管理人おすすめ




バルクホルン「太刀使いか……」芳佳「ハンマーさんかぁ」

SW_miyahuji_16.jpg
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 18:19:15.75 ID:W8AvGKKXO

    バルクホルン「ううむ……クエスト進行を手伝うのは構わないが、初心者に太刀を振り回されるのは辛いな」

    バルクホルン「換えられるか聞いてみよう」

    芳佳「え、太刀って嫌われてるのかな……私知らなかった……」

    芳佳「しょうがない、ライトボウガンにしよっと」

    バルクホルン「ライトか……やや不安が残るが、私ならこの程度なんとでもなるだろう」

    バルクホルン「むっ」

    芳佳「あ、誰か入ってきた」

    シャーリー「切断は私のスラックスに任せて下さい、っと」

5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 18:24:04.30 ID:W8AvGKKXO
    バルクホルン「HR6か、うむ! これは心強い」

    バルクホルン『よろしくお願いします^^』

    芳佳『皆さんの足を引っ張らないよう頑張りますのでよろしくお願いします!』

    シャーリー『よろしくねー』

    バルクホルン「最初のクエストは……下位ジンオウガか」

    シャーリー「一応ひやしアメ飲んでってやるか」


6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 18:30:08.07 ID:W8AvGKKXO


    《制限時間は50分です》


    バルクホルン『5にオウガいます^^』

    芳佳『分かりました』

    シャーリー『injuさん、危なくなったら下がって下さいね』

    芳佳『気を付けます』

    バルクホルン「初心者にしては礼儀正しいし、なにより素直だ」

    バルクホルン「まるでクリスか宮藤のような……」

    芳佳「この人の^^ウザいなあ」


7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 18:30:36.62 ID:8w8nn/Vb0

    淫獣やめろwwww

9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 18:45:04.65 ID:W8AvGKKXO

    シャーリー『クリスさんは火事場ありますか?』

    バルクホルン『付いてないんで使っちゃって下さい^^』

    シャーリー『了解ですゝ』

    バルクホルン「オウガは頭が高いからな、ダメージソースになるのは私よりもスラックスだろう」

    バルクホルン「とはいえ、下位なら適当に殴っているだけでも問題は無いだろうが」


10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 18:51:25.39 ID:W8AvGKKXO


    ガオオオン


    芳佳『おっきいですね』

    バルクホルン「ふふ……この新鮮な反応が可愛らしい」

    バルクホルン『最大金冠になったらこんなものじゃないですよ^^;』


    芳佳「うざっ」


    バルクホルン『先にファンゴやっときますね^^』

    シャーリー「お、このハンマー分かってんな」

    シャーリー『お願いします』


11 : ◆Void00xMl6 : 2012/04/03(火) 18:52:33.45 ID:43bFPhvSi

    うざっとか言っちゃダメ。

31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 19:40:00.66 ID:Fhw8e19H0

    本人にその気がないにしても^^は煽りにしか見えないよな


36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 19:48:18.72 ID:Ys8135Q/P

    初心者が使う^^ならまだ好意的にみれる余地あるけどこれは完全に煽り

14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 19:05:31.79 ID:W8AvGKKXO

    バルクホルン『スタミナ切れましたね^^』

    シャーリー『尻尾もうちょいです』

    芳佳『もう少しですか?』

    シャーリー『すぐ終わりますよ』

    バルクホルン「おっ」

    シャーリー「転倒チャーンス! 強撃属性解放付きィ!」

    バルクホルン「スタンプスタンプ」

    芳佳「攻撃のチャンス? え、えっと」


    >拡散弾 Lv1


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 19:06:50.20 ID:IYQYGYNC0

    大迷惑太刀もっさんはよ

16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 19:07:19.32 ID:9DTlmxVwi

    モンハンよく知らないけど面白そうだから支援

19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 19:15:02.24 ID:W8AvGKKXO

    シャーリー「フィニィーッシュ!」

    バルクホルン「1、2の!」


    ドカァン



    シャーリー「えっ」

    バルクホルン「あっ」



    《モンスターを討伐しました》

    《1分後に帰還します》


    芳佳「やった!」

    芳佳『やりましたね! お疲れさまです!』


22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 19:22:25.76 ID:W8AvGKKXO

    バルクホルン「……」

    シャーリー「……」

    芳佳「しゃべってくれないなあ」

    芳佳「まあ、剥ぎ取り中じゃ仕方ないか」

    芳佳「あっ、確か尻尾も剥ぎ取れるんだよね」


    ザクッザクッ


    《クエストクリア!》


24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 19:23:46.15 ID:MvcxpqP30

    ん?なにこれ、なにがマズいの

26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 19:25:38.99 ID:z4uydEnW0

    味方に玉当てられたら怒っちゃうんだよこの人達は

28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 19:30:25.94 ID:ELAwVuqk0

    拡散ならまだましな方だな
    散弾だったら避けられる気がしない


27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 19:30:08.10 ID:W8AvGKKXO

    芳佳『次もお願いしていいですか?』

    バルクホルン『すみません^^; フレに呼ばれたんで落ちますね^^;』

    芳佳『お友達ですか? わかりました、ありがとうございました』

    バルクホルン『どうも^^;』

    芳佳『シャルロッテさんは大丈夫ですか?』

    シャーリー『大丈夫ですけど、injuさん』

    芳佳「?」


30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 19:38:33.17 ID:W8AvGKKXO

    シャーリー『ハンターの使う武器って、味方にも当たっちゃうんですよ』

    シャーリー『片手とかハンマーみたいな武器なら割と大丈夫ですけど』

    シャーリー『さっきの拡散とか散弾は、跳ぶ方向が予測できないので』

    シャーリー『結構味方も巻き込んでしまうんです』

    芳佳『そうだったんですか? すみません……』

    芳佳『クリスさんに悪いことしてしまいました』

    シャーリー『次から気をつけて貰えれば大丈夫ですよ』


32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 19:40:23.91 ID:xlEqUooN0

    シャーリーは相変わらずシャーリーだな

35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 19:47:40.38 ID:W8AvGKKXO

    シャーリー「ま、結局討伐できたからいいんだけどな」

    シャーリー「さて…そうだな……」

    シャーリー『injuさん、一旦解散して別な人探しませんか?』

    シャーリー『二人でやるより効率いいですし』

    芳佳「え……解散してもいいけど、また来てくれるのかな……」

    芳佳『私とシャルロッテさん以外の人を探すってことですよね?』

    シャーリー『そうですよ』

    芳佳「良かった」


38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 19:58:13.63 ID:W8AvGKKXO

    芳佳「だれか来てくれるかなぁ」

    芳佳「あっ」

    『はじめまして。私にもお手伝いさせて頂けますか?』

    シャーリー「!」

    芳佳「この名前、この武器……まさか……!?」

    芳佳「と、とりあえず許可を……」

    MIO『ありがとうございます。よろしくお願いしますね』


42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 20:08:15.69 ID:W8AvGKKXO

    MIO『何行きますか?』

    芳佳『ナルガクルガってやつをお願いします』

    MIO『了解です

    シャーリー「嘘だろ。少佐が""なんて使うのか……」

    シャーリー「……いや、まさかな。偶然だ」

    MIO『シャルロッテさん、叩きつけ回避の為に尻尾優先でお願い出来ますか?』

    シャーリー『はい、任せて下さい』

    シャーリー「こいつがただの太刀厨か、それとも……」

    シャーリー「私が見極めてやる」


45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 20:23:06.30 ID:JvM5TT9kO

    もっさんを下の名前で呼ぶ奴といえば


    いやなんでもない


46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 20:23:42.39 ID:W8AvGKKXO


    ギャオオーン


    芳佳『強そうですね』

    MIO『強いですよー、ふふふ』

    シャーリー「……」

    MIO『迷惑切りしないようにしますが、ぶつかったらごめんなさい!』

    シャーリー『割と大きいし、近づきすぎなければ平気だと思いますよ』

    MIO『どうもー。気をつけますね

    シャーリー「……見せてみろ!」


52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 20:39:36.83 ID:W8AvGKKXO


    MIO『ナルガちゃん、こっちだよー』

    シャーリー『もうちょいで尻尾一段階です』

    MIO『はーい』

    芳佳「リロードしなきゃ……」


    バッ


    シャーリー「やべえ!」

    芳佳「ちょ……」


    ズバァ!


57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 20:48:02.82 ID:W8AvGKKXO


    回転切りを封印した剣士の刃は 尾を断つことが出来るのか?

    太刀振るう剣士の刃は 対手に触れぬことが出来るのか?

    出来る 出来るのだ



    ギャオン!


    MIO『危なかったですねー』

    芳佳「……!」

    シャーリー「す…すげぇ……!」

    MIO『これ、私がシャルロッテさんの手柄横取りした形ですか? すみません…』


67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 21:01:44.30 ID:W8AvGKKXO


    その後――
    太刀を背負った正体不明のハンター『MIO』は
    八面六臂の活躍を見せ続けた


    そして


    ギュアアァ…


    《モンスターを討伐しました》

    《1分後に帰還します》


    MIO『終わったーv』

    芳佳『お二人ともありがとうございました!』

    シャーリー『お疲れさまー』

    シャーリー「……」

    シャーリー「これが……サムライ……」


69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 21:03:39.72 ID:5uYhJ4F3O

    坂本さんすげえええ

74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 21:13:36.90 ID:W8AvGKKXO

    芳佳「もう一個お願いしていいですか?」

    シャーリー『いいよー』

    MIO『ごめんなさい、そろそろ仕事に戻らなきゃなので……』

    芳佳『そうですか……ありがとうございました!』

    MIO『本当にすみません! 夜はほぼ毎日いるので見かけたら誘って下さい

    シャーリー『お疲れ、少佐』

    シャーリー「ふふん。本当に少佐だったりしてな」


    MIO『おつかえsまでしtや』


    シャーリー「……」


    シャーリー「なにこれ。え? 嘘だろ?」


76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 21:15:15.73 ID:RqaQ1gjo0

    わろたwwwwwwwwww

78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 21:23:33.86 ID:W8AvGKKXO



    ―同時刻―



    ミーナ「しょうs……」

    ミーナ「まさか……バレた…!?


    コンコン


    坂本「ミーナ、入るぞ」ガチャッ

    ミーナ「えっ!」

    坂本「なんだ、どうした」

    ミーナ「え、いっ、いや、なんでもないわ」カタ…カタ…

    坂本「そんなに疲れているのか? どれ、肩でも揉んでやろう」

    ミーナ「待って!」ッターン

    坂本「何を焦っているんだ?」

    ミーナ「……なんでもないの。もう大丈夫だから」

    坂本「?」



    おわり



82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/03(火) 21:28:44.20 ID:kQ9iX6qc0

    おつおつ


おすすめSS


バルクホルン「夜間巡回だ」

お姉ちゃんモード全開です、テンポもイイし終わり方もよかったです。

バルクホルン「お前は私の妹だからな!」

お姉ちゃんに甘えるエイラがカワイイです。

宮藤「トゥルーデお姉ちゃん!」バルクホルン「」

芳佳が本物の妹に!?お姉ちゃんの対応は・・・

宮藤「扶桑からカラオケが送られてきました!」

まさか、いや、予想できる展開か?”彼女”の歌に501にセンリツが走る!?

芳佳「バルクホルンさんを調教したい!」

お姉ちゃんも本望?!え○ちです。

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2012年09月27日 03:57:08

やっぱスト魔女はこういうギャグのほうがおもしろいな

-名無しの三等兵 - 2012年10月10日 08:47:05

は、げ、どう!

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo