナ!///」

    マルセイユ「わわ、分かっている!///」ドキドキ


    操縦士「ラブコメ自重」



    マルセイユ「おっとすまんすまん。弾が出ないと思ったら、セーフティーがかかっていた様だ」



221 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 15:09:49.96 ID:xHo2pv2mo

    エイラ「な、なら私は戻るゾ……」

    マルセイユ「あぁ。ま……また、な」

    エイラ「……」ギスギス

    マルセイユ「……」ギスギス

    エイラ「な、なぁ」

    マルセイユ「おおおう!!」アセアセ

    エイラ「……振られて弱ってるとこを狙うと、相手は落ちやすい、ってよく、言うよナ」ポツリ

    マルセイユ「へっ? ……それってどういう……」

    エイラ「じっ、じゃあまたナ!///」バッ


    ブーン


    マルセイユ「……」



    マルセイユ(師匠。……どうやらTRUE ENDは、まだまだ先のような気がします)


    fin.


222 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(岩手県) [sage]:2011/08/07(日) 15:12:58.45 ID:oCjcnW/Bo

    おつ!
    まさかこんなに感動できるとは思わなかった!

223 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 15:13:42.89 ID:xHo2pv2mo
    あー、終わったぁー


    最後駆け足になった感が否めない。もっとマルセイユを変態に書きたかった、もっとエイラを乙女成分多めに書きたかった、気付けばマルセーリカっぽくなっていたー


    続き? 無いよ。あっ、後日談とか思い付いたら書くかもしんないけど、思い付いたらね。とりあえず寝ますー

224 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2011/08/07(日) 15:16:13.04 ID:H9YnDkKjo
    乙でした~
    操縦士自重w
    自分のとこでもマルセイユ出すかな…
225 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/07(日) 15:19:24.08 ID:xHo2pv2mo
    >>222
    リアルタイムにお付き合いして下さりありがとうございます。そう言ってもらえたら、書いたかいがありました。

    >>224
    こちらもリアルタイムありがとうございます。更新頑張って下さい。マルセイユは書いてて楽しかったし、エーリカは使いやすかったです。


    では、お休みなさい

228 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [sage]:2011/08/07(日) 21:17:11.20 ID:WoYUpU3No

    乙です

231 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/08(月) 21:37:36.60 ID:tu3uirT2o
 
    後日談出来ちゃったよ。投下します。あ、念のためですけど、人物崩壊ですからね

232 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/08(月) 21:41:27.61 ID:tu3uirT2o

    エイラ「中佐ー」トコトコ

    ミーナ「どうしたの? エイラさん」

    エイラ「手紙出したいんだケド……」スッ

    ミーナ「分かりました。預かっておくわね」ニコッ

    エイラ「必ず出してくれヨ?」

    ミーナ「分かってますって」クスッ

    エイラ「必ずダゾー」テクテク

    ミーナ「」ヒラヒラ

    ミーナ「……」


233 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage saga]:2011/08/08(月) 21:47:05.56 ID:tu3uirT2o

    ミーナ「生きてて良かったわねぇ、エイラさん……」シミジミ

    坂本「そうだな。元気そうでなによりだ」ウンウン

    ミーナ「サーニャさんに振られた時は、自殺するんじゃないかって心配したものね」

    坂本「エイラが振られた後、基地中のロープを処分し回った」

    ミーナ「私はお悩みコールセンターに電話かけっ放しだったわ」

    坂本「私なんか練炭自殺阻止で、七輪割ったぞ?」

    ミーナ「あら、私かってエイラさんが使えないように、睡眠薬全部飲んで処分したわよ?」

    坂本「……」

    ミーナ「……」

    坂本・ミーナ「まぁ」




    坂本・ミーナ「生きるって、素晴らしいことね(だなぁ)」


234 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/08(月) 21:52:29.38 ID:tu3uirT2o

    ルッキーニ「ねぇシャーリー……」

    シャーリー「どうしたルッキーニ?」

    ルッキーニ「あたしたち、全然出番無かったね」

    シャーリー「……マルセイユと知り合ってたっていう設定まであったのにな」

    ルッキーニ「絡みすら無かったね」

    シャーリー「思えば私、最初の自己紹介の時しか喋ってない……」ドヨーン

    ルッキーニ「あたしなんて『何それ怖いって言っただけだよ。無意識とはいえ、>>1もびっくりしたって……」ドヨーン


237 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/08(月) 23:01:02.49 ID:tu3uirT2o

    シャーリー「……」

    ルッキーニ「……」イジイジ

    シャーリー「いや」

    ルッキーニ「うじゅ?」

    シャーリー「まだ終わってない」スクッ

    ルッキーニ「シャーリー?」

    シャーリー「出番が無いなら、作ればいいんだ! ルッキーニ!」

    ルッキーニ「……」

    ルッキーニ「おおー!」スクッ

    シャーリー「そうと決まれば作戦開始だ!」ビシッ

    ルッキーニ「らじゃー!」


238 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/08(月) 23:16:38.10 ID:tu3uirT2o

    芳佳「それで……何でエイラさん振ったの? みんな付き合うと思ってたのに」

    サーニャ「……」

    サーニャ「それはね」フフン

    サーニャ「ツンデレよ」

    芳佳「?」

    サーニャ「例えば悪いことがあった後に良いことがあると、すごく幸せにかんじるでしょ?」

    芳佳「あぁ、分かる分かる」

    サーニャ「それと同じで、一回エイラを突き離してから、優しくしてあげると……」

    サーニャ「なんとエイラはメロメロに」



    芳佳(あちゃー、サーニャちゃんアホだったかー)




239 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/08(月) 23:34:29.04 ID:tu3uirT2o

    エーリカ「トゥルーデこれ」スッ

    ゲルト「ん、これは…… 貰ってくれたのか!? ありがとう、これでクリスも喜んでくれる!」パアァァ

    エーリカ(これだよこの笑顔が見たかった)

    ゲルト「……」ジッ

    エーリカ「どうしたの? どこか間違ってた?」

    ゲルト「いや大丈夫だ……。ただ」

    エーリカ「?」

    ゲルト「マルセイユが行ってしまって……寂しくないか?」


240 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/08(月) 23:43:18.52 ID:tu3uirT2o

    エーリカ「へっ?」

    ゲルト「あんなにいっしょにいたんだ。離れてしまってやはり辛いだろう?」

    エーリカ「いや全然」

    ゲルト「無理しなくていい……無理しなくていいんだ」

    エーリカ「いやホント平気だから。まぁ(騒がしかったヤツがいなくなって)少しは寂しいかも……だけどさ」

    ゲルト「大丈夫、お前たち2人なら乗り越えていける」グッ

    エーリカ「ん? ……う、うん?」


    ゲルト「遠距離恋愛は辛いと思うが、私は2人の味方だからな」


    エーリカ「待って、なんか変な単語耳に入った」ガシッ


241 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/08(月) 23:50:20.45 ID:tu3uirT2o

    エーリカ「ごめん、もう一回言ってくれる?」

    ゲルト「私は2人の仲間だからな」

    エーリカ「違う違う」

    ゲルト「すまない、言い間違えていた。私は2人の味方だからな、だったな」

    エーリカ「違う。気にするところはそこじゃない。その前」

    ゲルト「遠距離恋愛は辛いと思うが」

    エーリカ「はいそこ」

    ゲルト「?」

    エーリカ「何言ってるの?」

    ゲルト「辛くないのか?」

    エーリカ「そこじゃねぇよ」


242 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/08(月) 23:55:52.31 ID:tu3uirT2o

    エーリカ「何? 遠距離恋愛って?」

    ゲルト「へっ?」

    エーリカ「えっ?」

    ゲルト「何って……そのままじゃないか」

    エーリカ「いやそのまんま間違いだよ」

    ゲルト「えっ」

    エーリカ「えっ」

    ゲルト「違うの?」

    エーリカ「何が?」

    ゲルト「お前とマルセイユ……付き合ってるんじゃないの?」

    エーリカ「えっ」



    エーリカ「えええええええええええ!?!?」



243 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/09(火) 00:05:47.82 ID:86Ah+/+go

    エーリカ「えっ、はぁ!? ちょっ……何言ってるのトゥルーデ!?」

    ゲルト「違うの?」

    エーリカ「違うよ!!」

    ゲルト「ええー、絶対付き合ってると思ってたのに」

    エーリカ「私ハンナなんか好きじゃないし! そうじゃなくて私はっ! とぅ……トゥルーデがっ///!」ガタッ

    ゲルト「……私がどうかしたか?」キョトン


244 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/09(火) 00:21:22.06 ID:86Ah+/+go

    エーリカ「すっ……す! ……すぅ/// すっ、しゅぅ///」

    ゲルト「……す?」

    エーリカ「すすすす、す……しゅっ! しゅ……///」カアァァ



    エーリカ「……s」

    シャッキーニ「たーのもー♪」ガチャ

    エーリカ「シュトルム!!!!!」ゴォォォ
    シャーリー「まさかの出オチ!?」グハァ


    ルッキーニ「シャーリいいいいいいいいい!!」



245 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/09(火) 00:26:16.64 ID:86Ah+/+go



    ージャングルー



    ペリーヌ「メガネ……メガネはどこにいきましたの……」ヨロヨロ


    ガサッ


    ペリーヌ「メガネ!?」バッ

    原住民「……」ヒョコ

    ペリーヌ「……」

    原住民「……」





    原住民「ホホーイwwホホホーイwwww」ピョーン ピヨーン

    ペリーヌ「きゃあああああああ!!」


246 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/09(火) 00:31:17.70 ID:86Ah+/+go

    ペリーヌ「もぅ……」グッタリ

    原住民「モイモーイwwwヌンバルヌンバルwwwwwwwwwwww」

    ペリーヌ「メガネはいったいどこにありますの……」

    原住民「」ピタッ

    ペリーヌ「!」ビクッ

    原住民「……メガネ?」

    ペリーヌ「えっ? ……え、えぇ」コクッ

    原住民「」スタタター クルッ

    原住民「メガネメガネ」クイクイ

    ペリーヌ「えっ、マジで?」


247 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/09(火) 00:37:27.93 ID:86Ah+/+go



    マルセイユ「……」ジーッ


    つ[世界の美術]


    マルセイユ「……むー」ペラッ

    加東「マルセイユー?」

    マルセイユ「!」バッ

    加東「読書中だったか?」

    マルセイユ「い、いやっ! 大丈夫だ!」

    加東「ならいいが……。もうみんな集まってるぞ?」

    マルセイユ「なっ……もうそんな時間か!? すまない、すぐ行くっ!」バタバタ


248 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/09(火) 00:43:20.32 ID:86Ah+/+go

    加東「……」

    マルセイユ「待たせたなっ!」バッ

    加東「……」

    マルセイユ「どうした? 急がないと……」

    加東「マルセイユ」

    マルセイユ「何だ?」

    加東「ゴーグル」ピッ

    マルセイユ「!」バッ

    マルセイユ「しまった……ちょっと待っててくれ!!」ダッ


249 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/09(火) 00:49:33.07 ID:86Ah+/+go

    加東「……」ジーッ

    マルセイユ「無い……無い……! どこに置いたっけ……」オロオロ

    加東「……」ハァ

    加東「なぁ」

    マルセイユ「くそっ、無い。……何だ!? 悪いが今手が離せない……」ガサガサ

    加東「そこまで気にしてるのなら、会いに行ったらどうだ?」

    マルセイユ「」ピタッ

    マルセイユ「……なんの話だ」

    加東「とぼけるな、エイラたんのことだよ」


250 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/09(火) 00:54:39.58 ID:86Ah+/+go

    マルセイユ「エイラたんがどうしたって?」

    加東「言葉通りさ。会いたいんだろ?」

    マルセイユ「いや、別に」

    加東「嘘だ」

    マルセイユ「嘘じゃない」

    加東「嘘だ」

    マルセイユ「嘘じゃない」

    加東「気になって気になって仕方ないですー、って顔で何言ってるんだよ」

    マルセイユ「!?」ガバッ


251 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/09(火) 01:01:30.87 ID:86Ah+/+go

    加東「有給とって行けばいい。みんなには、私から話しておくから」

    マルセイユ「そんなケイコ……」

    加東「今は師匠モードだ」

    マルセイユ「けど師匠、私エイラたんに振られた後だし……」イジイジ

    加東「……」

    マルセイユ「だから……その……」モジモジ

    加東「……」ハァ

    加東「あー、分かった分かった」

    加東「この話はもうおしまい。マルセイユ呼ぶついでに、これ渡しに来ただけだし」スッ


252 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/09(火) 01:08:34.61 ID:86Ah+/+go

    マルセイユ「……?」

    加東「んじゃみんな待ちくたびれてるから、早く来いよー」スタスタスタ

    マルセイユ「……」

    マルセイユ「」チラッ

    マルセイユ「……」ガサガサ

    マルセイユ「むっ」 ペラリ

    マルセイユ「これ……美術館のチケット? 送り元はいったい……」ガサガサ

    マルセイユ「……」ジーッ






    マルセイユ「……!」パアァァ

    マルセイユ「師匠! 頼みがあるんだが……!」ダダダダッ


253 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage]:2011/08/09(火) 01:12:28.00 ID:86Ah+/+go

    原住民「」テクテク

    ペリーヌ「」テクテク

    ペリーヌ「本当にこっちにメガネがありますの……?」

    原住民「」ピタッ

    ペリーヌ「!」

    原住民「メッガーネ!」ピョン スルスルスル

    ペリーヌ「ちょっ! どこに登っていきますの!」

    ペリーヌ「……」

    ペリーヌ「……」

    原住民「メガンネィ!」スタッ

    ペリーヌ「!」

    原住民「」スッ

    ペリーヌ「こ、この右手にあるものは……!」




    つ[fin.]



254 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福井県) [sage saga]:2011/08/09(火) 01:14:40.48 ID:86Ah+/+go
    凝った終わり方してみたかった。今は反省してる。


    途中電波死んで泣きそうだった。また小ネタに戻ります。早く長編書き上げたい。
    ではおやすみなさい
255 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(岩手県) [sage]:2011/08/09(火) 01:24:24.64 ID:l4CDgDDzo
    おつ!
    久しぶりにニパが見ることができるー
256 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/08/09(火) 14:37:03.26 ID:IcfPg/t+o
    乙~!
    さーにゃん計算かよwwww
257 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟・東北) [sage]:2011/08/09(火) 16:15:09.82 ID:zxfooohAO
    乙 また長編書いてくれ



おすすめSS


エイラ「あー、私も女の子にモテモテになりてー」

レスに対してお題が決まるちょっと珍しいSS、芳佳とエイラのやり取りがおもろいです。シリーズになってますのでよろしくどーぞ!!

エイラ「サーニャのおっ□い画像キボンヌ・・・と」

惚れ薬を通販(笑)で入したエイラ、しかし飲む人物は安価で決まる!!

マルセイユ「あ~緊張する~」

ちゅっちゅしたいマルセイユの話はこれで完結?天使さん!お疲れさまでした!!

宮藤「リーネちゃんってオタク受けしそうだよね!」

芳佳の毒舌攻撃が501を襲う!どうなる501(芳佳以外)の面々!

宮藤「ん?何だろうこれ・・・」

芳佳がひろった物、それは宝石だった。しかし、それを身につけると・・・?

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2012年09月12日 19:10:36

なげええええええ

-ゆりゆりな名無しさん - 2013年02月22日 03:36:25

これ大好きだわ

-名無し - 2013年03月07日 17:36:35

とりあえずストパンに男は要らないって事はわかった

-名無しの三等兵 - 2013年05月21日 03:59:58

普通のパラレル系コメディかと思いきやすごく良かった

-名無しの三等兵 - 2013年07月30日 02:25:53

チンピラで萎えた

-名無しの三等兵 - 2014年01月04日 12:55:58

おもしろいエイラかわいい

-名無しの三等兵 - 2014年10月01日 22:52:56

素晴らしかった!

-  - 2014年10月09日 00:56:08

なんかこう、独特の文章だなwww

-名無しの三等兵 - 2017年02月11日 21:15:29

マルセイユと加東先生が脳内でドモンと東方不敗だった。

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo