管理人おすすめ




エーリカ「右手と左手をこう、ぱんっと合わせる訳です。」

SW_e-rika_07.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 01:01:02.26 ID:B/eVnWFQO

エーリカ「そしてそのまま合わせた手を離して地面につけます。」

ミーナ「するとどうなるの?」

エーリカ「死んだトゥルーデが生き返ります。」

ゲルト「私はまだ死んでいないんだが。」

エーリカ「それじゃあ意味ないじゃん!」

ゲルト「遠回しに私に死ねと?」


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 01:05:29.60 ID:B/eVnWFQO

エーリカ「何だよもう…。」

ゲルト「お前が何なんだ。」

エーリカ「イベント行けた人間は
鋼錬リアルタイムで見れてないぞ!ざまぁみろ!

ミーナ「負け惜しみね?」

ゲルト「負け惜しみだな。」

エーリカ「…行きたかったよぅ…。くそぅ…。」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 01:09:37.06 ID:UNGmKkDyO

スレタイが
ぱんつ
に見えた


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 01:10:16.42 ID:geawA90zO

エーリカちゃんかわいい


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 01:11:41.75 ID:B/eVnWFQO

ゲルト「全く、今度は何だハルトマン。」

エーリカ「え?いや、某アニメ関連スレまとめサイト
で見たレポが楽しそうで腹が立ったから…。」

ゲルト「まさかそれだけのために私達を呼んだ訳か?」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 01:16:02.93 ID:B/eVnWFQO

ミーナ「あのねエーリカ。私達そんなに暇じゃないんだけど…」

エーリカ「ちょっ、ミーナ、顔怖い!顔怖いよ!

ゲルト「そんな下らない理由で呼び出されたんだ。腹も立つ。」

エーリカ「な、何だようトゥルーデまで!
あ、あれだよ!調べたい事があるの!」

ゲルト・ミーナ「調べたい事…?」

エーリカ「うん、皆気になってるハズ!!」

ミーナ「なぁにそれは?」

エーリカ「えへへ、調べたい事とは~…、ミーナは本当に18歳なのか!?

ゲルト「おいやめろ馬鹿早くもこのスレは終了ですね。」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 01:27:47.76 ID:B/eVnWFQO

ミーナ「エーリカ…?」

ゲルト「ひいっ、ミーナがとても口では形容しがたい表情に!
早く、早く謝れハルトマン!死にたいのか!?」

エーリカ「ち、違うよミーナ!
ミーナは見た目以上に若く見えるから本当に18なのかな!?って!」

ミーナ「あら、そういう事。全くエーリカったら…。」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 01:38:56.33 ID:B/eVnWFQO

ミーナ「そう、私そんなに若く見えるの…。」

エーリカ「う、うん。トゥルーデと同い年には見えないよ!」

ゲルト(おいハルトマン、この話題はやめろ。死にたいか。)

エーリカ(ごめんなさい。まだ死にたくないです。)

エーリカ「あ~、そういえば二期はどんな内容になるんだろうね。」

ゲルト「またあからさまに180度話の方向を変えてきたな。」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 01:55:50.69 ID:B/eVnWFQO

エーリカ「ウルスラも出るといいな。」

ゲルト「お前とは違っていい子だな、あの子は。」

ミーナ「大人しい子よねぇ。」

エーリカ「何だ、私に喧嘩売ってるのかー?」

ゲルト「そんなつもりは無いが…。」

エーリカ「私はウルスラよりも凄いんだぞ!」

ミーナ「是非教えて欲しいわ。何が凄いの?」

エーリカ「え?えーっと、その、睡眠時間?」

ゲルト「嫌な所で勝ってるな。」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 02:05:57.74 ID:B/eVnWFQO

エーリカ「いや、他にも勝ってる所があるハズ!
ほら、ねぇ、トゥルーデ、何かあるでしょ?」

ゲルト「…そこで私に振るか。あれか、ズボラな所?」

エーリカ「ズボラで勝ってても嬉しくない。」

ミーナ「ほら、名前!雛苺って名前はウルスラより可愛いわ!」

エーリカ「おい作品違うぞ」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/07(火) 02:14:56.51 ID:B/eVnWFQO

ゲルト「ミーナは仮にも上官だぞ、その言葉使いはどうなんだハルトマン?」

エーリカ「え?今の私が悪いの?」

ミーナ「エーリカ、胸は貴方の方が大きいんじゃないの?」

エーリカ「ん~…、どうだろ。ウルスラは厚着してるから分からないや。」

ゲルト「実は着痩せするタイプで
めちゃくちゃ胸が大きかったりするんじゃないか?」

エーリカ「そんな馬鹿な…。巨乳キャラはもう十分だよ!
これ以上はいらないんだよ!需要無いよ!」

ミーナ「何処の需要の話をしてるのかしら…」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 02:32:05.63 ID:B/eVnWFQO

エーリカ「そういえば胸が大きくなる魔法とか無いのかな?」

ミーナ「この世界の魔法はそういう事には使われないわね。」

ゲルト「ネウロイと戦うためのモノだからな。
普通のウィッチが出来るのはシルードを貼る事位だ。」

エーリカ「随分と不便だねぇ。もっと色々な事に魔法を使えたら良いのに!」

ゲルト「例えば?」

エーリカ「くしゃみをしたら風が起きて
相手の衣服を剥ぎ取っちゃうとか。」

ゲルト「何処の魔法先生だ。」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 02:42:50.33 ID:B/eVnWFQO


ミーナ「でもその魔法、この世界では何も役に立たないわね~。」

エーリカ「あ、そうだね。皆ズボン履いてないもんね。

ゲルト「やめろそれは言ってはいけない。」

エーリカ「え?いや、だって皆ズボン履いてないし。」

ゲルト「おいやめろそれは言ってはいけない。」

ミーナ「トゥルーデが同じ事しか言わなくなったわ…。」

ゲルト「おいやめろそれは言ってはいけない。」

エーリカ「お前はドラクエの村人か。」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 02:52:46.70 ID:B/eVnWFQO

ミーナ「そういえば、エーリカとウルスラって
双子だけ合って色々似てるわよねぇ。」

ゲルト「あぁ、確かにそうだな。
一見正反対に見えるが、確かに似ている所は複数あるな。」

エーリカ「え~、そうかなぁ。どんなトコが似てる?」

ゲルト「ん、そうだなぁ、やっぱり顔?」

エーリカ「そんなに似てる~?」

ゲルト「でも生活は正反対だな。」

エーリカ「煩いなぁ。」

ミーナ「そういえば、よく聞いてみると声がそっくりね。」


エーリカ「それは中の人一緒だから。」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 03:05:24.80 ID:B/eVnWFQO

ゲルト「そういうのは言っちゃダメだろう。
中の人何て居ない。夢が壊れるだろう。」

エーリカ「いやいや、中の人は居ますよ。」

ゲルト「いいや、居ない。」

エーリカ「マリア」


ゲルト「さんじゅうななさい」

ゲルト「はっ!?」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 03:09:30.31 ID:B/eVnWFQO

ミーナ「トゥルーデ、何だか楽しそうね。」

ゲルト「ハハハ、いや、何だか分からないが何故怒ってるんだ?」

ミーナ「今の、私何故か人事とは思えないのよね…」

ゲルト「中の人何て居ないぞ!中の人何て居ない!」

ミーナ「うふ…、ちょっと一緒に来てトゥルーデ♪」

ゲルト「あ、ああ…。まってくれ!ちょ、引っ張るな引っ張るな!!」

エーリカ「あ~あ…。連れて行かれちゃった…。」


ゲルト「ぎゃあああああああああああああ」

エーリカ「死んだな…。」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/07(火) 03:17:14.66 ID:B/eVnWFQO

芳佳「フフフフッフフフッフ、フンフフフ~♪」

芳佳「あれ、どうしたんですかハルトマンさん?」

エーリカ「ん?宮藤か~。」

芳佳「何だか良く分からないですけど、魔法陣?」

エーリカ「ん~ん。錬成陣。」

芳佳「?」

エーリカ「右手と左手をこう、ぱんっと合わせる訳です。」

芳佳「はぁ。」

エーリカ「そしてそのまま合わせた手を離して地面につけます。」

芳佳「するとどうなるんですか?」

エーリカ「死んだトゥルーデが生き返ります。」



おわり。



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/07(火) 03:19:21.84 ID:B/eVnWFQO

またしてもこんな下らないSSにここまでお付き合い頂いてありがとうございます。
ただ他の人のストパンSSが見たいだけでした。
後イベントレポも詳しく聞きたいです。




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 04:27:04.28 ID:hKTPyrJIO

オチがちゃんとしてて良かったな


おすすめSS


エーリカ「私は何も見てない私は何も聞いてない」

エーリカの受難はまだ続きます。

エーリカ「惚れ薬?」

ウルスラから惚れ薬をもらったエーリカ、使う相手はもちろん・・・ヴィルケ中佐マジ聖母

バルクホルン「惚れ薬・・・?」

惚れ薬を入手したお姉ちゃんはそれを芳佳に飲ませようと企むが・・・

バルクホルン「エーリカちゃんエーリカちゃん」ハルトマン「」ゾワッ

お姉ちゃんが幼児退行!?なにがあったのか!!

ミーナ「イモ禁止令を発令します」

突然の指令にたじろぐエーリカとバルクホルン、この無法な命令にどう立ち向かうか、またミーナの真意とは!?

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo