管理人おすすめ




芳佳「バルクホルンさんを調教したい!」

SW_miyahuji_17.jpg
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 20:25:53.72 ID:G/1tjtmq0

    芳佳「というわけでごめんなさい、動けないように縛っちゃいました!」

    バルクホルン「・・・ん、宮藤か・・・なんだ、ここは」

    芳佳「あ、起きましたねっバルクホルンさん!」

    バルクホルン「ここは、どこだ!ん!?体が動かない、なんだこれは!」ギシギシ

    芳佳「柱に縄で縛り付けましたから、無理に動くと食込んで痛いと思いますよ」

    バルクホルン「いったいどういう事だ、宮藤!」


    芳佳「今からバルクホルンさんの調教をしますね!」


    バルクホルン「なっ・・・」



2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 20:26:23.11 ID:RqHr60mJ0

    ほう

4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 20:30:40.67 ID:5kK8u3070

    がんばれ

6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 20:33:11.70 ID:G/1tjtmq0

    芳佳「それじゃあ、早速服を脱がせちゃいますね!」

    バルクホルン「ま、まて! 何故このようなことをするのだ!」

    芳佳「・・・だって、いつも私のこと・・・いやらしい目で見てるじゃないですか」

    バルクホルン「い、いや、違うんだ宮藤! 私は、ストライクウィッチーズの大切な仲間としてっ」

    芳佳「きもちわるい・・・」

    バルクホルン「し、信じてくれえ! みやふっもご、もご

    芳佳「ちょっとうるさいので、口も縛っちゃいますね! 息できますよね?」

    バルクホルン「んんん!」モゴモゴ


    芳佳「大丈夫みたいですね、それじゃあ服を脱がせますよー」


11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 20:40:44.32 ID:G/1tjtmq0

    芳佳「バルクホルンさんの軍服ってカッコイイですよねぇー、ん縄が邪魔で脱がせられないですね」

    芳佳「しょうがないから、胸の所だけでも・・・よしできた!」

    バルクホルン「んんんん!」モゴモゴ

    芳佳「胸といえばシャーリーさんやリーネちゃんに目がいっちゃいますけど、バルクホルンさんの胸も十分おおきいですよねー」モミモミ

    バルクホルン「んんん!」モゴゴ

    芳佳「・・・・・・大好きですよ」

    芳佳「・・・・・・」


    芳佳「あ、胸の話ですから、勘違いしないでくださいね」


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 20:49:37.17 ID:G/1tjtmq0

    バルクホルン(くそ! 宮藤のやつ! 一体なんで!)

    芳佳「それじゃあ、ズボンも脱がせましょうか!」

    バルクホルン「んん!」モゴモゴ

    芳佳「以前みんなの前で脱ごうとしてたし、本当は見せたいんですよねぇ?」ススス

    バルクホルン「んんん!」モゴモゴ

    芳佳「毛も生えてない、すべすべで綺麗です・・・」

    芳佳「生まれたての・・・赤ちゃんのよう・・・」

    バルクホルン「んんん!」モゴモゴ


21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 20:56:52.80 ID:G/1tjtmq0

    芳佳「・・・あとは、んしょ」

    バルクホルン「んん、はっ!、おい宮藤!いい加減っんむ!

    バルクホルン(宮藤がキスをっ、何か、入ってくる!)

    芳佳「んんん・・・ぷはあ、どうでしたか」

    バルクホルン「はあ、はあ、何を、なにを飲ませた宮藤!」

    芳佳「それくらい、バルクホルンさんなら分かるんじゃないですかぁ?媚薬ですよ媚薬」

    バルクホルン「なん、だと・・」

    芳佳「私は使ったこと無いので分かりませんが、結構強力な奴みたいですよー」

    芳佳「バルクホルンさんはどこまで耐え切れるんでしょうね!?」

    バルクホルン「・・・っく」


23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 21:04:10.13 ID:G/1tjtmq0

    バルクホルン「んん・・・」

    バルクホルン(くそ、体が熱い。これが薬の効果か、ただの口付けでも感じてしまう・・・)

    芳佳「あむあむ、ぷはあ。どうですか、バルクホルンさん。キスしかしてませんけど、ムラムラしてきませんか?」

    バルクホルン「っく、みやふじ、今ならまだ許してやる・・・だから縄をほどけ」

    芳佳「そんなぁ?!どうせミーナ中佐や坂本さんに言う気じゃないですかぁ?」

    バルクホルン「い、言わないから、この縄をほどくんだ、早く!」

    芳佳「んふふ、嫌ですよ?」ムチュ

    バルクホルン「んんんっ!」


26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 21:12:15.25 ID:G/1tjtmq0

    バルクホルン「はあ、はあ・・・っく」

    芳佳「大丈夫ですかぁ?辛そうですよお?」

    バルクホルン「み、宮藤、お前のやっている事は、重大な軍規違反だぞ・・・」

    芳佳「あれ??そうなんですかぁ?隊員をいやらしい目で見るのは軍規違反ではないんですかぁ?」

    バルクホルン「っく、だからそれは」

    芳佳「はいはい、もう分かりましたよ。あ、おっぱい触りますね」

    バルクホルン「な、やめっ」

    芳佳「ふわあ、おっきい、弾力もあって、最高ですね!」モミモミ

    バルクホルン「やめろっ、っん


28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 21:21:00.12 ID:G/1tjtmq0

    芳佳「はあ、そういえば、ハルトマンさんに歌を教えてもらいましたよ」モミモミ

    バルクホルン「んっ、は、ハルトマン?くぅっ」

    芳佳「いろよし、はりよし、バルクホルン♪」モミモミ

    芳佳「歌通り、本当に良いおっぱいですよね」モミモミ

    バルクホルン「ああっ、も、もうやめっ///」

    芳佳「ちなみに私はお豆でちっちゃいんだって。私だって、別に小さいわけじゃないのに・・・」モミモミ

    バルクホルン「くぁっ、ああっ、ん、あああっ///」

    芳佳「隊のみんなが大きすぎるんですよ。そう思いませんかバルクホルンさん?」

    バルクホルン「ふぁあっ!んんっ、ああっ///」

    芳佳「ちょっと、聞いてますかバルクホルンさん!」ツネリ


    バルクホルン「っああああああっぁぁぁっっ!!!」


30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 21:29:39.85 ID:G/1tjtmq0

    芳佳「ああ、急に大きな声出さないでくださいよ。びっくりするじゃないですかぁ」

    バルクホルン「っ・・・・あ・・」ピク

    芳佳「あれ?もしかしていっちゃったんですかぁ!?まだ胸しかさわってないですよお!」

    芳佳「しっかりしてくださいよお、バルクホルンさん、まだまだしたいことがたくさんあるんですから」

    芳佳「例えば、こう、胸にしゃぶりついて・・・」アムアム

    芳佳「あむあむ」チュウチュウ

    バルクホルン「ひっ、ああっ、すっ、すうなっ、ああっ///」

    芳佳「あむあむ」チュウチュウ

    バルクホルン「ひゃあああっ、っくふぁああっ///」

    芳佳「ぷはあ、凄くおいしいです!バルクホルンさん!」

    芳佳「お風呂上りに一杯!って感じですね!あむあむ」チュウチュウ

    バルクホルン「ふぁああ、ああっ、あいいいっ///」


33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 21:38:16.95 ID:G/1tjtmq0

    芳佳「あむあむ、ふう、バルクホルンさんの乳も堪能したし、そろそろラブジュースの時間ですね!」

    バルクホルン「ふぁぁ・・・・・」トロン

    芳佳「さあ、見えやすいように足を開いてください」ガシ

    バルクホルン「や、やめ・・・」パカ

    芳佳「わあ~。バルクホルンさん、もうびっしょびしょじゃないですかぁ!」

    芳佳「股のところが大変なことになってますよお!」

    バルクホルン「くうっ///」

    芳佳「もしかして、感じてたんですかぁ?縛られて、無理やりだったのに?」

    バルクホルン「ううっ///」

    芳佳「大切な仲間に触られて感じるなんて、とんだど変態ですねえ!」

    バルクホルン「ち、ちがっ///」


35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 21:45:44.19 ID:G/1tjtmq0

    芳佳「さて、赤ちゃんま○こはどんな匂いがするんでしょうね!?」スンスン

    バルクホルン「や、やめてくれっ・・・///」

    芳佳「あ!すごーい!本当に赤ちゃんの匂いがしますよお!」

    芳佳「あはは、皆の前では軍人馬鹿のくせに、赤ちゃんま○こなんですね!あはははは!」

    バルクホルン「くぅっ///」

    芳佳「どんな味がするのかなあ?」ペロ

    バルクホルン「ああああっ!///」

    芳佳「うーん、なんか甘酸っぱい感じ?私はやっぱり・・・」

    芳佳「おっぱい方が好きだなあ。あむあむ」チュウチュウ

    バルクホルン「っふぁあああぁっ!///」


36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 21:47:08.50 ID:m/PHAXJdi

    良いですね

37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 21:52:19.04 ID:G/1tjtmq0

    芳佳「おっぱい、おいしいです!あむあむ」チュバチュバ

    バルクホルン「っっんふぁあっ、っ///」

    芳佳「あむあむ」チュベリチュベリ

    バルクホルン「っく、ふぁあ、くぅ///」

    芳佳「あむあむ」チュウチュウ

    バルクホルン「ひゃあっ、くぁあっ///」

    芳佳「あむあむ」バチュバチュ

    バルクホルン「ふぁっ、あっ、っつ///」


39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 21:59:45.23 ID:G/1tjtmq0

    芳佳「ふぅ?、いっぱいいただきました!」

    バルクホルン「ふぁぁ・・・・・・ああ・・・・」

    芳佳「あっ、バルクホルンさん、下半身が凄い事になってますよお!」

    芳佳「びしゃびしゃで、床に水たまりができてるじゃないですかあ!掃除する方の身にもなってくださいよお」

    バルクホルン「くぅ、み、宮藤っ・・・もう」

    芳佳「なんですかあ??聞こえないですよお?足のつま先まで濡れ濡れにして、いま舐めとっちゃいますね」

    芳佳「んん・・・れろぉ・・」ペロペロ

    バルクホルン「ひゃっ!あっ///」


40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 22:09:25.44 ID:G/1tjtmq0

    芳佳「指の間まで・・・れろぉ、しっかりと・・・」ナメナメ

    バルクホルン「ひゃあ、くすぐったい、っあ///」

    芳佳「全部・・・ぺろぉ、舐めましょう・・・」ヌメチョヌメチョ

    バルクホルン「ふぁあっ、っひ///」

    芳佳「ふぅ、ま○このまわりも、しっかりと・・・ろれぇ」ペロペロ

    バルクホルン「ふぁああああぁぁぁ///」

    芳佳「れろれろ・・・・・ろれぇ」ピチャピチャ

    バルクホルン「くふぅ、ああっ、ふぁあぁ///」


44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 22:14:37.51 ID:G/1tjtmq0

    芳佳「ふう、これで綺麗になりましたね、バルウホルンさん!」

    バルクホルン「ふ・・・ふぁ・・・///」トロン

    芳佳「あれ、また垂れてきてますよ?せっかく掃除したのに、駄目じゃないですか!」

    芳佳「まったく、これだから変態大尉は」

    バルクホルン「はぁっ・・・宮藤っ・・・んっ・・・///」

    芳佳「何ですかあ?そのもの欲しそうな目は?まさか、早くま○こいじって気持ちよくしてぇ!なんて思ってますかあ?」

    バルクホルン「ん、ふぁあ・・・・みやふじっ///」

    芳佳「駄目ですよ、ちゃんとはっきり言ってくれないと、分からないじゃないですか。一体何をして欲しいんですかあ?」


48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 22:39:11.85 ID:G/1tjtmq0

    バルクホルン「んっ・・・・・・もっと、・・・いじってくれ・・・///」

    芳佳「どこをですか?」

    バルクホルン「・・・・・・ま○こだ・・・///」

    芳佳「嫌です。そんな言い方じゃあ・・・れろ」

    バルクホルン「んんっ、はあっ、なんでっ///」

    芳佳「さっき言ったじゃないですかあ!もう一度最初から掃除をしないと。足の指からですよ。あむ」ペロペロ

    バルクホルン「はぁっ、くふぅうっ///」


50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 22:43:42.56 ID:G/1tjtmq0

    芳佳「れろれろ・・・んっ、せっかく舐めとってるのに、どんどんたれて来る。これじゃあいつまだたっても終らないじゃないですよお」

    バルクホルン「ふぁあ、もう、だめっ、みやふじっ///」

    芳佳「んん・・れろ・・・もう・・・とろとろじゃないですかあ」

    バルクホルン「ふぁっ、・・んっ・んんっ///」

    芳佳「ああ、もう舌動かすの疲れちゃったじゃないですかあ。少し休みますね。ふう」

    バルクホルン「っ・・・・み、みやふじっ、もうが、我慢が・・・///」

    芳佳「はあ、そうですか」


54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 22:50:00.36 ID:G/1tjtmq0

    芳佳「それにしても、バルクホルンさんの変態っぷりが凄まじいですね」

    バルクホルン「っ・・くぅうっ・・・///」

    芳佳「何もしてないのに、ぽたぽたとエッチなジュースがたれてますよお」

    バルクホルン「んっ・・みや、ふじっ・・・も、もっと///」

    芳佳「ああ、そういえばなんか薬飲んだんでしたね。忘れてました」

    バルクホルン「ま、ま○こぉ、いっぱいいじってくれぇっ!///」

    芳佳「だから、嫌ですよお。んれろぉ」

    バルクホルン「ああっ、ん、くふぅ///」


55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 22:57:19.73 ID:G/1tjtmq0

    芳佳「んん、ま○こ舐めて欲しいなら、ぬめろぉ、相応の頼み方があるんじゃないですかあ?」ペロペロ

    バルクホルン「ふっ、太もものっ、付け根ばっかりっ、ああっ///」

    芳佳「なんですかあ、くねくねしちゃって!そんなことしても絶対ま○こは舐めてあげませんからね!んれろぉ」ヌメヌメ

    バルクホルン「ふ、ふわぁっ、な、なんでっ///」

    芳佳「だから言ってるじゃないですかあ、ちゃんと頼んでくれないと、舐めてあげないって。んんっ」ヌメロヌメロ

    バルクホルン「くぅっ、お、お願いだっ、ま○こをっ///」

    芳佳「もう、さっきからま○こま○こうるさいですね。バルクホルンさんのは赤ちゃんま○こなんですから、正確に言ってくださいよ」

    バルクホルン「ふっ、ふぅっ・・・あ、赤ちゃんま○こ、赤ちゃんま○こを・・・」

    芳佳「変態赤ちゃんま○こ」

    バルクホルン「変態赤ちゃんま○こをぺろぺろしてえええぇっ!



    芳佳「ふふふ、いいですよ」チュプ


57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 23:04:44.20 ID:G/1tjtmq0


    バルクホルン「ふふぁ、ふぁああああああああああぁぁぁぁっっっ!!!!」


    芳佳「びっくりしたじゃないですかあ!急に大きな声ださないでって言ってるじゃないですかあ」

    バルクホルン「ふぁあっ、んっ・・・んん///」

    芳佳「どうしました?バルクホルンさん?」

    バルクホルン「んっ・・な、舐めて///」

    芳佳「もうずっと舌を動かして、疲れちゃったんですよお。」

    バルクホルン「あっ、お、おねがいだっ、んっ///」

    芳佳「自分で動いたらいいじゃないですかあ!私は舌を突き出してますから」ベッ

    バルクホルン「んっ、くぅっ、ふわぁっ///」


59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 23:16:56.71 ID:G/1tjtmq0

    芳佳「うわっ、本当に動きだしましたよ」

    バルクホルン「んんっ、あっ、ふぁあっ!///」

    芳佳「くねくねして、気持ち悪いですねえ」

    バルクホルン「ふぁああっ、ああっくふぅっ///」

    芳佳「大切な仲間の顔に、自分のま○こを擦りつけるのは気持ちいいですかあ?」

    バルクホルン「くふぁああっ、んんんっ、あああっ///」

    芳佳「・・・・・・・・・」

    芳佳「・・・・・・・・・」ガリィ


    バルクホルン「いいぃっっひゃいいいぃぃいぃぃぃっっっっ!!!!!!」ビシャー


    芳佳「答えてくださいよ。気持ちよかったんですか?」

    バルクホルン「あっ・・・・ぃ・・・・」

    芳佳「あれ?気絶しちゃったんですかあ!?しょうがないですねえ、人の顔をびしゃびしゃにしておいて」


61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 23:23:57.48 ID:G/1tjtmq0

    バルクホルン「・・・っあひぃっっっ!」

    芳佳「あ、目が覚めました?れろれろ」ペロペロ

    バルクホルン「あああっ、ひゃああっ!」

    芳佳「お疲れ様です。後は私がしっかりと気持ちよくさせてあげますから。んむぅ 」ムチュムチュ

    バルクホルン「ああああっ、いいいぃいいぃっっ!///」

    芳佳「ま○こもしっかり、れろ、舐めてあげますよお」ペロオ

    バルクホルン「ふぁああああっっ、か、かんじるううぅぅっっ!///」

    芳佳「もう、こんなに泣いて、ぺろ、元気な赤ちゃんでちゅねえ?」ナメナメ

    バルクホルン「くふぁああああああっ!///」


62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 23:31:36.98 ID:G/1tjtmq0

    芳佳「ここの、お豆ちゃんを・・・」カリッ

    バルクホルン「ふぁああああああああっっ!///」

    芳佳「もう、気絶なんて、むちゅむちゅ、しないでくださいね」ブチュブチュ

    バルクホルン「くううぅぅぅっ、ひゃいいいいいぃぃぃぃぃっっっ!///」

    芳佳「あむあむ、ぺろぺろ、ぶっちゅう」

    バルクホルン「あああぁぁっっ、くううううぅぅぅっ!///」

    芳佳「どうですか??気持ちいいですかあ?」ムチュー

    バルクホルン「ふぁああっ、あつい、あついいいぃぃぃぃっっ!///」

    芳佳「答えになってないじゃないですかあ。もう、特別ですよお」ベロムチュ

    バルクホルン「いいいぃぃぃぃっっ!///」


64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 23:39:15.14 ID:G/1tjtmq0

    芳佳「バルクホルンさん、私の性奴隷になってくれませんか?」ウチュムチュ

    バルクホルン「ひゃひっ、せ、性奴隷っ?ひゃはっ!///」

    芳佳「はい、性奴隷です。これからはどんなときでも私が気持ちよくさせてあげますよ」ブチュムチュ

    バルクホルン「にゃ、にゃるっ、み、みやふじのぉっ、せいどれいっ、ふぁあっ!///」

    バルクホルン「にゃんでもっ、ああああっ、なるううぅっ!


    芳佳「・・・うふふ、ありがとうございます。それじゃあ、思いっきりイっちゃってください」カリコリ

    バルクホルン「ふぁあああああぁぁっ、いいいいいいいいぃぃぃっっっ!!!!///」

    芳佳「お姉ちゃん・・・大好き・・・」ガリッ

    バルクホルン「ひゃっっへええええええええええええぇぇぇぇぇぇぇえぇえぇえぇぇっっっっ!!!!!!///」

    バルクホルン「あへええぇぇ・・・・・ひゃぁ・・・・・・」


65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 23:48:25.19 ID:FELS5mhV0

    堕ちたな(確信)

66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 23:48:47.64 ID:G/1tjtmq0

    バルクホルン「・・・・・・・っん」

    芳佳「あ、バルクホルンさん、気がつきました?どこか痛いところは無いですか?」

    バルクホルン「う、うむ、縛られていたところが痛いといえば痛いが・・・これは一体」

    芳佳「バルクホルンさん、言ってくれましたよね?私の性奴隷になるって」

    バルクホルン「た、確かにいったが、あれは・・・」

    芳佳「嘘だったんですかあ!?そんなあ?!私がんばったのにい?!ううっ」

    バルクホルン「な、泣くな宮藤、なるから、性奴隷になってやるからな」

    芳佳「ほんとうですかあ!?」

    バルクホルン「ああ、軍人たるもの、自分が言ったことに責任を持つ」

    芳佳「やったあ!ありがとう、お姉ちゃん!」

    バルクホルン「!? こ、こら、宮藤、上官をお姉ちゃん呼ばわりなど///」

    芳佳「えへへ?バルクホルンさん赤くなってる?!」

    バルクホルン「んな、からかうなっ!」

    芳佳「えへへ?」




    オワリダナ



71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 23:54:13.36 ID:FELS5mhV0

    オツダナ

73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/24(木) 23:58:43.21 ID:G/1tjtmq0


    芳佳「うふふっ、バルクホルンさんかわいかったなあ」

    芳佳「・・・・・・」

    芳佳「今度の相手は・・・」

    ????「・・・・・・えっ?」


    オワリナンダナ


82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/25(金) 01:13:36.92 ID:gXM8En+60

    芳佳「バルクホルンさん、首輪かわいい?」

    バルクホルン「もうやめてくれ宮藤……こんなの正気の沙汰じゃない」

    芳佳「ウェヒヒ、でもバルクホルンさん、濡らしてますよね?」クチュニチュ

    バルクホルン「ひあああぁぁぁっ! や、やめ……んあああっ!?」


    ガサッ


    芳佳「……だれ?」

    リーネ「……芳佳ちゃん? こんな時間に何してるの?」

    バルクホルン「リーネ? 逃げろリーネ! 居間の宮藤はおかし……はひいぃぃんっ!」グッチュン

    芳佳「もう、お姉ちゃん、うるさーい……何してるって、夜のお散歩だよ。リーネちゃん」

    リーネ「お散歩って……」フラフラ

    バルクホルン「だめだリーネ! ビショップ曹長、来るな!」

    リーネ「バルクホルンさんだけずるいです……」

    芳佳「ウェヒヒ、こういうときはなんて呼ぶんだっけ?」

    リーネ「芳佳ちゃん……ううん。ご主人様」ハラリ

    バルクホルン「」


83 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/25(金) 01:15:04.19 ID:8Oj4S3Kt0

    続きキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/25(金) 01:25:01.59 ID:gXM8En+60

    芳佳「んー、やっぱりリーネちゃんのおっぱいが一番だよ」まふまふ

    リーネ「んっ……ありがとうございます、ご主人様」

    バルクホルン「そんな……宮藤、リーネまでっ!?」

    芳佳「もう、うるさいなあ……リーネちゃん、バルクホルンさんを気持ちよくしてあげてよ」

    リーネ「はい、ご主人様」トロン

    芳佳「ほらバルクホルンさん、リーネちゃんが舐めてくれるって、脚開いてください」

    バルクホルン「バカ言うな! ズボンもなしに、そんなはしたない事できるかっ!」

    芳佳「開いて、お姉ちゃん。気持ちよくしてあげるから……」

    バルクホルン「え……」

    芳佳「リーネちゃん、ペロペロがすっごく上手なの。さっきより、もっと気持ちよくなれますよ」

    バルクホルン「もっと……」

    バルクホルン(ダメだ ダメだ! 何を考えているんだわたしは……でも……さっきよりもっと……)

    芳佳「もう、お姉ちゃんおそーい」グイッ

    バルクホルン「え……きゃあああっ!?」


89 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/25(金) 01:36:00.50 ID:gXM8En+60

    リーネ「わあ……バルクホルンさん。かわいいんですね……」

    バルクホルン「リ、リーネ、見るな……はああぁぁんっ」ビクビクンッ

    芳佳「ウェヒヒ、ほら、ちょっとさわっただけで、もうこんなに……すごいでしょ?」

    リーネ「うん……バルクホルンさんも、えっちな女の子だったんですね」

    バルクホルン「違う! これは、宮藤に媚薬を飲まされて……」

    芳佳「媚薬? 何の事ですか?」

    バルクホルン「え? さっきキスで飲ませた……」

    芳佳「酔い止め薬のことですか? たしかにスーってしますし、少し変な味がしますけど、媚薬なんかじゃありませんよ」

    バルクホルン「う……嘘だっ!」

    芳佳「嘘なんてついてません……ねえリーネちゃん、バルクホルンさんのココ、どういう風に見える?」

    リーネ「はい……べとべとに濡れて、赤く腫れて、ヒクついて、とってもいやらしいです」

    バルクホルン「……ッ!」

    芳佳「媚薬なんか飲まされてないのに、大切な場所をこんなにしちゃってる人はどんな人?」

    リーネ「えっと……いやらしい雌犬です」


91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/25(金) 01:44:58.34 ID:gXM8En+60

    芳佳「リーネちゃんみたいに?」

    リーネ「はいっ!」パアアァ

    バルクホルン「待て待て! 雌犬呼ばわりされて喜ぶな!」

    芳佳「大丈夫ですよバルクホルンさん」

    バルクホルン「……何がだ?」

    芳佳「バルクホルンさんもすぐに、立派な雌犬になれますから」くぱぁ

    バルクホルン「くあっ……ひらくな! 手を放せ!」

    芳佳「リーネちゃん、わたしがヤメって言うまで、なめるの休んじゃダメだよ?」

    リーネ「はいご主人様」……ペロッ

    バルクホルン「ひああああっ!? なめないで……んくっ……やめてええぇぇ!!」

    リーネ「ぺろ……ぺろっ……ちゅっちゅ……ちゅじゅじゅー……」

    バルクホルン「くあ……あ……ああー……ああああああっ!?」

    芳佳「バルクホルンさん、いつもわたしたちに空戦の訓練で言ってますよね。1カ所に気を取られてたらダメですよ?」

    バルクホルン「だ、だめえぇ……乳首……いっしょ……だめえぇぇ!」


96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/25(金) 01:56:48.15 ID:CLiARXOl0

    エッチだな

97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/25(金) 01:57:03.88 ID:gXM8En+60

    芳佳「だめ? なめるのと乳首、いっしょはだめですか?」

    バルクホルン「そ、そうだ……やめて……リーネもヤメさせ……んああああっ!?」

    芳佳「まだ……」

    バルクホルン「え?」

    芳佳「まだ、そんなことがわかるんですね……」

    バルクホルン「……ひっ!?」

    芳佳「リーネちゃん、”お豆”と”うしろ”もいじってあげて。手加減しないでね」

    リーネ「はーい、ご主人様。いいなーバルクホルンさん、最近わたし、オナニーでもおしりさわらせてもらえないのに……」つぷぷ……くりり……

    バルクホルン「ひいいいいいっ!? だめええええっ! 強い……それ、つよいいいいい!」ビクビクン

    芳佳「もう、バルクホルンさん静かにしてください……んちゅ」

    バルクホルン「んぐ? ……ん……んーっ!!」プッッシャアアアアアア

    リーネ「んじゅぷ……んちゅるる……ぴちゃぴちゃ……」


100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/25(金) 02:10:19.04 ID:gXM8En+60

    芳佳「うん、リーネちゃん、潮を受けてもなめるのやめないね……いいこいいこ」ナデナデ

    リーネ「ちゅるる……じゅぷぷ……ペロペロ……」

    バルクホルン「はへぇ……イってる……イってぅからぁ……あぁ……」チョロロロロ……

    芳佳「すっごくかわいいよ……お姉ちゃん」

    バルクホルン「かわいい……よしか……あ……」カクン

    リーネ「んぷ? んちゅ……ん……」

    芳佳「はい、ヤメ」

    リーネ「すごい、芳佳ちゃん。言葉で堕としちゃった」

    芳佳「うーん、リーネちゃんのおかげで、ほとんど堕ちてたけどね……それより呼び方ぁ……」

    リーネ「あっ! 申し訳ございません、ご主人様!」

    芳佳「ウェヒヒ、後でおしおきね」

    リーネ「おしおき……///」


101 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/25(金) 02:16:49.32 ID:gXM8En+60

    おやすみ

103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/05/25(金) 02:22:45.94 ID:CLiARXOl0

    乙


おすすめSS


バルクホルン「お姉ちゃんと呼んでくれたらね」

戦死して幽霊になったバルクホルン、数日経ってもお墓参りに来ない僚機が心配な様子、悲しくもいいお話です。

バルクホルン「お前は私の妹だからな!」

お姉ちゃんに甘えるエイラがカワイイです。

バルクホルン「だ、誰がツンデレか!」

シュダゲクロスオーバー第2話!皆にきにいられる岡部をにらむ中佐様・・・。

ミーナ「ネウロイのせいでオタク化?」

色々なネタ満載です、大体リアルでもこんな感じにひきこまれますよね。

ルッキーニ「リーネまたおっぱいおっきくなった!?」

ものすごく短いですが、シャーリーの可愛さが十分表現されてます。

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2012年07月09日 21:23:28

僕のことも調教してください!

-名無しのドーベルウーマン - 2014年01月05日 00:43:12

私も頼もうかな。
はっはっはっはっ!!それにしても宮藤がこんなだとはなぁ
驚いたぞ。あとで訓練を増やさねばならんな。

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo