管理人おすすめ




芳佳「ご存知!正義のガリア貴族マン」

SW_peri-nu_sakamoto_01.jpg
1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/09/26(金) 00:17:13.85 ID:C0gInGMu0

    芳佳「みなさん朝ご飯できてますよー」

    ルッキーニ「わーい!たまごやきぃー!

    エーリカ「わたし肉じゃが!」

    ゲルト「珍しく朝早く起きたと思えば騒がしい……」

    ペリーヌ「全くですわ」

    リーネ「ごめんねルッキーニちゃん、今日の朝ごはんはブリタニア料理なの」

    ルッキーニ「おかしい。こんなことは許されない」

    シャーリー「辛辣だな~ルッキーニ」

    エーリカ「まぁまぁルッキーニ、そんなことも有るよ。あ、私ベイクドポテト多めでお願いねー」

    芳佳「オートミールしかないです」

    エーリカ「ドーバー海峡のこっち側を全部荒野にしてやる!!

    美緒「はっはっは、朝から元気だな!いいことだ!」

    ミーナ「皆ブリタニア料理が苦手なのかしら?」

    エイラ「げぇー朝からこんなお粥みたいの食べるのカ……」

    サーニャ「私の国の食糧事情に戻ったみたいで少し懐かしいわ」モッチャモッチャ

    エイラ「あれサーニャ、起きてたのカ」

    サーニャ「うん。なにか面白いことが起きそうな予感がしたの」モグモグ



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411658223



2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/09/26(金) 00:44:55.67 ID:C0gInGMu0

    エーリカ「……モ……イモ……」

    ゲルト「わがまま言わずにちゃんと食べるんだハルトマン!宮藤が作った料理がまずいわけなかろう!

    ルッキーニ「普通にまじゅい……」モッチャモッチャ

    シャーリー「まあお世辞にも美味しいとはいえないなぁこんなアイダホの農民じゃあるまい……」

    ゲルト「なんだと!貴様らのバカ舌で旨味と宮藤味がわからないだけではないか!言い訳せずに食べるんだ!」

    芳佳「待ってくださいバルクホルンさん、ハルトマンさんの様子が変です!」

    エーリカ「イモ……イモモイモイイモイモイモイモ」


    ポテトマン「んぎゃーーーーーー!!イモーーーーー!!」


    リーネ「あぁ!ハルトマンさんが奇声を発しながらテーブルの上で!!

    ミーナ「あれは……エーリカ・ポテトマン!!

    美緒「何っ!ポテトを4日以上口にしないことによりハルトマンは進化を遂げてしまったとでも言うのか!?」

    ポテトマン「芋!芋!ポテトゥ!イア!イア!ポテイトゥ」モミモミ

    リーネ「キャー!助けて芳佳ちゃん!!

    芳佳「ハルトマンさん!リーネちゃんはじゃがいもを産んだりできませんから!

    シャーリー「でもミルクは出そうだよなぁ」

    エイラ「料理当番だったリーネの胸をちぎれんばかりに揉みしだいているゾ!

    サーニャ「じゃがいもの代わりにこんなゲロみたいなのが出てきたからきっと怒っているんだわ」


    ???「お待ちなさい!!」


    美緒「あぁ!あれは何だ!?

    ミーナ「鳥かしら?飛行機かしら?」

    エイラ「違う!あれは……!」


    一同「ガリア貴族マンだ!」


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/26(金) 00:47:18.45 ID:5Y/VtO17o

    ポテトマンワロタ

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/09/26(金) 00:55:28.65 ID:C0gInGMu0

    シャーリー「やったぜ!ガリア貴族マンが来てくれた!」

    美緒「頼んだぞガリア貴族マン!」

    芳佳「わ、私始めてみました!ガリア貴族マン!」


    ガリア貴族マン「お食事中だというのにテーブルの上に乗るなんて……はしたないですわ!

    ガリア貴族マン「いい事ハルトマン中尉?貴方はこの舞台でもそれなりに階級が上なのですから模範となるような……」

    ポテトマン「イモ!イモ!ペリイモ!ガシッ

    ガリア貴族マン「きゃっ!やめてくださいまし!襟元が乱れてしまいますわ!


    リーネ「大変!ガリア貴族マンの高貴な服装が乱れちゃう!

    ゲルト「しまった!ガリア貴族マンは服が乱れると全力の力が出せなくなってしまう!


    ガリア貴族マン「うぅ……タイが曲がってしまいましたわ……」


    ミーナ「なんてことなの……ガリア貴族マンのお上品パワーが下がってしまっているわ」

    ルッキーニ「ウジュ……ガリア貴族マン頑張って!!

    芳佳「はっ……そういえば聞いたことがあります!!

    美緒「なにか知っているのか宮藤!」

    芳佳「ガリア貴族マンの上品さの半分は坂本さんの愛のパワーで賄われていると!」

    エイラ「ナ、ナンダッテ!少佐、なんとかしてくれ!」

    美緒「だが一体どうすれば……!」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/09/26(金) 01:08:23.88 ID:C0gInGMu0

    サーニャ「もしかして坂本少佐の露出が増えれば……愛のパワーを送りやすくなるんじゃないでしょうか」

    美緒「なるほど、露出を増やして愛のパワーが外気に触れやすくすればいいわけだな!」

    エイラ「さすがはサーニャだ!非の打ち所がない完璧な理論ダナ!

    ミーナ「この混乱の中素晴らしい洞察力ね!」

    美緒「よし!では早速脱ぐぞワッショオオオォォォイ!!」スポポーン

    芳佳「おおっ坂本少佐のデュアル富士山が大気にさらされて輝いてます!

    リーネ「芳佳ちゃん……」


    ガリア貴族マン「」ピピーン

    ガリア貴族マン「さ、坂本少佐がその艶かしくも美しいお躰をこれでもかと言わんばかりに私にお見せになってくださっていますわ!

    ガリア貴族マン「私の心のガリアパンがそそり立ちましたわ!元気百倍ですの!


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/26(金) 01:09:28.44 ID:5Y/VtO17o

    芳佳ちゃん…

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/09/26(金) 01:16:57.90 ID:C0gInGMu0

    ポテトマン「ポテイト!ベイクド!フライド!ファッキンフィッシュアンドチップス!」

    ガリア貴族マン「受け止めてくださいましポテトマン中尉!スーパーガリア貴族水流!


    説明しよう!スーパーガリア貴族水流とは股の間から黄金に輝く水流を発し相手を攻撃するガリア貴族マンの必殺技なのだ!主成分は白ワインと言われているがちょっと黄色いぞ!


    ポテトマン「ポテイト!ポテイト!ぬあああぁぁぁぁぁぁ!!

    ポテトマン「黄色……雫……バター……じゃがバター……」


    ハルトマン「……はっ!私は机の上で一体何を!?

    ゲルト「おぉ!ハルトマンがしょうきを取り戻したぞ!

    リーネ「黄金水をかけることによって熱々のポテトの上を溶けて落ちるバターを連想させて、ポテトマンさんの心の乱れを熱々のポテトのようにほくほくに温めたわけですね!」

    芳佳「この一瞬でそんなことを思いつくなんてさすがはガリア貴族マンです!」

    ルッキーニ「しゅごーい!」

    エイラ「やるじゃないカ、ガリア貴族マンの奴」

    サーニャ「私もじゃがバター食べたくなっちゃった」

    ハルトマン「もうありもしないポテトが食べたいなんてわがまま言わないよ」

    ゲルト「うむ。しっかり反省するんだぞ」

    ミーナ「それにしても一体誰なのかしら、ガリア貴族マン……」

    美緒「うむ、うちの部隊にはメガネを掛けてないさらさらブロンドの貴族など居ないからな……」

    シャーリー「でもまあいいじゃないですか少佐。今回もまたガリア貴族マンに助けてもらった、それだけで」


    ガリア貴族マン「さり気なく皆と一緒にいられる数少ないタイミングを奪う不逞な輩は許しませんわ!

    ガリア貴族マン「それでは、また困った時に読んで下さいまし!



    サーニャ「ありがとう、ガリア貴族マン」

    ルッキーニ「かっこよかったよー!ガリア貴族マン!」

    芳佳「ガリア貴族マンさーん!」



    第一話「恐怖!ポテトマン中尉の反乱!」終わり





8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/26(金) 01:21:42.53 ID:Mf7VlAfCO

    ガリア貴族マン…いったい何ーヌなんだ…

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/09/26(金) 01:22:04.69 ID:C0gInGMu0

    ペリーヌ「今日もマリーゴールドが綺麗に咲いてますわね」

    芳佳「ペリーヌさん、お茶の準備がそろそろ出来そうです」

    ペリーヌ「あらそう。では先にお部屋で待っていてくださいまし。あとから用意をして向かいますわ」

    芳佳「大丈夫ですか?お手伝いしますけど」

    ペリーヌ「余計なお世話ですわ!大切な食器を割られては困りますし」

    芳佳「そうですか……」シュン

    ペリーヌ(う、少し言い過ぎてしまったかしら……)


    ルッキーニ「ギャーーーー!!」


    ペリーヌ「!?」

    芳佳「あの声は……ルッキーニちゃん!

    ペリーヌ「格納庫の方ですわね、行ってみましょう」

    芳佳「はい!


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/09/26(金) 01:36:45.74 ID:C0gInGMu0

    芳佳「どうしたのルッキーニちゃん!!

    美緒「叫び声が聞こえたが何かあったのか?」

    ペリーヌ「あぁ、お焦りになっている少佐も素敵ですわ!」

    ルッキーニ「うえーん!シャーリーがぁ!

    芳佳「えっシャーリーさんがどうかしたんですか?」

    シャーリー「Rubbishだ」

    ペリーヌ「えっ」

    シャーリー「こんな車を買う奴はサイコパスか精神異常者に違いない」

    美緒「く、車好きのシャーリーが何故かいつも乗っているトラックを酷評している!」

    ルッキーニ「それにあたしのストライカーにターボ付けたりニトロ積んだりしたの!これじゃあ飛べないよぉー!」

    シャーリー「何を言ってるんだこのロマーニャめ。でかいエンジンを積んで馬力を上げるのはお前のお家芸じゃないか」

    シャーリー「ランボルギーニ、フェラーリ、ランチア……乗り物はパワーこそすべてだ!

    シャーリー「POWEEEEEEEEERRRRRRRRRRRRRRRR!!!

    芳佳「あぁ!私のストライカーも肉抜きされて軽量化してあります!

    ゲルト「何を騒いで……何をやってるんだりベリアン!私のメッサーシュミットに触るんじゃない!

    ミーナ「ついに覚醒したのね、彼女が」

    美緒「ミーナ、なにか知っているのか?」

    ミーナ「えぇ、スポーツカーのハンドルを握れないあまりシャーリーさんは進化を遂げてしまったのよ……」

    ミーナ「パワー厨、シャーロット・E・ホースパワーに……」

    シャーリー「こんな車を買うヤツの気がしれない。フォードマスタングを持ってこい」

※Rubbish
英語でごみ,くず,つまらないものの意


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/09/26(金) 01:50:52.59 ID:C0gInGMu0

    ハルトマン「ねえミーナ、この基地内にスポーツカーないの?」

    ミーナ「うーん無いわけではないけど」

    美緒「シャーリー落ち着け。ほら、お前の大好きなスポーツカーだぞ」

    ホースパワー大尉「扶桑車か。酷い内装、酷いデザイン……おいおい見てくれよこの吐き気を催すフェイクウッドのインテリアを」

    ホースパワー大尉「この車を運転するならフルフェイスのヘルメットが必要だな。エクスプロージョン!!ドーン

    美緒「我が国自慢の国産車が木っ端微塵に!!

    芳佳「馬力さんひどいです!

    ゲルト「まあ待て。我がカールスラントが誇る名車を見ればリベリアンも黙るだろう」

    ホースパワー大尉「画一的でどれも同じようにみえる。規律に厳しいだけあるなカールスラント大尉(笑)、お前に似て車もつまらんぞ」

    ゲルト「リベリアアアアアアァァァァン!!」

    エイラ「うるさいナー、何騒いでるんだヨ。サーニャ起きちゃったじゃないか」

    サーニャ「どうかしたんですか?皆集まってるみたいだけど……」

    ホースパワー大尉「ラーダ(笑)モスクビッチ(笑)ブリティッシュ・レイランド(笑)」

    サーニャ・リーネ「」バターン

    エイラ「さ、サーニャアアァァァ!!

    芳佳「リーネちゃんまでどうしたの!?」

    ハルトマン「まあ共産圏の車は酷いからね」

    ルッキーニ「プロレタリアートは基本的に愚衆であると常に頭に入れておくことだ」

    エイラ「ル、ルッキーニ?」

    ルッキーニ「ウジューなんでもないよー」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/09/26(金) 01:59:26.95 ID:C0gInGMu0

    エーリカ「こうなっては誰もホースパワー大尉を止められないね……」

    ミーナ「打つ手なしね……一体どうすれば……」


    ???「お待ちなすって!!」


    美緒「アレはなんだ!?

    芳佳「メガネですか!?コンタクトですか!?

    エイラ「イヤ、あれは……!」


    一同「ガリア貴族マンだ!!」


    ガリア貴族マン「欲しがりません!ガリアが勝つまでは!!」


    ミーナ「ガリア貴族マンが来てくれたならもう安心ね!」

    エーリカ「おお!もう解決したようなもんだよ!」

    ゲルト「やってくれガリア貴族マン!フォルクスワーゲンとBMWとAudiの敵をとってくれ!


    ホースパワー大尉「ガリア?大したメーカーも無いじゃないかよぉ、どう太刀打ちしようってんだ?」ドン

    ガリア貴族マン「きゃぁっ!機械油のついた手でさわらないでくださいまし!」


    エーリカ「あぁ!ガリア貴族マンの上着にべっとりと機械油が!

    ミーナ「なんてことなの……!これではガリア貴族マンの上品さが大幅に下がってしまうわ!」

    美緒「こんな時どうすれば……!」


    芳佳「はっ……そういえば聞いたことがあります!!

    美緒「なにか知っているのか宮藤!

    芳佳「ガリア貴族マンの上品さの半分は坂本さんの愛のパワーで賄われていると!

    エイラ「ナ、ナンダッテ!少佐、なんとかしてくれ!」

    美緒「だが一体どうすれば……!」


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/26(金) 02:03:08.68 ID:5Y/VtO17o

    ワロタ

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/09/26(金) 02:16:54.45 ID:C0gInGMu0

    ルッキーニ「……そうだっ!少佐がガリア貴族マンに好きって言えばいいんだよ!」

    エイラ「そ、そうカ!それは盲点だったナ!」

    ミーナ「この混乱の中素晴らしい洞察力ね!」

    美緒「よし、それじゃあ早速ガリア貴族マンに愛の言葉をささやくぞ!


    ガリア貴族マン「うぅ……ジャケットが汚れてしまいましたわ……これでは坂本少佐に抱いていただくことなんて出来ませんわ……」


    美緒「そんなこと無いぞ、ガリア貴族マン」ギュ

    ガリア貴族マン「しょ、少佐……!」

    美緒「お前は服装や外見にはとらわれない、上品さを常にまとっているじゃないか、自信を持つんだ」

    ガリア貴族マン「少佐ぁ……!」

    ガリア貴族マン「私の心のガリアパンがそそり立ちましたわ!元気百倍ですの!

    ガリア貴族マン「もう許しませんわよ!ホースパワー大尉!

    ホースパワー「ふん、ガリア車に何ができるっていうんだ!アメ車のパワーこそ正義だ!POWER AND TURBOだ!

    ガリア貴族マン「リベリアンマッスルカーもそこまでですわ!喰らいなさい!スーパーガリア貴族エンジンオイル!


    説明しよう!スーパーガリア貴族エンジンオイルとは股の間から黄金に輝くエンジンオイルを噴射し相手を攻撃するガリア貴族マンの必殺技なのだ!主成分は主に鉱物油と言われているがちょっと黄色いぞ!


    ホースパワー「ぐあああぁぁぁ!!なんだこれは!エンジンオイルなのに無骨さの中に気品を感じる!そして生暖かいなこれ!

    ホースパワー「ぐぐ……あたたかい……乗り心地……用途……」


    シャーリー「うぅ……あれ、私は一体何をしてたんだ……うわっルッキーニすごいなそのストライカーごつい過給器だな!」

    美緒「おぉ、シャーリーがしょうきを取り戻したぞ!素晴らしいな!」

    芳佳「スーパーガリア貴族エンジンオイルを噴射することによって、エンジンオイルのクオリティや、速度だけじゃない乗り心地という切り口を思い出させたんでしょうか」

    ミーナ「この一瞬でそんなことを思いつくなんてすさまじい戦闘センスだわ!」


    ガリア貴族マン「それぞれの国にそれぞれ個性がありますのよ!だから私はガリアにかぎらずいろんな国を愛していますわ!

    ガリア貴族マン「皆様もお体に気を付けて安全運転してくださいまし!では!


    ルッキーニ「ありがとうガリア貴族マン!

    エーリカ「かっこいいねー!ガリア貴族マン!」

    ミーナ「それにしてもあのブロンドでガリア貴族特有の気品を思わせる容姿……一体誰なのかしら……?」

    美緒「わからんな……検討もつかんな。だが、秘密があっても良いのだ。それも個性かもしれん」



    第二話「辛辣!ホースパワー大尉の自動車選び!」終わり





25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/09/26(金) 21:40:49.59 ID:C0gInGMu0

    美緒「宮藤!ペースが遅れてるぞ、あと一周追加だ!

    芳佳「は、はいぃ~!」テケテケ

    リーネ「はぁ、はぁ……」テケプルテケプ

    ペリーヌ(また今日も少佐は豆狸とリーネさんにつきっきり……きぃ~!なんで私ではありませんの!?)

    ルッキーニ「じゃあペリーヌもこんな所で観察してないで参加してくればいいんじゃない?」

    ペリーヌ「なっ!?ルッキーニさんいつの間に……!」

    美緒「むっ!ペリーヌ、ルッキーニ!そんなところで何をしている!」

    ペリーヌ「しょ、少佐っ!これは……えっと……」

    ルッキーニ「ストーキング

    美緒「えっ」

    ルッキーニ「ストーキング」ダッ

    ペリーヌ「スッスト……!なんてことを言いますのルッキーニさん!」

    美緒「ストッキング?私はそんなもの履いてないぞ?」

    芳佳「坂本さんのストッキングと聞いて飛んできました」キリッ

    リーネ「芳佳ちゃんはやいよぉー……」パタパタ

    ペリーヌ「宮藤さん!?はしたないですわ!」

    ミーナ「美緒のストッキングと聞いて飛んできました」ブ


    ペリーヌ「中佐まで!?大尉と飛行訓練中ではありませんでしたの?」

    ミーナ「人には譲れないものがあるのよ」ブオォォォ

    芳佳「待ってくださいミーナ中佐!坂本さんはまだナマ足ですよ!

    ミーナ「こんなたちの悪い冗談を言ったのは誰!?地の果てまで追いかけて木っ端微塵にしてやるわ!」ジャ

    美緒「私はいつでも生足だぞ。ストッキングというのはどうも蒸れて困る」

    ミーナ「私は蒸れた美緒の足も素敵だと思うわ」ブオォォォ

    リーネ「それは褒め言葉なんでしょうか……」


    エイラ「ウ、ウワーー!!」


    美緒「むむっあの声は……エイラか!?

    芳佳「エイラさんの部屋からです!行ってみましょう!!

    ミーナ「丁度いいわ。ついでにエイラさんからパンティストッキングを借りましょう」ブォォォ


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/26(金) 21:53:25.72 ID:C0gInGMu0



    エイラ個室



    美緒「どうしたんだエイラ!敵襲か!?」

    エイラ「た、助けてクレ!少佐!サーニャが!サーニャがぁ~~」

    芳佳「サーニャちゃんが?」

    ミーナ「エイラさん。この白いパンティストッキングは上官命令で接収します」

    エイラ「オ、オウ……構わないけド……いやそれよりサーニャダ!

    サーニャ「……あれ?皆さんお揃いでどうしたんですか?」

    リーネ「あれ?特に変わった様子はありませんけど」

    芳佳「サーニャちゃんどうかした?大丈夫?」

    サーニャ「私はいつもどおりよ芳佳ちゃん」

    ペリーヌ「まぁ、大方エイラさんが寝ぼけて夢でも見たんですわ」

    リーネ「エイラさん、そんなに欲求不満ならちゃんとサーニャちゃんに土下座して先っちょだでm」
    エイラ「ウワーーー!!なんてこというんダ!リーネ!私は不満なんか!

    サーニャ「不満?何が不満なのエイラ?」

    美緒「むっ、サーニャから強い殺気が!?

    エイラ「ゴメンナサイゴメンナサイ!今のはリーネが悪いんダ!私に不満なんかないゾ!

    サーニャ「そうよねエイラ、不満なんてあるわけ無いわよね。だって」


    アカーニャ「共産主義は完璧だもの」


    エイラ「ウワアアァァァァ!サーニャが抑圧されたコミュニスト思想を開放してアカーニャになってしまったアアァァァァ!

    ミーナ「確かに周りは皆資本主義国ばかり……共産主義者はサーニャさんだけだったわね」

    リーネ「きっと自国の思想を隠しているあまり、その気持が溜まり溜まって抑えきれなくなったんですね!」


    アカーニャ「501基地は素晴らしいわ。医療も無料。御飯も無料。お金なんて必要無いわ。スターリン同志の求めていた理想郷はここにあったんだわ」


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/26(金) 22:05:11.60 ID:C0gInGMu0

    アカーニャ「芳佳ちゃん、エイラが発狂してしまったから治療してあげて。無料で」

    芳佳「同じ無料なら強制労働収容所に入れてあげたほうがいいかもしれませんね。元気そうですし」

    リーネ「芳佳ちゃんやめてあげて!こき使いたいなら私を使って!さあ!芳佳ちゃん!なんでも言って!

    美緒「とりあえずここにしゃーりーを連れてくるのはまずいな」

    ペリーヌ「シャーリーさんは資本主義国筆頭、リベリアンの出身ですものね……」

    シャーリー「何だ何だ?ルッキーニからなんか面白いことが起こってるって聞いたんだけど」

    ミーナ「言ってるそばから一番近づけてはいけない人が来てしまったわ!

    アカーニャ「」クルッ


    アカーニャ「資本主義の豚めッ!」カッ


    シャーリー「何?」ピ

    アカーニャ「プロレタリアートから資本を吸収しブルジョアジーが牛耳る世界が何が自由よ!

    アカーニャ「偽善者め!恥を知れ!

    シャーリー「あぁ!?財の再配分も出来ずに上層部か高速で腐っていくような政治体制に何が理想郷だ!


    シャーリー「USA!USA!USA!USA!」

    アカーニャ「ypaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa!!!」


    ルッキーニ「あーあ、もうめちゃくちゃだよぉ」

    リーネ「連れてきたのはルッキーニちゃんじゃ……」

    芳佳「で、でもどうしましょう!思想の自由は前任平等に与えられた権利です!侵害するわけには!

    アカーニャ「平等!?資本主義者が平等を語らないで芳佳ちゃん!

    エイラ「いいぞサーニャ!宮藤は資本主義者だ!付き合っちゃいけないんダ!

    美緒「やめんか!収集がつかなくなる!

    ミーナ「でも確かにこれを規制するわけにはいかないわ……もう私達にはどうすることも出来ない、一体どうすれば……」


    ???「お待ちなさい!!」


    ルッキーニ「あ!あれは何だ!?

    芳佳「没落貴族ですか?聖母ですか!?

    ミーナ「いいえ、あれは……!」


    一同「ガリア貴族マンだ!!」


    ガリア貴族マン「天はガリアの上にガリアを作らず!ですわ!」


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/26(金) 22:16:55.08 ID:C0gInGMu0

    ガリア貴族マン「サーニャさん、共産主義思想はよくわかりますけど、他人に押し付けてはいけませんわ!」

    ガリア貴族マン「そもそも共産主義思想というのは唐突に始まるものではなくまず段階的に財の管理を」

    アカーニャ「そんなのは構造主義に囚われた愚衆の考え方よ!」

    アカーニャ「ガリア貴族マンも私達の同志になって一緒にガリアに共産主義を広めましょう!」クイッ プスッ

    ガリア貴族マン「やめてくださいましアカーニャさん!勝手にジャケットにピンバッジを付けないでくださいまし!」

    ミーナ「あぁなんてこと!ガリア貴族マンの襟元に共産主義の鎌と槌(?)が!

    アカーニャ「違いますミーナ中佐、共産主義の象徴ではなくそれはレーニン主義の象徴です」

    ミーナ「もう細かいことはいいのよ!

    美緒「ガリア貴族マンの青い上品なジャケットに後黄色のピンバッジが付いてしまったぞ!」

    リーネ「ガリア貴族マンのお洋服の均衡が崩れるとガリア貴族マンは全力が出せない……大変だよ芳佳ちゃん!

    エイラ「ど、どうすればいいんダ!このままじゃガリア貴族マンが負けちゃうゾ!」

    芳佳「はっ……そういえば聞いたことがあります!!

    美緒「なにか知っているのか宮藤!

    芳佳「ガリア貴族マンの上品さの半分は坂本さんの愛のパワーで賄われていると!」

    エイラ「ナ、ナンダッテ!少佐、なんとかしてくれ!」

    美緒「だが一体どうすれば……!」


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/09/26(金) 22:36:10.88 ID:C0gInGMu0

    リーネ「はっ!そうです!少佐がガリア貴族マンに熱視線を送ればあるいは!

    エイラ「そ、そうカ!それは盲点だったナ!」

    ミーナ「この混乱の中素晴らしい洞察力ね!」

    美緒「よし、それじゃあ早速ガリア貴族マンに闘魂を込めて視線を送るぞ!


    ガリア貴族マン「うぅ……このピンバッジ、青地に目立って余り上品ではありませんわね……」

    ガリア貴族マン「はっ……この視線はもしや!ピピーン


    美緒(ガリア貴族マン、立ち上がってくれ……!私のカミカゼパワーを全力で送るぞ!視線で!)


    ガリア貴族マン「しょ少佐の熱視線!余り上品じゃない私の格好をまじまじと!

    ガリア貴族マン「い、いけませんわ少佐!でもはしたない私をもっと見て欲しい気もいたしますわ!あぁ!いけませんわ!いけませんわ!

    ガリア貴族マン「私の心のガリアパンがそそり立ちましたわ!元気百倍ですの!

    ガリア貴族マン「真の平等と言うものを教えて差し上げますわアカーニャさん!喰らいなさい!スーパーガリア貴族ブルジョワジーウォーター!!


    説明しよう!スーパーガリア貴族ブルジョワジーウォーターとは、ブルジョワジーの余裕をプロレタリアートに分け与え幸わかちあう愛の攻撃なのだ!主成分は白ワインと言われているがなんか黄色いぞ!


    アカーニャ「ypaaaaaaa!!ブルジョワジーめ!ジョボジョボシーシー!!

    アカーニャ「再分配……寄付……平等……」


    サーニャ「……あれ、私エイラの部屋で一体何を……」

    美緒「おぉ!サーニャが正気を取り戻したぞ!」

    エイラ「サーニャ~、サーニャ~;x;」

    サーニャ「どうしたのエイラ、怖い夢でも見たの?」

    シャーリー「まさに悪夢だったけどな~、ともあれよかったよかった」


    ガリア貴族マン「星の数ほど思想はあれど、人に押し付ける権利のある思想などありませんわ!

    ガリア貴族マン「平等に選び、平等に考える権利がありますのよ!皆様もよく考えてみてくださいな、ではごきげんよう!


    ルッキーニ「ウジュー!またガリア貴族マンのお陰だね!

    芳佳「ありがとうガリア貴族マン!

    美緒「お手柄だな!ガリア貴族マン!


    ミーナ「ところで美緒、これ履いてみない?白くて貴方の上着にピッタリだと思うわ」

    美緒「遠慮しておこう!はっはっは!

    ミーナ「上官命令です。直ちに服を着替えなさい」

    美緒「はい」



    第三話「過激!アカーニャ中尉の共産圏!」 おわり





30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/26(金) 22:41:13.47 ID:C4hSS59gO

    面白い
    こういう下らないの最高に好き


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/09/26(金) 22:49:01.36 ID:C0gInGMu0

    芳佳「サーニャちゃ~ん」

    サーニャ「あ、芳佳ちゃん。どうしたの?」

    芳佳「今から食堂でクッキー焼くんだけど一緒に焼かない?」

    サーニャ「うん。私も焼きたい。じゃあエプロン持って食堂に行くね」

    芳佳「良かった~!サーニャちゃんとお菓子作るの楽しみだな!」

    サーニャ「ふふ、私もよ。芳佳ちゃん」

    ペリーヌ「」ソワソワモジモジ

    芳佳「あっペリーヌさん!」

    ペリーヌ「あっ、宮藤さん、どうかなさいまして?」ビクッ

    芳佳「ペリーヌさんも一緒にお菓子つくりませんか?」

    ペリーヌ「お、お菓子作りだなんてそんな子供っぽい……私は別に……」

    芳佳「そうですか……」シュン

    サーニャ「残念ね、芳佳ちゃん」

    ペリーヌ「で、ですが宮藤さんのクッキーの味は心配ですから、私も参加して差し上げてもよろしいですわ!」

    芳佳「ほんとうですか!?やった!

    芳佳「じゃああとで食堂に来てください!一緒に焼きましょう!」

    サーニャ「ペリーヌさんとクッキー焼くの初めてだから、嬉しい」

    ペリーヌ「そ、そうでしたかしら」ドキッ

    ペリーヌ「わかりましたわ。では後ほど」

    芳佳「よーし、材料多めに用意しようっと!」

    ペリーヌ「……ま、たまにはいいですわよね?こんなことがあっても」

    エイラ「ツンツンメガネエエエエエエェエェェェェ!!!!!!」

    ペリーヌ「キャアアアァァァァァ!!え、エイラさん!?

    エイラ「なんで私の事誘ってくれなかったんだよおおおおおぉぉぉぉ!!

    ペリーヌ「さそうも何も私が言い出したわけではありませんし……宮藤さんに言えばよいでしょう!?」

    エイラ「イヤダアアァァァァァァ!!宮藤に頭下げたらサーニャの中の序列が私を差し置いて宮藤に傾くじゃないカ!!

    ペリーヌ「私のは下がっても良いと申しますの!?」

    エイラ「うるさい!チョコミントアイス返せ!!

    ペリーヌ「チョコミント……あぁ、そんなこともありましたわね……って一体いつの話をしていますの!?


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/26(金) 23:01:33.10 ID:C0gInGMu0

    ペリーヌ(結局エイラさんは叫びながらどこかに走って行ってしまいましたわ……私のせいではありませんけど)

    芳佳「それじゃあクッキーを作りましょう」

    サーニャ「いろいろな材料があるわ」

    芳佳「チョコレート、カシューナッツ、キャラメル……ペリーヌさんから紅茶を頂いたので紅茶クッキーも焼いてみようと思います」

    ルッキーニ「わーい!楽しみぃ!

    エーリカ「でっかいの作るぞ―!」

    ペリーヌ「いつの間にいらっしゃいましたの?」

    エーリカ「お菓子あるところにエーリカあり、ってね」

    ルッキーニ「芳佳がエプロンして小麦粉運んでるの見たらピピーンときたの!」

    ペリーヌ「全くあなた達は……」

    サーニャ「でも大勢でやったほうが楽しいと思います」

    ペリーヌ「ま、まぁそうですわね。一理あるかもしれません」

    リーネ「芳佳ちゃん砂糖もってき……キャアアァァァ!!!


    ペリーヌ「ど、どうしましたのリーネさん!?」

    芳佳「大丈夫リーネちゃん!?」


    エイラ「サーニャサーニャサーニャサーニャ……」


    リーネ「柱の陰に高速でサーニャちゃんの名前を唱えるエイラさんがいるの……」

    エーリカ「うわぁヘタレここに極まれりって感じだなぁ」

    ルッキーニ「ウジュー……この間の共産主義事件の時に何もしなかったのエイラ?」

    エイラ「ミヤフジーミヤフジー……サーニャヲキズツケタラ……ユルサナイカンナーミヤフジ……」

    芳佳「エイラさん一体どうしちゃったんですか?」

    ペリーヌ(さっき誘ってさしあげればよかったかしら……)


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/26(金) 23:18:38.12 ID:C0gInGMu0

    サーニャ「エイラ……」

    エイラ「!?サ、サーニャ!」

    サーニャ「エイラ、なんか怖い……」

    エイラ「ウ、ウワアアアアアァァァァァ!!

    エイラ「サーニャに怖いって言われてしまっタアアァァァァァ!嫌われたアアアァァァァァァァ!!


    ユーキナイネン「私の人生オシマイダアアアアアァァァァァァァァ!!!!!!」


    エーリカ「なんてこった!エイラの中のヘタレダムによってせき止められていたラヴが暴発してヘタレイラ・コエカケル・ユーキナイネン大尉に進化してしまった!

    サーニャ「そんな、エイラ……」

    芳佳「エイラさん、しっかりしてください!

    ユーキナイネン「ミヤフジーユルサナイカンナー!!」ダッ

    芳佳「きゃ、きゃああぁぁぁ!!

    ペリーヌ「み、宮藤さん!?

    ルッキーニ「ユーキナイネン大尉が宮藤のデュアル芳佳をこれでもかと言わんばかりにユーティライネンしてるぅ!

    ユーキナイネン「サーニャニテヲダシタバツダカンナ!ユルサナイカンナ!!モミモミモミモミ

    リーネ「」

    ペリーヌ「何やらリーネさんの方から怪しいクリック音が……」

    エーリカ「ま、まずいぞ!リーネの中の余り押してはいけない[ピーーー]気スイッチがオンになってしまった!」

    サーニャ「スイッチはオンになったのにハイライトはオフなっちゃうの?」

    ルッキーニ「ウジューこわいよぉふたりとも……」


    リーネ「芳佳ちゃんどいて!そいつ殺せない!」チャキッ


    エーリカ「うわぁなんのためらいもなくボーイズMk.Iを同僚に向けたぞ!

    サーニャ「リーネさん落ち着いて……!」


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2014/09/26(金) 23:26:25.16 ID:C0gInGMu0

    ゲルト「何を騒いでいるんだ!食堂で騒ぐのは軍規違反……宮藤大丈夫か!?

    芳佳「ば、バルクホルンさんたすけてくださぁ~い!」


    ユーキナイネン「チッパイ!チッパイ!モミニクインダヨオオォォォォミヤフジノムネハヨオオオオォォォ!」モミモミモミ

    リーネ「それ以上芳佳ちゃんを汚したらスオムスを一面永久凍土にしてやる!!」ガチャコ


    エーリカ「うわやめてリーネ!安全装置をはずさないで!!

    ゲルト「待ってろ宮藤!今お姉ちゃんが助けてやるからな!!」

    サーニャ「バルクホルンさん、お願いエイラを傷つけないで……」

    ゲルト「くっ妹の頼みは断れないが妹をたすけないわけにも行かない!どうすればいいんだ!」

    エーリカ「トゥルーデも落ち着いてよ!うわああぁぁぁ!もう大混乱だよ!」

    サーニャ「私はただみんなでクッキーが焼きたかっただけなのに……」グスン

    ゲルト「クッキーを焼くことがこんなに罪深いことだったとはさすがの私も知らなかった……まさか妹に教えられるとはな……」


    ???「お待ちなさい!!」


    ゲルト「あっ、あれはなんだ!?

    エーリカ「猫か、お花を愛する淑女か!?

    サーニャ「いいえ、あれは……」


    一同「ガリア貴族マンだ!」


    ガリア貴族マン「ガリアは一日にして成らず、ですわ!」


35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/26(金) 23:38:31.86 ID:C0gInGMu0

    ガリア貴族マン「まったくもう、なんなんですのあなた達は!少しは落ち着きというものを持ってくださいな!

    ガリア貴族マン「だいたいあなた達は日頃から自分でアプローチができていないのに他のか」
    ユーキナイネン「ウルサイゾ!ガリア貴族マン!オマエダッテ少佐ニ告白クデキナイクセニヨォー!!」モミモミ

    ユーキナイネン「何ガアプローチダコラァ!クンニシロオラァ!」バッ

    ガリア貴族マン「きゃああぁぁぁぁ!はしたない真似はおよしになってくださいまし!!

    ゲルト「なんということだ!ガリア貴族マンのズボンがユーキナイネン大尉に奪われてしまった!」

    エーリカ「ガリア貴族マンは洋服が乱れるとお上品パワーが下がって全力が出せない、大変だ!」

    リーネ「芳佳ちゃんが開放されました!ありがとうございますガリア貴族マン!」

    芳佳「まってリーネちゃん、まだ何も解決してないよ!」

    ルッキーニ「芳佳ぁ、なんとかしてよぉ~……」

    芳佳「私にそんなこと言われても……はっ!

    芳佳「そういえば聞いたことがあります!!

    サーニャ「なにか知っているの、芳佳ちゃん」

    芳佳「ガリア貴族マンの上品さの半分は坂本さんの愛のパワーで賄われていると!」

    リーネ「そ、そうだったんだ!早く少佐を呼んでこないと!

    ゲルト「いや、ちょっと待て!今日は坂本少佐は公休日だぞ!」

    芳佳「そ、そんな!じゃあ坂本少佐は例え部屋に板としても呼んでくることなんて出来ません!」

    サーニャ「公休日を邪魔する権利なんて私達にはありませんし……」

    エーリカ「くそう、八方ふさがりじゃないか……」

    芳佳「……あっ!ちょっと待ってください!」

    芳佳「よいしょよいしょ」ヌギヌギ

    リーネ「ど、どうしたの芳佳ちゃん!?なんで突然全裸に!?ファンサービスなの!?ありがとう!!!

    ゲルト「くっしまった、今日に限ってカメラを自室においてきてしまった!!」


36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/26(金) 23:56:05.40 ID:C0gInGMu0

    ガリア貴族マン「うぅ……お股がスースーしますわ……」

    ユーキナイネン「ウガー!コノストッキングハツンツン成分ガツヨスギテ腹ノタシニモナラナイジャナイカー!!」プンプン

    ガリア貴族マン「食べないでくださいまし!

    芳佳(裸)ガリア貴族マーン!

    ガリア貴族マン「な、なんですの宮藤……貴方何故裸に!?

    芳佳(裸)これは坂本さんの練習着です!今朝坂本さんに借りたんですが、ガリア貴族マンに貸してあげます!

    芳佳(裸)「受け取ってください!えーい!」バッ

    ルッキーニ「激しい動きなのにじぇーんじぇん揺れないねー芳佳の胸ー」

    エーリカ「私達も揺れないし人のこと言えないよ。でもせめてミーナだったら眼福だったのに」


    ガリア貴族マン「こっこれは……確かにタグに坂本美緒という少佐直筆のお名前が!!」

    ガリア貴族マン「ありがとうございます宮藤さん!これで戦えますわ!スーハースーハー

    ガリア貴族マン「ガリア貴族ツルツルお股にファイナルフュージョン!承認ですわ!

    ユーキナイネン「ソンナモンジャナクテヨー!サーニャノストッキング持ッテコイヨオラァー!」


    ガリア貴族マン「超人合体ですわ!!空間湾曲!スーパーガリア貴族ディバイディングウォータードライバー!


    説明しよう!スーパーガリア貴族ディバイディングウォータードライバーとはお股の空間を湾曲し的に正義のシャワーを浴びせるガリア貴族マンの必殺技なのだ!主成分は主に白ワインとされているがなんか黄色いぞ!


    ユーキナイネン「グァー!ナンダコレハァァァァ!!デッカイシュゴシンダアアァァァァ!!

    ユーキナイネン「奇跡……神秘……真実……夢……」


    エイラ「あ、あれ……私は一体食堂で何を……うわぁなんでこんなストッキングなんか咥えてるんダ!?なんかションベン臭いゾ!」


37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/26(金) 23:59:44.40 ID:C0gInGMu0

    サーニャ「エイラ!」ギュッ

    エイラ「サ、サーニャ!どうしたんダ……」ドキドキ

    サーニャ「よかったエイラ……ごめんねエイラ」ギュー

    エイラ「な、なんかよくわかんないけど色々と丸く収まった気がするゾ」

    サーニャ「でもエイラ……なんかアンモニア臭い……」

    エイラ「」

    芳佳「よかったよかった!これでお菓子作りが再開できますね!

    ルッキーニ「わーい!やっとお菓子作りだぁー!」

    サーニャ「今日作ったクッキーはエイラにもちゃんとあげようかな……」

    リーネ「エイラさんきっと喜びますよ!

    エーリカ「一時はどうなるかと思ったよ~さて私は直径30センチのクッキーつくるぞー!」


    ガリア貴族マン「恋愛は自由といいますけど、待ってるばかりでは何も始まりませんわ!

    ガリア貴族マン「節度と風紀を守って恋愛を成就させるよう務めることですわね、ではごきげんよう!」


    芳佳「ありがとう、ガリア貴族マンさん!

    サーニャ「エイラを助けてくれてありがとう」

    ゲルト「また助けられてしまったな!ガリア貴族マン!」

    エーリカ「……それでなんだけどさ」

    芳佳「? なんでしょうハルトマンさん」

    エーリカ「このガリア貴族マンのお小水だれが片付けるの?」

    芳佳「どうしましょうか……」



    第四話「大決戦!不健全恋愛怪人大集合!」おわり





38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/27(土) 00:11:48.26 ID:ZzxVhpu30

    ペリーヌ「あら、宮藤さん大きい荷物ですこと。何を運んでいらっしゃいますの?」

    芳佳「あ、ペリーヌさん。扶桑からの支援物資です。たった今届いたところなんですよ」ガラガラ

    ペリーヌ「まあそうでしたの。お手を貸したほうがよろしいかしら?」

    芳佳「あ、大丈夫ですよ。バルクホルンさんとシャーリーさんが手伝ってくれてますので」

    ペリーヌ「ではお言葉に甘えまして……そうそう、あとで私のお部屋に来てくださいまし」

    リーネ「えっ芳佳ちゃんを部屋に呼んで何をするつもりなんですかペリーヌさん」

    ペリーヌ「きゃっ、リーネさんいつの間に!?

    リーネ「芳佳ちゃんのハジメテの危機を感じ取って飛んできました」

    ペリーヌ「そ、そうですの」

    ゲルト「リーネは心配症だな。姉妹同士でそんな不順なことをするわけがないだろう?」

    リーネ「ああ、そういえばそうでしたね」

    芳佳「姉妹……?」

    ペリーヌ「余り本気になさらないほうがいいですわよ、宮藤さん」

    芳佳「はぁ……そうですか?」

    シャーリー「そうそう。夫婦の間違いだからな」

    芳佳「夫婦……??」

    ペリーヌ「お気になさらずに。宮藤さん」

    芳佳「は、はぁ」

    芳佳「ふぅ。こんなもんかなー」

    芳佳「あっこれはうちの地元からだ!ぶどうジュースかな?そういえば坂本さんちょっと疲れ気味だったなぁ」

    芳佳「坂本さんに持って行ってあげよう。疲れた時には甘いもので疲労回復してもらわないと!」

    美緒「ん、どうした宮藤」

    芳佳「あ、坂本さん。これ良かったら飲んでください。うちの地元でとれたぶどうジュースです」

    美緒「おぉ、すまんな。ちょうどのどが渇いていたんだ。どれ、食堂からコップを持ってきて早速飲んでみるか」

    芳佳「はい!よかったぁ。喜んでもらえて何よりです!」


39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/27(土) 00:18:07.28 ID:ZzxVhpu30

    エーリカ「じゃあ次はルッキーニの番」

    ルッキーニ「ウジュジューこれにしゅる!」スポッ ガッシャーン

    ルッキーニ「ウギャー!崩れちゃったぁ~!」

    エイラ「全く、何も考えずに抜くからいけないんだゾ、ルッキーニ」

    サーニャ「ジェンガって楽しいわね、エイラ」

    エイラ「リーネの国のおもちゃらしいけどこれ面白いよナー」

    エーリカ「よーし、もう一度組み立てて勝負だ!」

    ルッキーニ「もっかいやるー!

    エイラ「よし組立ったゾ。じゃあさっき負けたルッキーニからだナ」

    ルッキーニ「うーがんばる!」

    サーニャ「ルッキーニちゃんがんばって!」

    エーリカ「さすがに一本目から崩れるってことはないと思うけどね~」

    ルッキーニ「これ!」スルー……


    芳佳「きゃあああぁぁぁぁぁぁぁ!!」


    ルッキーニ「ウジュア!ガャーン

    エイラ「おいおいマジかヨー、ルッキーニしっかりしろヨー」

    サーニャ「待ってエイラ!今どこかで芳佳ちゃんの叫び声が聞こえたわ」

    エーリカ「食堂の方かな……行ってみよう!」ダッ

    サーニャ「芳佳ちゃん!」ダッ

    ルッキーニ「あたしもいくー!」

    エイラ「お、オイ待ってくれヨー!」


40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/27(土) 00:28:38.92 ID:ZzxVhpu30

    エーリカ「ミヤフジ!どうしたの!?」

    ペリーヌ「皆さんもいらしたんですのね」

    ゲルト「ハルトマンか……これを見てくれ」

    サーニャ「そっそんな……酷い」

    ルッキーニ「ヴェーダディコレー」

    エイラ「宮藤、お前一体どうしちゃったんダ!?」

    エイラ「その顔中のキスマークはなんなんダ!?

    芳佳「うぅ……さ、坂本さんが……」

    シャーリー「何!?これやったの少佐なのか!?」

    ミーナ「まぁ宮藤さんその格好……もしかして美緒にお酒を飲ませたりした?」

    エーリカ「あ、そっか。宮藤はこれがワインって気づかなかったんだな。これジュースじゃなくてワインだよ」

    芳佳「えぇ!?そうだったんですか!?

    ゲルト「たしかにこれはワインだな。しかしずいぶん甘みが強いな。余りアルコールも強くないが」

    ミーナ「美緒はアルコールに弱いから……」

    ペリーヌ「以前にもこんなことがあったと聞いておりますわ」

    サーニャ「とにかく芳佳ちゃんの怪我がなくてよかった……」

    芳佳「ありがとうサーニャちゃん。私は大丈夫だよ!」

    エイラ「そういえばサ、宮藤」

    芳佳「何ですか」

    エイラ「こう言うはしたない系事件で一番に駆けつけそうな奴が居ないけどどうしたんダ?」

    エイラ「リーネがいないゾ」

    芳佳「リーネちゃん……そういえば一番最初に駆けつけてくれたんですけど」

    芳佳「なんか『安心して芳佳ちゃん!私、正しい気持ちで自分のヤるべきことをきっちりヤってくる!』って」


    芳佳「対戦車ライフルを抱えてどこかに行ってしまって……」

    エイラ「……」

    シャーリー「……マジか」


    ミーナ「皆さん!急いでリーネさんと美緒を探しましょう!美緒を見つけたらすみやかに保護してここに連れてきて!


    一同「「「「了解!!!」」」」


41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/27(土) 00:41:49.95 ID:ZzxVhpu30

    サーニャ『こちらリトビャク中尉。格納庫にて全裸で寝ている坂本少佐を保護しました。これよりそちらに移送します』

    ミーナ「了解。よくやったわサーニャさん。バルクホルン大尉、イエーガー大尉はリトビャク中尉の援護に回って」

    ゲルト「了解」

    シャーリー「イエスマム」

    ミーナ「他の皆は引き続き警戒にあたって。何かあった場合はすみやかに連絡すること」

    芳佳「すみません、ミーナ中佐……私のせいで坂本さんを……」

    ミーナ「いえ、間違いは誰にでもあるもの。しかたがないわ」


    サーニャ『キャアアアァァァ!!


    ミーナ「!?」


    エイラ『ウワアアァァァ!!サーニャドウシタ!サーニャアアァァァァ!!


    ミーナ「イエーガー大尉!報告を!


    シャーリー『メーデー!メーデー!ブリタニアサイコパスの襲撃を受けている!!

    ゲルト『やめろリーネ!それはクリスの写真!それだけは……アアアアァァァァ!!

    サーニャ『リーネさんそれは私の大切なエイラの寝顔写真……そ、そんな……』

    シャーリー『うわああぁぁぁ!!や、辞めろリーネ!それ以上バルクホルンの口に……チッスはやめてくれぇ……!そいつの初チッスは私の……うわああああぁぁぁぁ!!

    シャーリー『ミーナ、助けてくれ!ミーナアアァァァ!!


    ミーナ「しかたがないわね……あれをするしか無いわ!宮藤さん!!

    芳佳「は、はい!


    ミーナ「いくわよ!ズウウウゥゥゥン!!
    芳佳「……!?!?/////


    ミーナ「大人のキスよ……帰ってきたら続きをしましょう……?」

    リーネ「よ、芳佳ちゃん!!」ダッ

    芳佳「リーネちゃん!!

    リーネ「悪い予感がしたと思ったら……この泥棒猫!!!

    ミーナ「なんとでも言うがいいわ!私は部隊員を守るために最善の行動を取っただけよ!!


42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/27(土) 00:48:54.32 ID:ZzxVhpu30

    リーネ「……これを見てください!」バッ

    ミーナ「そっそれは……美緒の扶桑訓練着!!

    リーネ「そうです。その上走り回ったせいか、すごく汗臭いです」

    ミーナ「な、なんてことなの……!?それをこっちに渡しなさい!

    リーネ「いいですよ……これをし終わった後なら」サッ

    ミーナ「……!?や、やめなさいリーネさん、それはいけません!そんな……」


    ミーナ「汗臭い美緒の至高の訓練着にファブリーズをかけるなんて!!」


    芳佳「そ、そんなのダメだよリーネちゃん!坂本少佐は汗を書いたらすぐ洗濯しちゃうから……とっても珍しいんだよ!?

    リーネ「でも、芳佳ちゃんのはじめては帰ってこないから!!

    芳佳「それは違うよリーネちゃん実はわた」


    ???「お待ちなすって!!」


    リーネ「あっ!?あれは何!?」

    芳佳「メガネの中尉?ガリアの誇り高き貴族!?

    ミーナ「違うわ!あれは……」


    一同「ガリア貴族マンだ!!」


    ガリア貴族マン「すべての道はガリアに続く、ですわ!」


43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/27(土) 01:02:20.30 ID:ZzxVhpu30

    ガリア貴族マン「一番を取られてしまって気持ちはわかりますわ、リーネさん」

    ガリア貴族マン「でも順番だけが全てではありませんわ!私も坂本少佐のはじめてではあり」
    リーネ「ガリア貴族マンさんは全然分かっていません!!」

    リーネ「順番だけが全てではない……?確かにその通りです。でも」

    リーネ「芳佳ちゃんの特別は、すべて私の物にしたいんです!この気持がおわかりになりませんか!?

    ガリア貴族マン「うっ……そっそれは……」

    リーネ「芳佳ちゃんがはじめて作ったジャーマンオムレツ、芳佳ちゃんがはじめて触れた雑巾、芳佳ちゃんがはじめて作ったコントスケッチですら、私のものにして来たんです」

    リーネ「ガリア貴族マンだって坂本さんの何かを独り占めすることによってパワーアップして来たじゃないですか!?」

    ガリア貴族マン「……!!!そ、それは……!」

    リーネ「何が貴族ですか!はしたないじゃないですか!

    ガリア貴族マン「あぁ!ガリア貴族上品メーターが下がって行きますわ……!」クタッ


    ミーナ「あぁ、なんてこと……!自分のはしたなさを恥じた為にガリア貴族マンの上品パワーが下がってしまったわ!」

    芳佳「こ、今回は坂本さんはどこかで寝てますし、今日は私自分の練習着なのでパワーアップアイテムを持ってないです!」

    ミーナ「な、何かないかしら……美緒が使ったお箸とか、美緒が使った歯ブラシとか……」

    芳佳「ごめんなさい、食器は全部洗っちゃいましたし、歯ブラシは坂本さんの部屋の中です……」

    ミーナ「なんてことなの……もう八方ふさがりじゃない……」

    エーリカ「ミーナ、宮藤!大丈夫!?

    ルッキーニ「ウジュー!諦めちゃダメだよガリア貴族マン!!

    エーリカ「ちなみにエイラはサーニャの救護に行ったよ」

    ミーナ「そう……でももうダメみたいね……ガリア貴族マンも、私達も……」

    リーネ「芳佳ちゃんのはじめてを奪った罪、きっちり指揃えて償ってもらいます!」


    ???「待つんだ!!」


    リーネ「だ、誰ですか!?

    芳佳「あぁ!あれは……!!


44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/27(土) 01:11:27.82 ID:ZzxVhpu30

    お姉ちゃんマン「何を恐れることがあるか!何を恥じることがあるか!」

    ガリア貴族マン「お、お姉ちゃんマン」

    恋するうさちゃんマン「俺も居るぜ」

    ガリア貴族マン「恋するうさちゃんマン……」

    お姉さんマン「そう……あなたたちだけにいい格好をさせるわけには行かないわね」

    ガリア貴族マン「お姉さんマン」


    芳佳「これが……淑女パワーですか……!!」


    お姉ちゃんマン「ガリア貴族マン!お前は立派な貴族……ひいては淑女ではないか!!

    お姉ちゃんマン「イエス観察ノータッチ!誰よりもそれを遵守し、大切にしてきたのはお前だ、ガリア貴族マン!

    リーネ「なっ……そ、それは……!」

    ガリア貴族マン「私は……淑女……!」

    恋するうさちゃんマン「そうだよ。ガリア貴族マン、立つんだ!私達を信じるんだ!

    お姉さんマン「そうよ!ガリア貴族マンさん、貴方一人でも、例え美緒が居なくても、貴方なら出来るわ!だって貴方は!



     誇 り 高 き 淑 女 な の だ か ら ! 



    ガリア貴族マン「ガリア貴族としての……誇り!淑女としての……嗜み!!


    エーリカ「おおぉぉ!!ガリア貴族マンの上品パワーが回復している!!

    ルッキーニ「がんばれガリア貴族マン!みんながついてるよ!

    芳佳「がんばってください!ガリア貴族マンさん!リーネちゃんを助けてあげてください!!


    ガリア貴族マン「……私は!ガリア貴族マン!」

    ガリア貴族マン「誇り高きガリア貴族マンですわ!!」キリッ


45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/27(土) 01:24:25.83 ID:ZzxVhpu30

    ガリア貴族マン「リーネさん……何か気づきませんこと?」

    リーネ「な、なんですか?ガリア貴族マンさん!」


    ガリア貴族マン「貴方は……芳佳ちゃん警察だったはずでしてよ!!

    リーネ「!!!!!!」


    ガリア貴族マン「芳佳ちゃん警察……それは宮藤さんを守り、宮藤さんを愛護する為の組織であるはず」

    ガリア貴族マン「それなのに貴方は権力を行使し、それを私利私欲のために使ってしまっていますわ!!」

    リーネ「わ、は……私……!」

    ガリア貴族マン「顔を洗ってもう一度冷静になってみるべきですわ……行きますわ!

    ガリア貴族マン「必殺!スーパーガリア貴族ハイパーワンダフルマジカル上品ウォーター!!

    リーネ「きゃああぁぁぁぁ!!な、なんですかこの微妙な生ぬるさは!!

    ガリア貴族マン「もう、いいんですのよ……リーネさん……」

    リーネ「う、うぅ……」ススッ


    ルッキーニ「あっむしぃ!

    芳佳「あっお姉ちゃんマンのおしりに虫が!」

    エーリカ「もたあぁぁぁぁぁ!!」ビーン!!

    お姉ちゃんマン「ひああああぁぁぁぁ!!」

    エーリカ「あれ……?これ虫じゃないや、ネウロイだ!

    お姉さんマン「まぁ!この一連の事件はネウロイのせいだったのね!お手柄だわ!ガリア貴族マンさん!」

    ルッキーニ「しゅごーい!さすがガリア貴族マンだー!」


    ガリア貴族マン「そう、恋愛とは常にプラトニックな関係でなければいけませんわ!

    ガリア貴族マン「YES!観察!ノータッチ!ガリア貴族マンとお約束しましょう!

    お姉ちゃんマン「あぁ、そうだな!

    恋するうさちゃんマン「大切なことだな。次に行くのは関係も一歩進んでからだ。例えば夫婦とかな!」

    お姉さんマン「恋愛にも王道はない、そういうことかしら?」

    ガリア貴族マン「皆さん……とても助かりましたわ。何とお礼を言っていいか言葉が見つかりませんわ……!」

    ガリア貴族マン「それでは……ごきげんよう!」


    ルッキーニ「ありがとー!ガリア貴族マン!

    芳佳「リーネちゃんを助けてくれてありがとう!ガリア貴族マンさん!」

    リーネ「ガリア貴族マンさんごめんなさい……そしてありがとう!

    エーリカ「ガリア貴族マン、フォーエバー!!


46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/27(土) 01:38:31.65 ID:ZzxVhpu30

    ペリーヌ「そう、そんなことがありましたのね」

    芳佳「そうですよ!ペリーヌさんが坂本さんの手当をしている間に皆が来てくれたんです」

    ペリーヌ「ま、私には関係のないことですわ、興味もございません」

    芳佳「えぇ~、本当は見たかったんじゃないですか?ペリーヌさんも」

    ペリーヌ「ガリア貴族マンだかガリア復興マンだか知りませんが、私の知ったことではありませんわ!」

    エイラ「なんだヨー、ツンツンメガネは素直じゃないナー」

    サーニャ「……」

    ペリーヌ「な、なんですの?サーニャさん」

    サーニャ(もしかしてペリーヌさんが……)

    サーニャ「いえ、そんなはず無いですよね。なんでもないです」

    ペリーヌ「そ、そうですの……おかしなサーニャさん」

    エーリカ「あー直径30センチクッキーおいしいなー、やっぱクッキーはチョコチップに限る!」

    ルッキーニ「あたしはキャラメルが好きー!」

    エーリカ「確かにキャラメルも捨てがたいなぁ」

    芳佳「まだまだいっぱいあるからたくさん食べてくださいね!私のおすすめはペリーヌさんが作った紅茶クッキーです!」

    ペリーヌ「……ふん!お、お世辞を言われても嬉しくなんてありませんわ!」

    エーリカ「……ペリーヌってば~ありがとうって言えばいいのになぁ」ニヤニヤ

    ペリーヌ「う……あ、ありがとうございます、宮藤さん」カァ

    芳佳「……!はい、ペリーヌさん!」

    エーリカ「そういえばリーネはどうしたの?」

    芳佳「なんだかお仕事が忙しいみたいで今何処にいるのか……」

    ペリーヌ「まぁ、大変そうですわねリーネさん」



    扶桑



    芳佳ちゃん警察「芳佳ちゃん警察501芳佳ちゃん総本部芳佳ちゃん警視総監ですです!芳佳ちゃんドラッグの違法取引は条約で規制されています!

    現地妻みっちゃんマン「くっ、みつかっちゃった!逃げないと!」ダッ

    芳佳ちゃん警察「無駄な抵抗はやめなさい!貴方は包囲されています!」

    芳佳ちゃん警察「待ちなさい!芳佳ちゃん警察、服部静香です!貴方達の取引は私達が許しません!」

    現地妻みっちゃんマン「芳佳ちゃんを忘れないためには……これしかないの!」ダダダッ

    芳佳ちゃん警察「「まて~!!」」



    最終話「淑女!正義のガリア貴族マン」おわり





    芳佳「ご存知!正義のガリア貴族マン」 



47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/27(土) 01:39:22.04 ID:ZzxVhpu30

    終わり すみませんした


48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/09/27(土) 08:56:01.68 ID:734N7BPYO

    乙
    なかなかどうして



50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/27(土) 12:14:20.47 ID:8bwi5axY0

    こういう頭の悪いSSすき
    頭の悪いSSは頭がよくないと書けない

49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/09/27(土) 10:26:27.91 ID:zPMoZACDO

    ペリーヌが所構わずマーキングするSSかと思いきや、正統派のヒーローものSSだったな


おすすめSS


エイラ「おねしょしてしまった」

うおおおおおぉぉおお!(歓喜)サーニャにいじわるされるエイラがかわいいです。

ハンナ「アフリカじゃあ水の一滴が血の一滴だ」エーリカ「オシッコでも飲めば?」

有効活用は大事です!!!そもそも逆に捨てる意味なんてあるんですか!!??

ペリーヌ「わたくしがいっぱい」

一人もらっていきますね。

宮藤「HOI?」みっちゃん「そう!私の大好きなゲームなの!」

みんなこわいです。ゲームは友達をなくさない程度に熱くなりましょう。

坂本「宮藤、相撲は好きか?」芳佳「お相撲ですか?」

もっさんの 相撲が見たい という気持ちから501で相撲をとることに!モチロンまわしです!必見!

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2014年10月08日 07:03:47

ホースパワーww
ジェレミーじゃねーかw

-名無しの三等兵 - 2014年10月08日 10:40:32

本当に来た!
そして念のために・・・同じ事言うけど
『マン』じゃなくて『ウーマン』な・・・
(といってもそこに拘る意味はないが・・・)

-名無しの三等兵 - 2014年10月08日 11:24:21

愛のパワーをください!

-名無しの三等兵 - 2014年10月08日 14:09:20

俺のペリーヌが所構わず放尿なんてするわけ…
あ、ガリア貴族マンでしたか。じゃあいいです(ゴクゴク)

-名無しの三等兵 - 2014年10月08日 23:09:59

東映のスパイダーマンの主題歌聴きながらこれ見たらめっちゃ面白かった(小並感)

-名無しの三等兵 - 2014年11月16日 13:32:11

必殺技がひどすぎるwwwww

-名無しの三等兵 - 2014年12月03日 15:33:54

マンであってるからな
何もおかしくない

-名無しの三等兵 - 2015年06月24日 11:10:07

manには人って意味もあるからな,問題ない

-名無しの三等兵 - 2016年06月17日 19:16:45

そういえば東映版スパイダーマンに力を与えた宇宙人の名前はガリアだったな

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo